« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月21日 (金)

夢のたからじま

無料化された「ワールド・イベント・ビレッジ」で、佐渡、そして鼓童を取り上げた「夢のたからじま」を公開中です。

http://www.worldeventvillage.com/ja/

昨年の秋に公開(このときは有料でした)された内容です。現在、Vol.2まで。間もなく公開になると思われる次のVol.3が「鼓童という生き方」で、幹文せんせいや吉利さんが登場します。もちろん、Vol.1もVol.2も、面白いです。

ECに向けて、とてもタイムリーですね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

「ゲド戦記」

わが郷土の期待の星、斎藤菜月さんが鼓童ウェブログで「となりのトトロ」に触れているので、スタジオ・ジブリ関連の話題を一つ。

この夏の話題の映画である「ゲド戦記」で、流れているバグパイプ(ガイタ)など多くの演奏を担当しているのは、昨年のECのゲスト、カルロス・ヌニェスなのだそうです。

http://www.ghibli.jp/ged_02/20director/000555.html

わたしは、あのECがきっかけで、すっかりカルロスが好きになりました。にわかに「ゲド戦記」に対する興味が湧いてきているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼓童の森での演奏会も楽しみ

8月20日(日)は午前(10-12時)と午後(14-16時)に鼓童村の稽古場が公開されます。パスしてもいいかな、と思ってよく見ると、「鼓童の森では山口幹文による笛の演奏をお楽しみください」とあります。これは、行かない訳にはまいりません。午前中に、見学バスではなく車で行くつもりなのですが、せんせいの演奏は何時ごろなんでしょうねぇ?

それにしても、幹文せんせいはこの日、23時に小木港発の臨時カーフェリーでも篠笛コンサート。ご苦労さまです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

20日にプチ修学旅行はいかが?

みなさんのEC期間中のスケジュールは固まりましたか? ワークショップの抽選結果はもう通知されたんでしょうか?

可能性としては、20日なんだろうと思います。(1)夕方に集まり、「勢い」をつけて木崎神社に向かう(2)城山コンサートの後にみなと公園で盛り上がるーーの、どちらか、あるいは両方。

城山コンサートは午後7時からですし、最終日は終演時間も遅めになっています。みなさんの希望やアイデアを聞かせてください。

言わずもがなですが、鼓童のみなさんはてんてこ舞いのはずなので、わたしたちリスナーだけが参加する「修学旅行」になります。その意味では「あまり堅苦しく考えずに、成り行きで」という考え方もアリかもしれません。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

応援団がいっぱい

鼓童のウェブログでよくお名前を見かける佐渡のharutiさんが、「ECへ行こう!」というブログを立ち上げました。カテゴリーを6つぐらい作ってあり、意気込みがうかがえます。

http://go-to-ec.cocolog-nifty.com/blog/

mixiにも、「鼓童」コミュニティとは別に「アース・セレブレーション」コミュニティが出来ています。

鼓童とECが好きでたまらない人たちが、何か出来ることはないか、と思い思いに動き出している−ということなのでしょう。こうしたネット上の盛り上がりにAMATERASU効果も加わって、今年のECはスゴイことになるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

ECのABC

7月です。つまり、ECは来月に迫りました。ECデビューの人に役立つかな、と思って、干菜さんが以前に公開したサイトを紹介します。
干菜さんの許可をもらっていませんが、構いませんよね? >干菜さん

http://park6.wakwak.com/~hoshina/ec.html

2年前の夏に竜太郎さんのブログでは、コメント欄に城山コンサートを楽しむノウハウがいろいろ紹介されました。干菜さんのこの情報は、大いに喜ばれたものでした。もちろん、今年の夏も十分に通用します。

「雨天対策」が書かれていますが、この年は台風の影響で初日は城山が使えず、体育館でしたね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

mixi・「AMATERASU」・鼓童

ソーシャル・ネットワーキング・サービスのmixiでは、AMATERASUを観た会員がそれぞれの日記に感想を書き込んでいます。東京公演の当初から数えると既に数十人はいるんじゃないでしょうか。ほとんどの人が圧倒的な印象をつづっています。さまざまな感じ方が興味深いだけでなく、自分の思いをほかの人がうまく表現してくれていたりすると、とてもうれしくなります。

そのmixiには、同じ関心や趣味を持つ会員同士がつくる「コミュニティ」というネット上のサークルのようなものがあり、鼓童コミュニティには900人を超える人が登録しています。AMATERASUを観てコミュニティに参加した人も少なくないと思われます。もちろん、この修学旅行ウェブログに来てくれている人たちも何人か参加していますし、鼓童メンバー(プレイヤー&スタッフ)もいます。

mixiはメンバーからの招待がないと加入できない仕組みです。これから加入したいので招待してほしい、という要望があれば、わたしが実際にお会いしたことがある方については、招待の手続きをとりますので、メールでお知らせください(リアルの世界で存じ上げない方は残念ですが、ご容赦願います)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »