« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

1984年10月25日(木)夜

その人は新宿・シアターアプルの15列目で鼓童の演奏を聴いていたはずです。

チケットを入れた茶封筒に赤インキで手書きされた「7:00 開演」の文字には下線が。
戻ってきたチケットの半券
曲目の詳細が記載されたプログラム
入場者へのメッセージ
未記入のアンケート用紙
公演チラシ
公演パンフレット
そして「鼓童」84年9月号84ticket1

名も知らぬその人がその日、大切に持ち帰っただろうそれらが、20年以上の時空を超えて、いま、わたしの手元にあります。

「鼓童」3年目。1月から半年間にわたる海外ツアーを終え、秋に始まった国内ツアーは、このときから「ワン・アース・ツアー」と名付けられました。チラシに、パンフに、そして機関紙「鼓童」に、決意、と言ったらいいのでしょうか、漲っているものがあります。

Dosa 機関紙84年9月号を繰ってみます。2ページ目の鼓童通信には、国連が「国際青年の年」のために世界中から7人の青年を選んだ中に「栄一君」が入ったこと、真野町・鼓童友の会の総会で「去年来島したカナダの独立プロ制作による映画『KODO』を」上映したこと、「ドラムやってた衛藤君」が研修生として入座したことなどが綴られています。「現代どさ廻り考」と題された河内敏夫さん(ハンチョウ)の4ぺーじにわたる長文の論考からは、怒り、苛立ち、そして希望がストレートに伝わってきます。

パンフレットでひときわ印象的なのは、海をバックに走る11人の影。逆光のイメージに「鼓童」の文字が被さっています。その下に、1971年から1983年にかけて何があったのかを記した短い文章が載っていました。「内部から、その動きに便乗しようとする動きWave1がでた時、鬼は鬼でなくなった」が故に「1981年9月、彼らは『佐渡國 鼓童』として再スタートをきった」と、あります。

     *        *    

この夜、その人が胸に抱いた共感を、これからは、わたしが引き継いでいきたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

6月の小編成公演in東京

6月17日に府中市郷土の森博物館である小編成公演が気になっています。日曜の昼間ですし、博物館の特別展「宮本常一の足跡」を見たいという気持ちもあるので、行けないかどうか思案中です。

土曜日のうちに上京できれば理想的ですが、当日早朝の新幹線でも午前11時の公演は間に合うはず。お昼を挟んで、午後3時の公演も聴くことができるでしょう。

土曜の夜に都内のどこか、あるいは日曜のお昼に博物館内でミニ修学旅行なんてこともあり得るかな? 博物館のある広い敷地はなかなか楽しそうでもあります。

http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/index.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

4月15日は、、、

佐渡では、各地で鬼が舞い、まつり全開のはず。サミーちゃんこと宮崎正美さんの誕生日であり、わたしの誕生日でもあります。

自分の誕生祝いと結婚30周年(この3月がそうでした)を兼ねてカミさんとソウルに遊びに行ったのですが、きょう帰宅したら、月刊「鼓童」4月号が届いていました。その中には、今年のECの簡単な予告が載っているではありませんか。う〜ん、そうですか。詳細な紹介は5月10日から、とのこと。楽しみです。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

カッコいい菜月ちゃんとカッコ悪いSysop

Natsukisysop撮影:谷口大介さん(鼓童スタッフ)
撮影日時:3月29日午前10時ごろ
場所:仙台市内
菜月ちゃん、谷口さん、あらためて、ありがとうございました。

で、この写真に嫉妬して、こんないたずらをした人がいます。
Photo 仕事で忙しすぎるがゆえの妄想です。許してあげましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »