« アクロポリス・ライブ | トップページ | みんな登場していますよ »

2006年9月24日 (日)

秋の一日:えずこ、福島潟、そして、、、

ご要望にこたえて、このテーマで新しい記事を作成しました。みかさん、*エミ*さん、konちゃん、プリシラさん、そして、吉利さんのWSに参加したらしい文さん、この記事にコメントする形で報告をお願いします。あ、もちろん、幹文せんせいもどうぞ。

そうそう、*エミ*さんからの情報で、幹文せんせい率いる一行が、かねてウワサの「蔵王創生の森」(10月8日)だけでなく、その前日にも「みやぎ蔵王こけし舘」で演奏することが分かりました。そこで、、、

>幹文せんせい

これって、交流学校公演でこの地区に滞在するということなのでしょうか? メンバーや詳しい日程を教えていただけますか? ご迷惑でなければ、大歓迎会を企画します。

|

« アクロポリス・ライブ | トップページ | みんな登場していますよ »

コメント

きょうも行くつもりだった「えずこホール」、カミさんの体調が芳しくないので、見送りました。カミさんともども交流会も申し込んであったのですが、一人だけ楽しんでくるわけにもいきません。

なので、きのう(23日)の報告を。
まず、初めて聴いた今福優さん。吉利さんと二人で叩いた「JINGI」や、ユーモラスな「恵比寿舞」の伴奏は、とても面白く聴きました。基本的に聴衆を楽しませようというサービス精神が旺盛な方とお見受けしました。
吉利さんは、大太鼓から屋台囃子への通しも含めて、全力投球でした。屋台囃子では締め太鼓も。吉利さんの玉入れを初めて見ました。
今福さんとの大太鼓競演で感じたことがあります。この競演は裏打ちなしで、まず今福さんが、次いで吉利さんがそれぞれソロ。引き続き、太鼓を横向きに置き直して、右に今福さん、左に吉利さんが立っての真っ向勝負でした。音は今福さんの方が大きいかもしれないのですが、吉利さんのは太鼓が自ら(もしかすると、うれしそうに)鳴っているように聴こえるのです。あれは、何なんだろう。吉利さん恐るべし。
千絵子さんは、西馬音内、トークショー、花八丈、山田ハンヤ節と、主演級の活躍。花八丈について、わたしはこれまで独自の優美なイメージを抱いてきたのですが、この日はある種の気迫を感じて驚きました。
「シティボーイです」と自己紹介した吉利さん、「宵のゆんづるはわたしのテーマだったのに、玉三郎さんが『これはわたしが踊る』って、、、」とAMATERASUメイキングの裏話を披露した千絵子さん。木村俊介さんも笛と三味線で意欲的なサポートを見せてくれました。
午後7時開演で、終わってみたら9時半過ぎ。とても充実した、楽しいひと時でした。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年9月24日 (日) 14時36分

皆さん初めまして。
そしてSysopさん、ミカさん、昨日は急な登場、失礼しました。そして、blogに名前が載っている事(指名?!)に緊張しています!!

蔵王の件は、父が「アイスを食べに行こう!!」と誘ってくれていなかったら、わからないままだったので、父に感謝です☆
えづこでの公演はとても楽しい時間でした。
蔵王も、楽しみにしています。

投稿: *エミ* | 2006年9月24日 (日) 20時34分

あれれ?Sysopさん、行かれなかったのですね。

演奏もさることながらスタッフの皆さんのご厚意を感じられる、心地良いホールでございました。
日中との気温差が10度近くあり、知らずに薄着で出掛けた私とっては嬉しい「膝掛け貸出」。
ぬくぬくと楽しいひとときを過ごさせていただきました。
さて、公演の内容はSysopさんがほとんどお話されていたので私の感想を。
まずSysopさんの傷にかなり響く大太鼓でしたwww
それから一度に異なったカラーの大太鼓(&木遣り)を見れたことは収穫かと。それぞれのベースは違いながらも「叩く」という事でお互いが繋がっていた感覚がしました。
…う~ん、1時間近くPCの前に居るのに↑この位しか書けませんでした。思い出したらまた書きます。
あ、千絵子さんが可愛いかったです(はあと)
>*エミ*さん
声を掛けてくださってありがとうございました。
じっちゃんさんが私とSysopさんの仲を疑ってらっしゃるので、はたから見た第三者のご意見をハイ!どうぞ~~!!


投稿: みか | 2006年9月24日 (日) 21時40分

Sysopさま、こんばんは。遅くなりました~!
奥様の体調はいかがでしょうか?

はい、22日は吉利さんのWSに行ってまいりました。
少し早めに会場に着いたら、おりました吉利さん!
ECのWSの話で盛り上がり、今回もその時と同じ「和知太鼓」なので、始まる前に吉利さんのバチ(焼印入りでした)を借り、メインの太鼓を叩かせてもらう事に!
吉利さんの地打ちで、ソロを叩けるなんて「ンもぅ~なんて贅沢!」
でも、ECでせっかく覚えたソロのリズムをもう忘れてるし~^^;
でもやってるうちに思い出してきて、フリも付けてノリノリで叩いてきました。
初めて太鼓を叩く人あり、経験者あり、みんなニコニコ!こういう楽しい太鼓もいいもんですね。

そしてナント、今回のWSの受講生は、吉利さん達と一緒に今夜24日のステージで演奏できる!というじゃありませんかっ!

あ”~でも子ども教室がぁ~加茂綱村の練習がぁ~~「ゴメンナサイ!」涙を呑んで出演を断念して来ました。
こんな機会、めったに無いのにね~(T_T)

で、10月8日(日)の件ですが、先日主催者様からチラシのFAXが送られて来ました(HPの更新はまだのようです)。
「鼓童」の皆さんは、野外ステージで午後1時からの40分間です。
創生の森の大人入場料が300円ですから、これはもう聴きに行くっきゃありませんよね!
ちなみに、僕達は11時からです。早めにいらして、ついでにお聴き下さいませ。

7日も、という事になると、滞在の可能性大ですね。現地でしょうか?それとも仙台市内?
どちらにせよ、大歓迎会開催の際には是非参加させて下さ~い!
吉利さんは今回は参加しないと言っていましたが、僕も主催者様から情報を集めてみますね。

投稿: 文(fumi) | 2006年9月24日 (日) 22時44分

>Sysopさん
奥様の具合はいかがですか?
えずこはとても内容の濃い素晴らしい時間だった様子…
こちらも素晴らしかったのよ~

福島潟に行って来ましたww パート2
ロシアから渡り来るオオヒシクイを4000個のキャンドルで迎える雁迎灯(かんげいび)はせんせいを迎える幹迎灯(かんげいび)でなどとウンチクで始まりモンゴルの韓国の静御前のと幅広い曲想で楽しませてもらいました。
キャンドルの灯が船頭さんの蓑につき煙が。。。さすがのせんせいも後ろに目がなかったようで84歳になられる船頭さんのためにと出来上がったばかりの船頭さんのテーマ曲を披露!あ~蓑から火が…大丈夫大丈夫。けんた君が消し止めました。

潟の横にそびえたつ巻貝のような(黄金バットのタワーのような)建物「ビュー福島潟」は螺旋の廊下が屋上の展望台までつづいていて不思議な感覚でした。潟の植物、昆虫、鳥等の展示や映像があり、遠くは佐渡まで見ることができるそうです。
その展望台から見る潟の灯は大空を飛ぶオオヒシクイの形に浮かび上がりコンサート会場で見る灯とは別の感動をもらいました。

会場には学校交流公演にきているメンバーさん全員集合でしたよ。今月は新潟で来月から東北の予定とか、蔵王はその道中だと思いますww
シャイで働きものの○さんかわいい○美さん○子さん新準メンバーの若者4人組スタッフの美○○さん○○さんとせんせいでした。ここでいっちゃっていいのかなぁ!?

投稿: konちゃん | 2006年9月24日 (日) 23時30分

>みかさん
暗闇の中探してみましたが。。。
せんせいとお話中の女性が…みかさん??いや、ちょっと違うなぁ…
えずこに出かけられたのですね!?
てっきりせんせいに愛に来ると思っておりましたので。。。
Sys様とデートをなさっているとは。。。

不審犯腹ペコ熊達も餌を探してはさまよっています。幸い山奥に比べ餌も近いところに転がっているので週末はみかさんはあとの千絵子さんに行ってきます。
蔵王の山の餌を食べに行かれることをお薦めします。

投稿: konちゃん | 2006年9月25日 (月) 00時09分

>Sysopさま
こんばんは プリシラです。
新潟に住んでいながら、初めて福島潟に行ってきました。その日はとても良いお天気で、日中は半袖でも全然、平気な陽気でした。思ったより早く着いた私達は、少し離れた所に車を置き、ゆったり歩いて会場入りしました。さすがに、夕陽が落ちる頃には、少し肌寒くなり,秋の深まりを感じました。会場奥へ進むと
多くの灯りが私達を出迎えてくれ、なんともアッタカイ気持ちに。
そして、いよいよ開演!遠くから、篠笛の音が・・・・。せんせいのお姿はどこに? すると、船頭さんが漕ぐ舟にせんせいが、ちょこんと可愛らしくすわっておられ、貝殻節を吹きながら、無事、舞台に到着されました。ガツンとちょっとぶつかったりして、冷たい水中にせんせいが落ちやしないかと、内心ハラハラしておりました。せんせいが吹く篠笛の世界にとっぷり浸り、とても素敵な夜でした。最後、ちょっと寒かったけど、私達は長袖を着て行ったのでなんとかしのげました。けれど、せんせいの舞台は水の上。さぞ寒かったろうと思います。
私も二年前のECで作った笛があったんだわ、と思い出し,家に帰ったら取り出して吹いてみようと思う私でした。
渡り鳥もそろそろ,飛んでくる時期に入ったのでしょう。夕焼けの空を団体で飛んでいましたよ。オオヒシクイは5キロもあるそうです。模型のオオヒシクイを抱っこしてみましたが,結構重かったです。
また、行ってみようと思います。福島潟に・・・。

投稿: プリシラ | 2006年9月25日 (月) 01時17分

こんばんは
昨晩、夜なべして書き込みしましたが,なかなかうまく伝わらず・・・。一時間でこれ位しか書けませんというみかさんの言葉が身にしみます。・・・ところで、シスオペさま、今頃,団体行動して飛んでいる鳥はなんという鳥でしょう。白い鳥だったなと思い出し、オオヒシクイではないとふと思いまして。鼓童に始まり、いろいろなところに興味が移ります。

投稿: プリシラ | 2006年9月25日 (月) 20時38分

福島潟へお越しのみなさま、寒い中をありがとうございました。
風邪なんかひいた人はいないでしょうね。

では今回の珍事。
1、船頭さんがコースを誤る。
止まるべきところで所で止まらず、思い切り何かにぶつかり、船頭さんが「おっ」とか言ってバック。また何かにぶつかるのではとハラハラものでした。
2、船頭さんの蓑かさ燃える。
船頭役横山さんの人生と風姿に「萌え〜」となり、その場で「讃える曲」を吹いたのですが、何と横山さんの蓑かさに蝋燭の灯が燃え移り、一部が「燃え〜」となってしまいました。(と後から聞いてびっくり)。
3、船頭さんの用事
演奏中に船頭さんが桟橋から用を足しそうになり、一緒に居たアシスタントの健太が「お客さんから見えてます。やめて下さい」とこれを阻止。船頭さんはそれじゃと船に移ってす〜っきり(と後から聞いて大笑い)。
4、帰り際に転倒
演奏しながら長い桟橋を歩き、さて船に移るかという時に何かが揺れてどって〜ん。でもヤマグチは転んでも笛を吹くのをやめませんでした。

そもそもあの桟橋は老朽化のため、去年のコンサートを最後に取り壊すはずだったのです。あちこち腐っていて、まさに薄氷を踏む思い。

とまあ色々ありましたが潟に落ちることも無く、貴重な素晴らしい環境の中で吹くことが出来て嬉しゅうございました。
来年も福島潟でお目にかかれますように。

投稿: 幹文 | 2006年9月25日 (月) 23時16分

>konちゃんさん
おぉそれはそれは。。。危く「幹送迎」できなくなるところでしたね。
蔵王の餌を食べに行くとなるとですよ、江戸の餌(蒔き時・12月)を食べに行けなくなるんですよねぇ。。。
あ~ん!みんなに愛に生きたいなぁ.:*・:.:*・
>プリシラさん
Sysopさんのコメントだけでも十分ではないかと思ってしまったものですから、はかどりませんでした。
お二人がモンゴルに韓国に静御前にと陶酔しておられた頃、恵比寿舞でSysopさんが囃子を気にしていたのに対し、その隣にいた私はというと…
はい、頭の中は空っぽで拍手喝采。舞を見てゲラゲラ笑っておりました。
同じものを見ていたのに、どうしてこう目のつけどころが違ったのか。だって私の住んでる所ではあんなの釣れないんだものwww(恵比寿様は長靴を釣っておられた)
いやぁ たまげました


投稿: みか | 2006年9月25日 (月) 23時26分

福島潟、素敵でした~~~~~

幹文さんの演奏、
感動でした。
寒い中、お疲れさまでした。

船頭さんの蓑が、ファイヤーになったのには
びっくり@@

PS・・・わたしも、友達にホームページ作ってもらいました。
作品の方は、WORKSでお受けしたものを
載せていきたいと思います。
ヨロシクおねがいします♪

投稿: よしこ | 2006年9月26日 (火) 11時08分

>幹文せんせい
いくつかの謎が解けました!
1.水際の杭にぶつかったもようです。せんせいの驚きが見て取れました(演奏が途切れなかったのはさすが。。。)
3.蓑を脱ぎ捨てた船頭さん、桟橋の先へと行く不可思議な動き。。。(しっかりとライトアップされていました)
こんなチン騒動があったとは??わははは
4.この場の姿はちょい暗がりでしたが、気配は感じましたよ!

>みかさん
美味しい餌を食そうと只今奮闘中です。
どうにでもなれとばかりに蒔かれた種に手をつけてはみたもののわたしのkon後は。。。
みんなに愛にいくぞぉ~♪
みかさんに愛たいよぉ~♪

>よしこさん
福島潟で同じ空気感じておられたのですね!
WSのこと知らなくて残念でした。。
柔らかな優しい書にこころ癒されます。
HPチェックしま~す。
どこかで繋がること楽しみにしています。


投稿: konちゃん | 2006年9月26日 (火) 21時05分

>konちゃんさま
はじめまして。文(fumi)と申します。
蔵王のメンバーのヒント・・ありがとうございます。
どうやら水ちゃん(○子さん)の地元初演奏になりそうですね!(^^)後でメールで確認してみまっす。
フリンジでお世話になった美○○さんもいらっしゃるようですし・・再会が楽しみデス!

>Sysopさま
昨夜は、昨年(yamato姫もご一緒した)ロシアでお世話になったナターシャさんと仙台で再会しました。
T大学でシンポジュームがあり、コメンテーターとしてナント1人での来日だったそうです。
再来年位に、ロシアでまた再会できるかもしれませんとyamato姫にお伝え下さいませ~。

投稿: 文(fumi) | 2006年9月26日 (火) 23時10分

konちゃん、お会いできる日を
楽しみにしています^^
いろいろと話が弾みそうですね♪

投稿: よしこ | 2006年9月26日 (火) 23時58分

たくさんの報告、ありがとうございます。順不同でコメントをば。

>*エミ*さん

初書き込みで気が楽になったでしょう? これからも参加してくださいね。

>文さん

情報、ありがとうございます。

○子さんは、彰子さんなんでしょうか(鼓童には鬼沢綾子さんもいるわけですが)? もしそうだとすると、加茂綱村太鼓としては総動員で応援に行かなきゃなりませんね。
ナターシャさんからは、あの節、ノボシビルスクからメールをいただいたことがあります。日本語が達者ですから、一人で来日したとしても不思議はありませんよね。

>プリシラさん

ハクガンという白い雁もいるのですが、飛来は極めてまれですし、個体数も多くないはずです。福島潟で群れているとするとコハクチョウでしょうか。

>みかさん

あの恵比寿さんは、確かに愉快でした。面の顔がまた、うまく描けていておかしかったし。

>幹文せんせい

横山さんも健太くんもナイスですね。それにしても、ハプニングだらけ。おけがはありませんでしたか?

>マイミクのよしこさん

わたしも、いつかお会いする日を楽しみにしていますよ~。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年9月27日 (水) 11時37分

Syscpさんも
福島潟にきてくださーーーーい^^

素敵なイベントですよ♪

投稿: よしこ | 2006年9月27日 (水) 15時41分

>文(fumi)さま
とても懐かしい響きのお名前です。
私事ですが、かれこれ○○年前まだ細くかわいかった頃の想い人が文○さまでfumiさまとお呼びしてましたの。。。うふっ**

さて、Sysopさんが何やら心配していらっしゃるようですが…
ドッカ~ン!ピンポーン!
fumiさま大正解です!!!水○○子さんだよ~
交流公演ではかわいらしい着物姿ありの(覗き見たところ)きりりとした半纏姿でのと太鼓に笛にと活躍されていましたよ。

投稿: konちゃん | 2006年9月27日 (水) 21時01分

>Sysopさん
そうそう!よくどこかのお宅の茶の間にありそうな面(恵比寿様と大黒様の面が額に張り付いてる物です。ご存知ですか?)だなぁ、とwww
お面が大きくて、何の素材で出来ているのか気になりました。
恵比寿舞は今福優さんのHPに画像が載ってますので、ピンとこない方はど~ぞご覧になってください。
>よしこさん
福島潟でよしこさんのWSがあったとは。。。
愛たかったです。
あとでHPもおじゃましますね。わ~い!!o(^^)o
>konちゃんさん
文○。。。菅原文太?(-"-)
あ、それだとbun様だ。わはは。
>プリシラさん
千絵子さんにね、トークショーの時に高めの椅子を用意してあげるとすんごく可愛い姿が見れますよ。いぢわるかな。。。?
>幹文さん
赤チンは必要ですか?

投稿: みか | 2006年9月28日 (木) 13時05分

あ!みかさんだーーー!

久しぶり~~~

幹文さんと話したとき、
皆さんのお名前が次々と・・・

あと、高校生の娘が音楽をやっているので
とても参考になるお話を聞かせていただきました。娘は、その日のうちにメモ取ってました!
幹文せんせい、ありがとうございました。

投稿: よしこ | 2006年9月28日 (木) 17時16分

>みかさん
さすがに娘の頃ではbunさまは渋過ぎ。。。!?
好みの問題でしょうが。。。
仲良しの男友達とお手手繋いで登校する人でした!!わはは 変人!!

>文(fumi)さま
10月8日
吉利さま、今福さま、千絵子さまご一行は新潟にいらっしゃいます。“響け!日本の心”に出演です。
えずことは一味違う公演だと思いますが、まだ今福さまの太鼓未経験者のわたしには心揺れる餌です。。。どうしようかなぁ~ちょっぴりいっぱい遠いのです。。

投稿: konちゃん | 2006年9月28日 (木) 20時32分

>みかさま
はじめまして!
bun様とは年齢的には近いですが・・^^;
そういえば、幹文せんせいも文さん?(せんせいとは同級生ダス)
僕は男ですけど(^^)

>konちゃんさま
お~ナント!光栄です~!
でも僕は硬派でしたから、女性と手を繋いで歩くなんちゅう事はしませんでした~(笑)

今福さんの「恵比寿舞」は、むか~し仙台で浅野太鼓の展示会の際に拝見しました。
その時の印象は、とってもエンターティメントな方。チャンスがあったらご覧になってみて下さいね。
吉利さんも、「和知太鼓」での顔の表情・振る舞いがなんともいえず楽しくて、これまた観客を楽しませてくれる方。
お二人の共演は必然なのでしょうね。

>Sysopさま
はい、以前水ちゃんから、学校交流公演メンバーだと聞いていたものですから。
その日加茂綱メンバーは、移動練習日と称して20数名で参加するデス~。

投稿: 文(fumi) | 2006年9月29日 (金) 08時44分

「蔵王創生の森」のHPに鼓童の演奏案内が載りました。
http://www.sousei-zao.com/event/index.html

投稿: 文(fumi) | 2006年9月29日 (金) 20時27分

>みかさま、千絵子さまのこと・・・
29日、新潟角田の妙光寺の「光の庭」コンサートに行ってきましたよ。千絵子さまの舞を、息遣い,汗のきらめきを真近で感じてきました。時には、幼女のようであり、また,ある時は神秘的で、妖艶な舞。幾つもの姿を見せていただきました。素のにっこりお茶目さんも可愛いでした。幹文せんせいの笛も熱かったデス@@。胡弓もひかれたのですが、用意された椅子に、またもや、ちょこんと座られちょっと内股加減に演奏されてました。それもなかなか可愛いでした。みかさんにもみせてあげたかったです。いつものように、konちゃんと出かけたのですが、地元なのに、行きも帰りも迷子になり、すいか畑をウロウロしてました。「主婦二人、スイカ畑で遭難!!」と新潟日報に出る所でした。ホントニ無事に帰ってこれてマジ良かったデス。
10月8日みに行きたいな・・・ちょっぴり、いっぱい遠いんだ・・・・。

投稿: プリシラ | 2006年9月30日 (土) 18時04分

>プリシラさま
「主婦二人、スイカ畑で遭難!!」
誰も見つけてくれないよ、きっと!
季節外れのスイカ畑には近寄る人いないから。。この次のスイカの頃に白骨化してるかもね!

>fumiさま
自称硬派ですか?目元が優しいんですもの!!(じっちゃんさんの所で拝見しましたぁ)
今福さんと吉利さんの共演はやっぱり価値有りですね。今がチャンスかも。。。どんどん行ってみようかな~

投稿: konちゃん | 2006年9月30日 (土) 22時08分

>よしこさん
幹文おにいさまの口から出たのがお名前だけとのこと。ホッと胸を撫で下ろしております。
娘さん(お母さんもか?)よかったですね^^
きっと良き師、良き先輩に恵まれることも上達の秘訣でしょう。
>fumiさま
はじめまして。みかと申します。<(__)>
“文”を軸に、○を180°回転させれば、幹文さんがbunさまに変身~、となるかもしれません。
>konちゃんさん
すいません。konちゃんさんがお慕いしていたfumiさまは芸能人かと思っていたものですから。。。
余談ですが、私「お手手繋いで幼稚園」派ではなかったなぁ。園児に男の子が少なかったもので。フォークダンスは男性パートだったものw
>プリシラさん
konちゃんさんとの楽しいコンサート(と珍道中)の様子が文章からも伝わってきます。
千絵子さんほにほにめんこかったでしょう?(訳・千絵子さん本当に本当に可愛いかったでしょう?)
プリシラさんの可愛い幹文せんせいの胡弓は、DVDでしか拝見した事がありません。
初めて見た時、某俳優さんがゲストで参加していると勘違いし「俳優ってタイヘンなのね」と勝手に思っていた
。。。事を、今ふと思い出しました。
“響け!日本の心”もし行かれたらまた報告待ってますね!


投稿: みか | 2006年9月30日 (土) 23時55分

しまった!!
内股だったのか〜。
演奏に必死だったので気が付かんかった。

投稿: 幹文 | 2006年10月 1日 (日) 00時32分

「光の庭」コンサート
スイカ畑と葡萄の山を越した所にこのコンサートがありました。
綺麗に手入れされた垣根、駐車した所からすでに大きなお庭、門をくぐると朱色と白色のコントラストが絶妙な三重塔がライトアップされ池の水鏡に映り六重に。。。
会場に入る前から神秘的な感じの“妙光寺”
モダンな仏像殿、和泉邸のように旧家を移築した様な梁間、その間に院内庭(屋根なし板場の空間)があり、空の星、キャンドルの明かりと照明の向きにより映し出されては消える森の木々。。。
まさに「光の庭」でした。。。
そこに華を添えたのが遠く南米ペルーから届いたアルパカで織られたガーゼ絞りと虫達の奏でる演奏でした。
とてもとっても幻想的な舞台でした。
続きはプリシラの報告に書かれていますww
補足をするならば…
幹文せんせいの笛は高価な音色で、舞台の下手では木魚を叩かれていたり…
千絵子さんはアルパカの布を身に纏い(対象的な色目のもの)そのイメージが広がる舞を…
あ~ん、旨く伝えられないです。

おまけは交流公演のメンバーの皆さんとバナナおぢさんせんせいにお愛しましたww

投稿: konちゃん | 2006年10月 1日 (日) 03時27分

>せんせいさま
意識して内股かと・・・。(笑)
いえいえ、演奏に入り込んでおられるそのお姿、
素敵でした。
>みかさま
わたしも男性パートを長年受け持っておりましたよ~

投稿: プリシラ | 2006年10月 1日 (日) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の一日:えずこ、福島潟、そして、、、:

« アクロポリス・ライブ | トップページ | みんな登場していますよ »