« 鼓ウ修@EC2008 その(1) | トップページ | 鼓ウ修@EC2008 その(3) »

2008年8月27日 (水)

鼓ウ修@EC2008 その(2)

8月22日(金)
EC初日です。お天気はまずまずです。「色別カードをもらうために並んでいます。シスオペさんの分も取れますよ」と*エミ*ちゃんから電話がかかってきました。

ECの城山コンサートは自由席なのですが、入場整理券に当たる色別カードを午前9時から木崎神社で配布するシステムになっています。並んだ順に通し番号をふった色別カードがもらえますが、もらえる枚数は、持っているチケットの枚数だけ。しかも1人5枚までの制限があります。

そんなわけで、朝食をとってすぐ、*エミ*ちゃんにチケットを渡すために木崎神社に向かいました。*エミ*ちゃんの前に並んでいたのは、何とnakaさん。nakaさんとは1年に何回会ってるだろう? 相変わらずパワフルです。行ったのは午前8時ごろだったのですが、並んでいる人数は例年より少ないと感じました。ゲットしたのは「赤 065」。赤は最初に入場できるグループの色です。鼓童塾グループも早い番号のカードを手に入れることができました。

間もなく、直江津航路ではなく両津航路のフェリーに変更して、当初予定より早く着いたじっちゃん、こんさんちゃんと合流。konちゃん、プリシラさんコンビも同じフェリーで佐渡入りし、こちらは予定通り寄り道してから夕方の小木到着になることを確認しました。昼食は七右ェ門で蕎麦。じっちゃんは「やっと佐渡らしいものを食べた」と感想を漏らしました。

このころ、干菜さんから電話が入り、やっと休みがとれて新潟まで着いたので、夕方には小木に行けるとのこと。仕事でお盆にも来れなかったはずなのに、ECは欠かさない干菜さんの執念に脱帽です。また、昼過ぎの小木着フェリーからは、3人目のともこさんも下船。出迎えることができました。

午後は、WSなど各自が別行動してから木崎神社に。ここでは、ちびくまさんとも合流できました。城山では、はっぱさん、西の平田屋さんとも再会できて、ステージ前に騒がしい立ち話集団ができていたような気がします。平田屋さんに対しては、みんなが「おめでとう」と声を掛けていました。何ででしょうね(笑)。

鼓ウ修メンバーは、中央部の最前列を含め、みんな好位置に座ることができたようです(齊藤栄一さんは、ステージ上からじっちゃんの姿を確認できたほど)。

実は、ECで会った人には話したのですが、わたしはこのところ痛風の兆候が足の親指付近に出ていまして、ドクターにビールを禁止されています。
城山でビールを飲めないなんて!! 
泣きながらシートの上でお茶とおにぎりの夕食を済ませました。

開演前には音響テントにいる拓郎さんに、終演後は幹文せんせいに挨拶できました。

終演後はハーバーマーケットへ。昨年もお世話になった田中藍ちゃん(coconの衣装をデザインした佐渡在住のアーティスト)のお店です。昨年は店の中に座って飲める席があったのですが、ことしはお酒などを売るだけの形だったので、店の裏の地べたに座り込んで宴会スタート。面々が出たり入ったりして、最終的に午前1時まで、宴は続いたのでした。

|

« 鼓ウ修@EC2008 その(1) | トップページ | 鼓ウ修@EC2008 その(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼓ウ修@EC2008 その(2):

« 鼓ウ修@EC2008 その(1) | トップページ | 鼓ウ修@EC2008 その(3) »