« 速報! 蔵王の夕べ | トップページ | 旅に出ます »

2006年10月 8日 (日)

「長く熱い蔵王の一日」完全報告

 こけしの里として知られる宮城県蔵王町遠刈田で7日始まった「ろくろまつり」。鼓童は「まつり」の幕開けに登場しました。外はあいにくの激しい雨。予定していた野外ステージでの演奏は不可能となり、急きょ、狭い屋内ホールが会場となりました。
Kokeshi2  メンバーは辻勝さん、宮崎正美さん、水原彰子さん、高橋勅雄さん、中込健太さん、桜井佑樹さん、高野智之さんの7人。山口幹文せんせいがMCを担当しました。
 同行スタッフの後藤美奈子さんによれば、悪天候と開始時間が早いこともあって、「主催者も入場者数は少ないと見込んでいた」にもかかわらず、ホールには老若男女がぎっしり。さらに、壁面の棚からは数千体の伝統こけしも、ステージ(といっても平場ですが)を見守りました。このこけしたち、前日のリハーサルでは、太鼓の振動に合わせて、踊ったり、落ちたり大変だったとか。確かに、よく見ると、向きが不ぞろいでした。
 演奏は、編成が小さい(三宅も屋台囃子も2台)分を若々しい力強さが補って余りある内容でした。聴衆の最前列は、プレイヤーまで1メートルもありません。まさしく「生の迫力」。この温泉地に山荘を持ち、音楽にうるさい友人を誘ったら、聴きに来てくれたのですが、率直に「ナマはいいね」と感心して帰りました。

 夜は歓迎&宮城出身準メンバー凱旋祝賀の夕べです。温泉街中心部にあるお寿司屋さんの2階広間に鼓童側の9人、地元側6人が出席しました。地元が寂しい? はい、スミマセン、力不足で。鼓童のみなさんには「仙台に来てくれたら300人のレセプションになるんだから」と誤魔化しておきました。

 席順は次の通り(*印は加茂綱村太鼓のメンバー)

 宮崎  後藤  水原  fumi* 山口  局* 辻  エビ*
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 Sysop  なか* 中込  高橋  あひる*  桜井  高野

 開会宣言(わたし)、乾杯(せんせい)、自己紹介(全員)、締め(fumiさん)、とごく当たり前の進行。途中、これでもか、という料理の数々が運ばれ、地元の冷酒(乾坤一、蔵王)も相当の消費量となりました。4人の新準メンはいずれも飲めるクチであることを確認しました。

 わたしは、向かい側の女性3人のほか、新準メンバーとたくさん話ができました。「アマテラスの時はお世話になりました」とわざわざ隣まで来てくれた桜井くん。「70年代後半のことを教えてください」と言って、こちらの目をまっすぐに見ながら話を聞いてくれた中込くん。高野くんは「栄一さんには学ぶことがとても多いです」と、わたしが抱いているバナナおぢさん像を裏付けてくれました。仙台出身の高橋くんは個別に話す時間がなかったのですが、わたしの開会宣言に触れて「『お帰りなさい』と言ってもらって、とてつもなく嬉しかったです」とあいさつしてくれました。

 こうして思い出すと、せんせいとほとんど話をしなかったんですね。そう言えば、せんせいが「修学旅行は年に1度だと思っていたのに、Sysop(シスオペ)さんとは今年何回会ったんだろう」とおっしゃったので、「まだ12月もありますよ」と、みなさんの気持ちを代弁しておきました。

 最後に用務員さんに関する情報。とにかく、とても忙しいのだそうです。ナイショですが、レコーディング(!!)で東京に長期滞在中とか。いったい何のレコーディングなんでしょうね。

 以上が10月7日の報告です。きょうは幸い青空。「蔵王創生の森」で、午前中に加茂綱村太鼓、そして午後は鼓童が演奏します。大勢の人が聴いてくれるといいですね。

|

« 速報! 蔵王の夕べ | トップページ | 旅に出ます »

コメント

おお~(・!!・)鼓童がたくさん!!

加茂綱重鎮が鼓童重鎮を囲んでいらっしゃいます(^ね^)!!

こうして拝見してて言葉を交わした人の方が多いという事に感動です(TねT)

「皆さん、おげんこ?」

シス殿、ブレ過ぎでござる(((^笑^)))

投稿: じっちゃん | 2006年10月 8日 (日) 12時31分

そうそう、管理人さんはたぶんそういうお仕事中だと推理してました、なんかプレイヤーを辞めてからの音響のプロとしての成長がよくわかります(^ね^)!

んで、あひるちゃんが見えにくいど(・す・)

投稿: じっちゃん | 2006年10月 8日 (日) 12時51分

無事に生きて山から下りてきました~!

>Sysopさま
僕は宣言どおりSysopさまの分も飲んだので、翌朝演奏会場で会った水ちゃんにも「昨夜はかなり酔っていましたよ」と言われる始末。
だって、楽しかったんだも~ん!
名幹事ありがとうございました。
次回は是非一緒に杯を交わしましょう!

それでは、Sysopさま、じっちゃんさまを始め、ご覧の皆さまに今日の様子をお伝えします。長くなったらゴメンナサイ。

今日の蔵王は、雨はパラパラ降る程度だったのですが、そりゃあもう風が強くて・・。
テントは飛ぶし、外のテーブルに出ているイスも転がり、そういえば鼓童のどなたかが食べていたお弁当(空箱かな?)が突風で飛んでいきましたよね。
そんなもんで、当初予定していた遠くに海の見える(ここで演奏できたら気持ち良かったのに)山の上の会場が中止となり、下の喫茶店の2階での演奏になりました。

鼓童の皆さんは、(前夜あんなに飲んだのに)1時からの演奏なのに10時には仕込みも場ミリまで終わり、プロの仕事ってこうなんだ~と感心する間もなく、会場が狭い!(鼓童の皆さんは7名、加茂綱村は14名)
鼓童の皆さんの太鼓もあるし、当初予定していた太鼓の数は入れられない!
悩んでいたら、幹文せんせいが「うちの太鼓をお使いになりますか」というやさしくもありがたいお言葉。即答で「ハイ、お願いします!」
4尺の平胴太鼓と締太鼓3台をお借り致しました。僕も演奏で両方叩きましたが、とってもいい音がしましたよ!

それ以外に、僕達の宮太鼓、桶胴太鼓を搬入したのですが、鼓童の皆さんがナント太鼓運びのお手伝いをして下さり、またまた大感激でございます!
「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」
若手メンバーの礼儀もしっかりしていますし、鼓童が愛される理由ってこんなところにもあるんですね!

会場はもちろん超満員!
鼓童の演奏内容は、「はやて」で始まり、「演奏メンバー自己紹介」「三宅」「幹文せんせいのトーク」「三宅の練習方法」「大大鼓」「屋台囃子の口唱和(口唱歌?)」「屋台囃子」「アンコール~はやて」の盛り沢山な40分でした。
三宅の練習方法では、僕も引っ張り出されて一緒にやらされてしまいましたし・・。
鼓童の皆様、2日間本当にありがとうございましたm(_ _)m

投稿: 文(fumi) | 2006年10月 8日 (日) 19時38分

文(fumi)さん、お疲れさまでした。ストレッチの様子など、加茂綱村太鼓ホームページの「画像掲示板」にさっそく出ていますね。

>じっちゃん

蔵王での演奏風景の一番手前が「あひるちゃん」ですぞ。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年10月 8日 (日) 22時07分

ひゃっほ~
わたしも素晴らしいステージ“響け!日本の心”を堪能して来ましたよー
 
第1部 地元小学生による南中ソーランの発表と指導交流講評
第2部 今福優とその仲間たちの公演
プログラム
1.下山囃子
2.大地の唄
3.花八丈
4.恵比寿舞
5.尺八ソロ演奏(八久保保)
6.神祇太鼓
7.高平良万歳(琉舞 金城光枝)
8.木遣り
9.大太鼓
10.屋台囃子
佐渡小木地区のおけさ??

Sysopさんのえずこでの報告にあったように今福さんは聴衆を楽しませようというサービス精神が旺盛な方で吉利さんはスゴイがそのまま感じとれました。大太鼓はえずこ形式での演奏でした。吉利さんはスゴスギ。。。も~パワー全開こころ踊りワクワク。。。ここでまたSysopさんのことばを借りて「吉利さん恐るべし!!」
生恵比寿舞を見ることができました。滑稽な舞に会場内が和みました。みかさんの素材疑問を解くべく大黒様の顔を探りましたが謎のままです。

投稿: konちゃん | 2006年10月 8日 (日) 22時58分

皆様のコメント読んでると「佐渡病」発症しそうですwww嬉しさのおすそ分けをありがとう(はあと)
konちゃんさん、私の素朴なギモンのおかげでゆっくり舞を堪能できなかったのでは?きっと木製なんでしょうが、あれだけ動くので気になって仕方がなかったのです。
どうも最近ギモンが増え「何でこんなにじっちゃんさんの描く似顔絵は似てるのか(局さんと文さん檄似!)」とか「画像ではもとふみせんせいの体型が変わってないのは何故」とか「舞い姫さんは無事チャッパを渡せたのか」等々謎が尽きません。
ギモンの秋です。


投稿: みか | 2006年10月 8日 (日) 23時53分

鼓童ウェブログ、盛り上がりに欠けてて申し訳ございません。

>ナイショですが、レコーディング(!!)で東京に長期滞在中とか。

幹文せんせい、不正確な情報を流さないでください…。「レコーディング」ではなく「マスタリング」です。しかも東京に長期の滞在はしておりませんってば。

まもなく、皆様にもご案内できる話ですので、もう少々お待ち下さいませ。

投稿: 用務員 | 2006年10月 9日 (月) 00時04分

素敵な夜の宴を開いて下さってありがとうございました~!!

ホントに楽しい2日間で大感動でした☆

投稿: なか | 2006年10月 9日 (月) 01時52分

>「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」
ホント、そう思いますね~。同じ課程を修了しても正反対の事をやるような太鼓打ちがこの中に居ない事を望みますね~。

投稿: 黒じっちゃん | 2006年10月 9日 (月) 03時19分

“響け!日本の心”報告パートⅡ (珍道中編)
往路
今回は愛人のプリシラにふられ独りで出発!
高速道路で真っ直ぐ行けば大丈夫。。。
新潟を抜け豊栄へ阿賀野川を渡っていると前方に大きな標識が。。。翼を広げた鳥の絵に鳥注意。鳥ってオオヒシクイ?飛んで来る鳥どうやってかわすの?と突然雨雲の中に突入。。おまけに横からの強風にあおられ、対面通行の反対車線に倒れそう。。「怖いよ~誰か助けて~」。。。
とりあえず進めとばかりにどうにか会場入り、行きはヨイヨイ帰りはもっと怖~いはず!暗くなるから。。。

そんな心配も忘れ素晴らしい舞台に、も~感激!!!
スタッフさんの監視が弱く楽屋まで侵入!!!
(ちゃんと係りの人には断りましたよ…?)

復路
楽屋で見かけた方々が出口に居られ一緒に帰ることに。。。ほっ
スイカ畑で遭難未遂…今度は松林で遭難か!!!
来た道を戻っているはずが。。。記憶に無い景色、外はもう闇。。。独りでは遭難してました。
同乗の方のナビで脱出。。。ありがとうございましたです。
道中のおしゃべりの中でありこさんを知る鼓童歴21年で新潟在住のSさんはきっと私のようなペーペーには足元にも近づけない人だったのかも。。。出会い方で繋がっていく和って温かいですね!
別れ際に頂いた豆のお菓子がなんと“蔵王の森”。。。蔵王の皆さんと繋がっているような変てこな気分でした。。。

投稿: konちゃん | 2006年10月 9日 (月) 05時22分

>用務員さま

あ、情報に正確さを欠いたとしたら、せんせいが原因ではありません。おそらく、わたしの勘違い、聞き違いです。以下、独り言(笑)−−でも、後藤さんは「レコーディング」って言ったよなぁ、、、

>konちゃん

詳細な報告をありがとうございました。やっぱり、「帰路」がアブナイ運命なんですね。

>なかさん

もう、宮崎さんと辻さんに迫りまくっていましたね。いっぱい吸収できましたか?

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年10月 9日 (月) 07時53分

DVDなどでは感じることの出来ない、よりプライベートな皆さんと接することが出来て楽しかったです☆

アルコールも吸収しすぎて、ちょいと記憶がぼやけてますが…。(笑

投稿: なか | 2006年10月 9日 (月) 10時48分

>「帰路」がアブナイ運命なんですね
あっ、ほんとだぁ!!
指摘されるまで気が付きませんでした。
これって病気かしら。。。「鼓童病」(こどうボケ)
治るかな??

投稿: konちゃん | 2006年10月 9日 (月) 17時00分

>このたびの、村上珍道中にプリシラは参加できず,残念でした。が、Konちゃんから生報告を受けて、一緒に行ってきたような錯覚を覚えました。吉利さまと千絵子さまの間におさまりニコッと微笑むKonちゃん、やさしい良い笑顔で。うらやましくもあり、けど、なんか私もうれしいのでした。鼓童の方々の広い大きな心が伝染するんだな。と思います。「鼓童病」って・・・
「伝染病!?」

投稿: プリシラ | 2006年10月 9日 (月) 20時16分

>Sysopさま
例のCD、わざわざお届け下さりありがとうございました。
ですが、うちのパソコン音が出ないんです~。
それから、FlipClipのお誘いありがとうございます。
なのに、音が出ないんです~(T_T)

>みかさま
初めまして?
「何でこんなにじっちゃんさんの描く似顔絵は似てるのか(局さんと文さん檄似!)」
むむ・・どこかでお会いしているのですね?
ドキドキ・・(^^)

投稿: 文(fumi) | 2006年10月 9日 (月) 21時07分

>Sysopさま
一つ書き忘れました。
鼓童の皆さんの演目が1曲抜けておりました。
勝さんの大太鼓の前に、全員で歌った唄がありました。
曲名は忘れましたが、Sysopさまが前日こけし館で聞いた唄だと思います。船の作業の時に歌う唄とか言っていました。

それから、ついでに・・。
うちのHPにアップしてある写真を撮ってくれたコテパパが、うちと鼓童の演奏をDVDにして今日の練習に持って来てくれました。
これから見ま~す!

投稿: 文(fumi) | 2006年10月 9日 (月) 21時22分

>文(fumi)さん

歌は「帆柱起こし音頭」ですね。富山の民謡です。

PCの音が出ないって、、、 困りましたね。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年10月 9日 (月) 23時13分

Sysop様
本当にお世話になりました

鼓童の皆様とお食事できて、たくさんお話できて、参加メンバー一同感激してました
あひるちゃんいわく「普通の人で安心しました」

これから、ステージ上で演奏しているのを拝見しても、ずっと身近に感じる事でしょう

ウェブログ修学旅行の手拭いは、コテパパさんやケイちゃんにみせびらかしちゃいました

投稿: 局 | 2006年10月10日 (火) 17時32分

>Sysopさん
ろくろ祭りではお世話になりました。
会場となった「こけし館」の、沢山のこけしたちが太鼓を叩くたびに陳列棚の上で小刻みに回転する様子が、まるで太鼓に合わせて踊っているようでした。
「太鼓叩けばこけしも踊る」なんて、まるで民謡の一節みたいで、実に愉快ではありませんか。
アルコール抜き(お互いに)の宴会も楽しゅうございました。
ぼんやりと見知っていた綱村太鼓の皆さんとも交流ができて、これではっきり知ることができました。
そういえば、Sysopさんとはあまり話しませんでしたねえ。

翌日の「創生の森公演」も、生憎の荒天のため屋内となりましたが、会場が狭い分だけ密度というかお客様との一体感があり、熱気溢れるものとなりました。

この夜も主催者さんとの打ち上げがあり、若手が飲みに飲んでいたのですが、ぼくはくたびれて一足先に退散。
翌朝話を聞くと、○込○太が華々しくGEBOったとのこと。
それも、宴会の席&帰り道&宿の布団と三度も。
本人に「気分悪いだろう」と訊いたところ、いつもの表情で「いやあ、やりすぎちゃって腹が減りました」とのこと。
若さとは、かくも元気で恐ろしいものであります。

荒天ながら楽しかった公演と宴会。
忘れられない二日間となりました。
本当にありがとうございました。

投稿: 幹文 | 2006年10月10日 (火) 21時20分

>幹文せんせい

こちらこそ、ありがとうございました。楽しい、夢のようなひとときでした。「忘れられない二日間となりました」なんて言われたら、これに勝る喜びはありません。


少人数同士の打ち解けた交流が実現できたと思います。お酒を飲まずにいたせいで、わたしにはいろいろな発見もありました。話をした一人ひとりを、そして鼓童という生き方を、またあらためて好きになりました。

「修学旅行」を続けながら、鼓童との出会いを、もっともっと多くの人に広げて行きますぞ。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年10月10日 (火) 22時27分

>幹文せんせい
今年はECのフリンジで演奏できたり、えずこで吉利さんの下打ちで「和知太鼓」を叩いたり、先日の蔵王で皆さんとご一緒させていただいたりと、加茂綱村太鼓(僕)にとって「鼓童」を身近に感じられた年でした。本当にありがとうございました!

鼓童に憧れてチームを立ち上げ、元メンバーの水ちゃんが鼓童にお世話になり、太鼓の名曲「三宅」「屋台囃子」を演目に取り入れている僕達ですが、アマチュアながら太鼓の素晴らしさを伝えられたらいいなぁと日々精進しております。

もう少しレベルアップした僕達を、来年も佐渡で見て頂きたいダス。

>Sysopさま、ALL
ということで、フリンジのステージに皆で一緒に立てたら楽しいですよね~(^^)

投稿: 文(fumi) | 2006年10月11日 (水) 10時25分

加茂綱村太鼓のあひるです。

>Sysopさま
先日は、あのような場を提供して頂きまして、ありがとうございました。
太鼓を通じて、技術を得るだけでなく、こんなにも人脈が広がるとは…。
これからも、この縁を大切にしていきたいものです。

特にSysopさんとは、娘さんにもお世話になっていまして。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

>幹文さま
先日はありがとうございました。
そして、幹文さんをはじめ皆さんはお元気でしょうか?
私が心配するほどの柔な身体をお持ちではないと思いますが
演奏や移動、宴と、疲れも溜まっていることと思います。
ゆったり休めるといいですね。

今後も馴れ馴れしく、応援&目標にさせて頂きたいと思います。
あの日の写真も宝物にします!

皆さんにも宜しくお伝えください。

投稿: あひる | 2006年10月11日 (水) 22時48分

>あひるちゃん

縁も人脈も、ギブ・アンド・ギブン。今度は、あひるちゃんが友だちを鼓童の公演に誘って、鼓童を応援する輪を広げてくださいね。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年10月13日 (金) 21時32分

こんにちは。
こちらには、初です。
私もSysopさん同様、飲めなかった人ですが
そのぶん、あの時にいろいろ話をできたことを
よく覚えているので良かったです。

久々の再会で水ちゃんとゆっくり話もできたし!
最初にステージを見て、おーやっぱり、変わったなあ!と
思ったけど、喋って、あ、やっぱり変わってない?と
思って、飲み会で、幹文さんが話していた水ちゃん事件を
いくつか聞いて、おーやっぱり変わってない!と
思いました(笑)。良かったです。

話が長い私は・・いったん誰かと話を始めると長くなるので
数名としかゆっくりお話出来ませんでしたが。
礼儀正しい準メンバーの人たちの様子も、とても
印象に残っています。
あと、姿勢のよさ!!もちろん、飲み会の場でも。
思わずこちらも、背筋がピン!と伸びました。

次の日の演奏、頑張ります!と、皆言ってたとおり、
加茂も、鼓童の方々も、それぞれ思いきり楽しめたのかなと
ビデオを見て、思いました。

本当に貴重な時間をありがとうございました!

投稿: ebicoro | 2006年10月14日 (土) 00時26分

>エビちゃんことebicoroさん

つくづく、あの日はebicoroさんの車に乗せてもらえば良かった、と後悔しています(笑)。

あんなオフ会ができるのも、幹文せんせいをはじめ、鼓童のみなさんが、ファンを大事にしているから。わたしたちも、ますます応援に力を入れねば。

そういえば、あのメンバーに齋藤栄一さんを加えて、ワン・アース・キャラバン(OEC)としてロシアに行くようですね。海外での鼓童のステージを一度は観てみたい気がします。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年10月14日 (土) 12時28分

「創生の森」のブログに、ようやく秋祭りの様子がアップされました。

http://sousei.seesaa.net/

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年10月21日 (土) 20時55分

修学旅行東北支部の*エミ*さんが、蔵王こけしまつりの翌日に蔵王創生の森に登場した交流学校公演メンバーの様子を撮った写真を送ってくれたので、アルバムに追加しました。動画から取り出した画像は縦横比がちょっとゆがんでいるようです。

*エミ*さん、ありがとうございました。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2006年12月31日 (日) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「長く熱い蔵王の一日」完全報告:

« 速報! 蔵王の夕べ | トップページ | 旅に出ます »