« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

うれしかったこと

府中郷土の森で、ちょっとうれしいことがありました。野外ステージのそばで小編成公演が始まるのを待っている時に、舞い王さん一家が近づいてきて、「シスさん、、」と声を掛けてくれたのですが、その声を聞いて、わたしの前にいた人が振り向き、こう言ってくれたのです。

「あ、ブログのシスオペさんだ」「良く見てますよ」

このブログへのアクセス解析を見ていると、コメントを書いてくれる人たち以外にも大勢の方が立ち寄ってくださっているのは理解しています。でもね、やっぱり実際に、そう言ってもらうのは格別です。

できたら、そんな人たちに、ぜひ何か、短くてもいいからコメントを書いてほしい、とも思います。そうすれば、新しい繋がりがきっと生まれて、もっともっと楽しくなるはずですから。

よろしくお願いします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

6月16日、府中の夜(2)

遅くなりました、続報です。まず、1次会の席次(敬称略)。

Sysop 盛悟 舞い姫 せんせい 祐子 干菜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
舞い王 正美 晶 はちみつバター こはる 博子

会場は、京王線府中駅のすぐ西側にあるけやき並木通りに面したビルの5階。掘りごたつタイプの個室でした。早めに着いたわたしに続いて、はちみつバターさん親子、干菜さん、せんせい、舞い王さんご夫妻が到着し、乾杯の「練習」。この間、干菜さんがいまだに佐渡に帰れない事情やじっちゃんのうわさ話などワイワイ。

せんせい以外の鼓童メンバーは、宮本常一展の関連企画として行われた「鬼太鼓座」公演を聴いてからの参加となったため、全員揃っての乾杯は午後7時すぎとなりました。

その段階で、既に会場に持ち込んだ装置には、1983年に制作された鼓童のドキュメンタリー映像が流れていました。せんせいは懐かしがるだけでなく、「この障子は日本らしさを表現したいという制作者の注文で特別に作ったから、サイズなんかが変なのよねぇ」と暴露話も。バナナおぢさんを含む現メンバーの若き日の姿に喚声が上がりました。

こはるちゃんの何でも質問コーナーは、結構「アタリ」の企画だったようで、鼓童メンバーの回答に舞い王さんはしばしうなずき「勉強になる」。中盤ごろだったか、せんせいがわたしに携帯電話を渡すので、何かなと思えば、西の平田屋さんからでした。最近、体調を崩していたらしいのですが、久しぶりに元気な声を聞いて安心。すかさず舞い王さんにも電話を回しました。

Maiolove 最後の1時間は交流タイムで、席を動いて、それぞれがたくさんの人と歓談。わたしは、わが娘yamato(=姫ちゃん)と研修所「受験同期生」の祐子さん、博子さんのところに行ってyamatoに電話をかけ、二人と話してもらいました。終盤は、記念撮影(舞い王さんがメーンの写真を載せておきます。せんせいのハートマークに注目!)と鬼の舞いでものすごい盛り上がり。午後10時17分、1次会はめでたく終了しました。

え? 2次会? ハイ、だれかが「盛悟くん、行こう」なんてしつこく誘って、遠方に帰らなければ行けない舞い王さんご夫妻も巻き込んで、7人で決行。お開きは午後23時52分でした。翌朝の演奏を控えていたみなさんには大変ご迷惑をおかけした、と反省しております。

参加者のみなさん、楽しい夜を本当にありがとうございました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

「いつも心にP.P.C.」!!

月刊「鼓童」や公式サイトを見てご存じの方も多いと思います。そう、あの3人組(船橋裕一郎さん、石塚充さん、小田洋介さん)の初ライブです。
12月30日(日)、京都「び・ぜん・ぎゃるり」で、午後2時と5時の2回公演。前売 3000円、当日 3500円(全席自由席)で、一般前売りは9月末に開始予定とのことです。
問い合わせは、「
いつも心にP.P.C.事務局」pokupokochin@yahoo.co.jpまで。

実は、小田さんの奥様から「ウェブログ修学旅行でも紹介していただけませんか」とメッセージをいただきました。「内助の功」という言葉が頭に浮かびました。ほほ笑ましくて、二つ返事で引き受けた次第です。

みなさま、どうぞよろしく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

小編成公演@府中

Hayatesmallfuchuu これも、会場の雰囲気をお伝えするために、とりあえず写真1枚での速報です。

アジサイが咲き誇る郷土の森ですが、きょうは真夏を思わせる日差しと気温でした。午前の部は、メンバーは「はやて」でステージに登場し、「千里馬」「帆柱起こし音頭」「大太鼓」「屋台囃子」「酒屋唄」を演奏。途中、幹文せんせいと大井良明さんが、宮本常一さんの思い出を語るMCが入りました。

わたしは、バスを待っていた府中駅前で偶然、大井さんと会い、一緒に会場に向かいました。それと、会場では、mixiの鼓童コミュニティで大活躍のnakaさんと初めて会うことができました。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

6月16日、府中の夜(1)

帰宅しました。幹文せんせいから、府中郷土の森での小編成公演午後の部に、みかさん、よしえさん、じっちゃんが駆け付けてくれたとのメールを受け取ったばかりです。

Fuchuusmall070616 さて、16日のプチ修学旅行ですが、集合写真1枚で速報します。
撮影者の舞い王さんが写っていません。ゴメンナサイ。鼓童側出席者は、幹文せんせいのほか、正美さん、盛悟さん、そして新しい準メンバーからプレイヤーの石井晶くん(「あっくん」と呼んでください)、島内博子さん(「ぺこちゃん」と呼んでください)、スタッフの眞貝祐子さんでした。画面中央は、修学旅行史上、最も低年齢の参加者となった小学校6年生こはるちゃん(はちみつバターさん=画面右端=のお嬢さん)です。こはるちゃんのための何でも質問コーナーなんて試みもやってみました。

席上、舞い王さんがEC行きの決意を固めたことと、実験放送局キャラクターの愛称を募集したまま放置しているのはケシカランという話題でSysopとキャラクター作者の正美さんが盛り上がったことを申し添えます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

マン・ツー・マン?

6月16日夜のプチ修学旅行には、小編成公演班から山口せんせいをはじめ合計6人のみなさんの参加が決まりました。リスナー(修学旅行生)側も6人。というわけで、とてもコミュニケーション密度の高いオフ会になりそうです。

わたしは、あす15日の午後に上京し、出張目的である会議に出席。16日の夕刻に府中入りします。オフ会はもちろんですが、宮本常一展にも期待しています。そして、小編成公演も楽しみです。わくわく、、、

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

「6.16」府中の会場決定!

「千年の宴」府中南口駅前店を6月16日(土)午後6時30分から「アイダ」で予約しました。3時間の「寛(くつろぎ)コース」です。

http://www.roza.monteroza.co.jp/view/View_shop.php?SP_CD=832034

会費は4300円の予定。まだ参加表明していないあなた、ぜひ都合をつけて、駆けつけてください。申し込み締め切りは14日です。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

ボレロ

2005年のEC城山コンサートで、カルロス・ヌニェスたちとラヴェルの「ボレロ」を演奏した時は、カルロスのアルバムからの選曲だと受け止めるとともに、締太鼓とあのリズムの親和性に新鮮さを覚えた記憶があります。ところが、20年以上前にも演奏していたのですね、「ボレロ」。
Yyandkodo
「鼓童vs山下洋輔 ライブ」というLPレコードに収録されていました。1985年の大晦日に東京・五反田「ゆうぽうと簡易保険ホール」で行われた公演の録音です。収録曲は「モノクローム」「ボレロ」(以上A面)、「地下室の秘密」「シング・シング・シング」「下山ばやし」(以上B面)。
Yyandkodo2
ジャケットなどから、山口せんせい、バナナおぢさんが出演しているのが分かります。

演奏ですが、山下さんのピアノが絡む「モノクローム」はとても面白いです。そして、「ボレロ」。冒頭と途中にだれかが「ドン、ドドド、、、」と唄ったりして、観客席の笑い声も交じるのですが、次第に盛り上がって行きます。

Yyandkodo4 CDでは出ていないと思います。わが家にレコードを聴く環境があって、良かったと思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »