« 春の佐渡をご覧ください | トップページ | 華の乱ツアー報告(2) »

2009年4月25日 (土)

華の乱ツアー報告(1)

遅くなりましたが、ざっと振り返ってみます。

18日(土)
 午後2時20分ごろに両津からレンタカーで出発した、はっぱさん、えびせんさんとわたしが小木に着いたのは、3時過ぎでした。城山の坂をのぼっている途中、下りてきた鼓童スタッフの根岸さんと遭遇。春日の鬼太鼓に参加するべく福岡から佐渡入りしていたguriさんや、前夜に横浜を出て先行していたsumikoさんたちと一緒だったけれど、もう帰らなければならないとのことでした。

 そして、坂をのぼり終えると、、、、、お〜、桜だぁ〜、満開だぁ〜。

 夏に見慣れた芝生の広場に、見慣れない春の風景が広がっていました。待っていたのは、バナナおぢさん、sumikoさん、guriさん、そして想定外(笑)のちびくまさんでした。記念写真撮影の後、guriさんとちびくまさんは、別の予定があって間もなく下山。残りのメンバーで、さぁ花見です。

 出てきたのはだんご、「萩の月」、するめ、たこ焼きなど。バナナおぢさんの頭にも似たこのたこ焼きを使って例の写真を撮影できないかなぁ、とそそのかされたおぢさんが、挑んだ成果は、、、 もしかしたら、本家ブログに公開されるかもしれません。

 しばらくして、幹文せんせいも姿を見せてくれました。いろんな話が弾みました。ふんわり溶ける生キャラメルに負けない「2カ月溶けないキャラメルを売りだそう」とか「つばささんの結婚相手はこんな人」とか「うぶすなメンバーをアラカン(アラウンド還暦)と呼んでいいか」「うぶすなと若手の間にあるふか〜い情報の溝」といった、とりとめもないおしゃべりが中心。ゆったり、のんびり。時折り舞う花吹雪。和みます。

 と、近づいてくるスーツ、ネクタイ姿の若い男性。思い詰めたような表情です。わたしたち、何かいけないことをしていて、役所の人が注意しに来たのかな。にわかに緊張していると、「いつもブログを読ませてもらってます」。佐渡在住のあさじーさんでした。途端に空気が緩み、鼓ウ修の輪がまた広がったのでした。

 本当は、鼓童村に寄ってから七浦海岸に向かう予定でしたが、城山の宴を切り上げたら、もう午後5時。海に沈む夕日を見るには時間の余裕がない、というわけで、せんせい、おぢさん、あさじーさんと別れ、4人(sumikoさん、はっぱさん、えびせんさん、Sysop)は、七浦海岸を目指しました。

 宿の七浦荘に着いたのは日没前の6時ごろ。3部屋いずれも海岸に面していたものの、このころから海上には雲の帯が。でも、海に沈む夕日の代わりに、雲に沈む夕日もそれなりにいいものです。

 お腹も空いてきたので、夕食は6時半スタート。食べながら洲崎夫妻を待つことにしました。大広間には、お母さんたちのグループがもう1組、既に食事の半ばでした。わたしたちは、出てきた舟盛りとゆでズワイガニの山に、わぁわぁ、きゃ〜きゃ〜。ビール、かん酒、ウーロン茶の助けも借りて、料理に立ち向かいました。でも、やっぱり、無理。やがて、拓郎さんと純子さんが到着して参戦しましたが、完食には程遠い結果となりました。ここでも、つばささんのお相手の話題になると、拓郎さんが「いいヤツなんですよ」と妙に力説していました。

 七浦荘さんの夕食時間は6時から8時までなのですが、この日は9時ごろまではしゃぐわたしたちを、スタッフのみなさんがじっと待ってくださいました。ありがとうございました。

 洲崎夫妻が帰った後は、わたしの部屋で2次会。何と幹文せんせいが差し入れてくれた麦焼酎(!!)と自販機の缶ビールで、、、、何を話したんだっけ?

 そんなわけで、ツアー初日の夜が更けていきました。

              =(2)に続く=

|

« 春の佐渡をご覧ください | トップページ | 華の乱ツアー報告(2) »

コメント

>たこ焼きを使って例の写真を撮影できないかなぁ・・・

鼓ウ修の掲示板にアップしたわよ。

投稿: バナナおぢさん | 2009年4月25日 (土) 18時42分

>鼓ウ修の掲示板にアップしたわよ。

ほんとだ。バナナおぢさん、ありがとうございます。

「鼓ウ修の掲示板」をご存じない皆さま、この画面の右サイドバーの下方にある「リンク」をご覧くださいませ。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2009年4月25日 (土) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華の乱ツアー報告(1):

« 春の佐渡をご覧ください | トップページ | 華の乱ツアー報告(2) »