« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月19日 (月)

獅子躍(鹿踊)と剣舞

18日に5つの獅子躍(鹿踊)と鬼剣舞を見る機会がありました。地元で「民俗芸能のつどい」があったのです。仙台の3つを含めて宮城から4団体、そして鼓童にもゆかりのある「金津流梁川獅子躍保存会」(岩手県奥州市)が出場しました。

Shshiodori 宮城の4団体というのが「川前鹿踊・剣舞保存会」(仙台市青葉区)、「福岡の鹿踊・剣舞保存会」(仙台市泉区)、「上谷刈の鹿踊・剣舞保存会」(仙台市泉区)、「清水目鹿踊保存会」(栗原市)なのですが、このうち上谷刈は、まさにわたしが住んでいる地域なのです。恥ずかしいのですが、鹿踊・剣舞がこんな身近なところで継承されているなんて、全く知りませんでした。

仙台の鹿踊は、鼓童のような長くて白い「ささら」ではなくて、数十センチ程度のものを背中につけます。胸の前に抱える太鼓もずっと小さめです。でも、5つを続けて見ると、芸能の伝播というのはこういうことなんだなぁ、と感動を覚えます。

信仰、暮らし、そして歳月。人間の営みがいとおしいものとして見えてきます。とても満足して帰ってきました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

「懸案」が二つ

北米ツアーは快調に続いているようです。

さて、みなさんのお知恵を拝借。

Kodo1983_1 一つは、カリフォルニア在住の杉本さんが送ってくださったビデオ「Kodo : Heartbeat Drummers of Japan」(Rhapsody Films)の観賞会を、いつ、どこで実施するか。出席率が高いのは8月のECなのでしょうが、だいぶ先の話になります。「小木のどこで?」、つまり会場も考えなければなりません。3月には、横浜に何人かが集まる機会がありそうなので(わたしは行けませんが)、場所と機材さえあれば、そこで観てもらうことは可能かな、とも思います。だれかが幹事を引き受けてくれれば、ビデオを届けます。

もう一つは、別な場所でちょいと盛り上がった複数(ビデオ)チャット計画です。先日の夜、わたしと用務員さんとでビデオチャットに成功したのですが、次は何人かでやろうよ、ということになったのです。このプランに、「がぶっ」とかぶりついてきた人が2人。iChat(Mac用)にするか、Skype(汎用)がいいのか、カメラは準備できるか、などクリアすべきハードルがありますが、実現できれば面白そう。EC直前の打ち合わせなんかも、チャット会議でできるかもしれません。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

ニューカップル

月刊「鼓童」を読んで、ご存じの方も多いと思いますが、舞台メンバーの阿部研三さんと砂畑好江さんが、ご結婚なさいました。まだ、お二人とも「修学旅行」にお迎えする機会を得てはいませんが、鼓童応援団のわたしたちとしては、心からの祝福を送りたいと思います。

おめでとうございま〜す。

好江さんは、現在、北米ツアー中。「扉」「百綴り」「峰の風」では、しっかりステージの中心となっていることでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

北米ツアーのプログラム

北米ツアーは現在、カリフォルニア州内。バークレー公演のプログラムがネットからダウンロードできたので、紹介します。

プログラム:
    扉
    神祇の太鼓
    三宅
    百綴り
    モノクローム
    P.P.C.
    千里馬
    戯(あじゃら)
    峰の風
    大太鼓
    屋台囃子

演奏者:斎藤 栄一
    見留 知弘
    新井 武志
    阿部 一成
    船橋 裕一郎
    石塚 充
    砂畑 好江
    小田 洋介
    坂本 雅幸
    吉井 盛悟
    斎藤 菜月
    中込 健太
    高橋 勅雄

演 出:石塚 充

| | コメント (8) | トラックバック (0)

AMATERASU再演

ビッグニュースですね。公式サイトに出ています。

歌舞伎座です。

8月4日(土)、5日(日)、6日(月)。

ECの直前じゃありませんか。う〜ん、休日の調整が極めて難しそうです。チケット料金も気になります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »