« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月29日 (土)

EC2009アルバムを堂々公開!

左のサイドバー、下の方に入り口があります。

「みんなに見てほしい」という写真があったら、わたしに送ってください。ただし、選択(採否)はご一任願います。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

健太くん@和楽

「和楽」は読みどころが多い雑誌ですが、9月号の「私の美暦書 第21回」に中込健太くんが3ページにわたって登場しました。「黒澤映画」「読書」「学校公演」について、語っています。

「打男」プロモーションの一環でしょうか。邪推(?)ですが、この女性編集者はきっと、健太くんがすきなんじゃないのかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

あれやこれや(EC報告その8=とりあえず「完」)

▼変則日程
やはり、来ている人がいつもより少ない、という印象はぬぐえませんでした。ただ、お盆休みに重なったので逆に来ることができた、という声も耳にしました。曜日にかかわらず来てくれる熱心な人が大勢いることも確認できた、と言えるかもしれません。

▼BLOF
例年であれば城山コンサート2日目のメーンを務めるのがゲスト。今年は初日の第2部と3日目の祝祭でのコラボに登場しただけでした。その辺の事情に関しては憶測でものを言うべきではないと考えます。確かだったのは、その分だけ鼓童メンバーの出番が多くなったということです。特別フリンジもあるわけですから、大忙しだったに違いありません。ゲリラライブがほとんどなかったのも仕方ないでしょう。
それはそれとして、ブロフの楽曲と演奏自体には好印象を持ちました。でも、歌の意味が分からないというのは、キビシイよね。

▼早川太鼓(岡山)のライブ
ハーバーマーケットで17日午後に「彩」を披露。その後、公園の外れに移動して(2年前にじっちゃん、こんさんちゃん、舞い王さんも加わってセッションした場所)早川オリジナルをメンバー5人で演奏し、大勢のギャラリーを集めました。西の平田屋さんの篠笛は、さすがです。
19日の朝に送り太鼓に見送られて出航したフェリー船上では、今年も早川太鼓を中心にお祭りセッションが繰り広げられたと聞いています。

▼送り太鼓
「木遣り」抜きで、吉利さんの鬼剣舞から始まりました。いつもいるつばささんの姿がないのは分かるけれど、好江さんは? 実は、好江さんは新潟に渡るブロフを見送るため充くんと一緒に両津に行ったとのことでした。
埠頭に現れたのは、女性は千絵子さん、容子さん、そして正美さん、男性は吉利さんのほかに栄一さん、見留さん、一樹さん、一成さん、洋介さん。千絵子さんが「習いたて」の担ぎ桶を披露したのはレアものとして特筆すべきでしょう。

▼豪華サイン会
送り太鼓の後に恒例のサイン会がECショップで行われました。ショップの奥に左から千絵子さん、栄一さん、見留さん、容子さん、吉利さんが並んで座っています。こんな光景、見たことありません。傍らには大井良明さんや松浦充長さん。しばらくして新井武志さんも入ってきました。
ところが、お客さんは少ないのです。大御所たちと存分に言葉を交わせる機会なのにもったいないなぁ、と思いました。わたしたちの仲間の某コンビが、この特典を十分すぎるほど享受したのは、干菜さんが先にリポートしてくれた通りです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

舞台は? 演奏は?(EC報告その7)

これは、受け止め方や好みが人それぞれ。コメントで感動や印象を語り合ってください。

というわけで、わたしの場合です。
3日間で2度も落涙しました。トシだなぁ、、、。
Tsubasa 最初はCOCONフリンジ(17日)に登場した堀つばささんの太鼓と唄。椅子に腰掛け、左の膝の上に太鼓を置きます。お腹の中にいる赤ちゃん(女の子だそうです)に毎日聞かせているというその曲は、つばささんの呼吸のリズムのようでもあります。打つ、とか、叩く、というのではなく、愛おしげになでるような感じです。つぶやきにも似た声が流れます。体育館の中からつばささんが発するもの以外の音が消えて、優しい空気が満ちていました。
次いで稽古場コンサート(18日)での藤本容子さんの唄。まったく予想していなかったのですが、容子さんが鬼太鼓座時代の辛い思い出を語ったのです。毎朝4時50分からのランニングについていけそうもない体調の時、容子さんは2時に起きて、ランニングのコースをひとり歩いたのだそうです。そうすれば、走っている他の座員と帰着時間が同じころになるから。そんな話の後に歌ったのが容子さんが当時つくった「シンドバットのぼうけん」の替え歌。仲間と一緒に前へ進もう、と自らを奮い立たせる歌詞でした。
どちらも虚飾とは無縁の純粋な想いが音になっていました。つばささんに対しては同じ人の親として、容子さんに対しては同じ時代を生きた者として、心を揺さぶられました。

もちろん、城山に上れば、ステージはいつも通りにパワフルでカラフルでチアフル。栄一さんには、いっぱい元気をもらいました。

わが郷土・宮城の希望の星、齋藤菜月さんと高橋勅雄くんの成長には意を強くしました。もちろん二人はまだまだ発展途上です。課題や足りない部分もたくさんある。でも、だからこそ、伸びしろに期待し、精進を信じて、これからも応援し続けたい−−そんな思いを抱きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

夜な夜な「大人の社交場」(EC報告その6)

昨年に続き今年も、わたしは家族に見放されてEC単独行だったので、宿の喜八屋さんでは一人部屋。結果的に16日からの3日間、午後11時過ぎから午前3時まで大人の社交場と化すことになりました。来場者はいずれも同宿のkonちゃん、プリシラさん、西の平田屋さん、みかさん、こんさんちゃん。「幸運」という銘柄の日本酒をはじめ持ち込みのワインやビールを飲みながら、その日の反省会を延々と続けました。木崎神社の色別カード確保作戦の出撃基地としての役割も担ったことは前の報告で触れました。おそらく、来年も同じことを繰り返すのでしょう。でも、これこそが「修学旅行」の醍醐味でもあるのです。

午後11時までは3日間とも、城山コンサートの後に下りてきてハーバーマーケットの藍ちゃんの店(わたしたちは「あいちゃんち」と呼んでいました)に居座りました。こっちには、干菜さん、あさじーさん、やまかんさんらも立ち寄りましたよね。ここには、ママ(?)である藍ちゃん=COCONの衣装をデザインした佐渡在住の女性です=のほかに、主(ぬし)であるSさんが常駐しています。Sさんは東京の人で、EC詣ででは大先輩です。Sさんと佐渡の酒「金鶴」を酌み交わすことは、わたしのEC滞在になくてはならない楽しい時間になっています。この1年で定年を迎えるSさんは真剣に佐渡移住を検討中。佐渡に愉快な友人が増えていくのも鼓童のおかげ、ECのおかげです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「女形の天才」が演出する男の魅力

婦人公論9月7日号の新聞広告にそんな文字を見つけました。あれに違いない、と思ってネットで調べたら、やっぱりそうでした

でも、詳しくは実物を読まなきゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

せんせいたちは大忙し(EC報告その5)

今回、わたしは幹文せんせいと話す機会がほとんどありませんでした。16日の城山コンサートの終演後にいつものように会場後方の本部テントを訪ねると、せんせいは来賓であるオランダ大使館員たちの接待役とのこと。「ごめんね」とわたしたちに謝りながら大使館員らを先導して城山を去って行きました。重鎮は大変だなぁ。18日の稽古場コンサートは、観客(全員バス送迎)の中に終演後間もなく出航するフェリーに乗る人もいたため、わたしたちの方があわただしく帰りのバスに乗り込まざるを得ませんでした。

バナナおぢさんは、例によってサービス精神全開。小木を自転車で移動しながら、知り合いやファンとの写真撮影など交流に努めている姿があちこちで見受けられました。わたし自身も17日のCOCONフリンジと18日の千絵子さん&オーガスタ(見留さんら8月生まれの4人)フリンジの前におしゃべりできました。本当に忙しいのに、このブログにリアルタイムで佐渡の風を送り込んでくれたのは、みなさんご存じの通りです。

リアルタイムと言えば、用務員さんです。本家ウェブログにアップされた木崎神社ゲリラライブの写真と記事はご覧になったと思います。あの朝、境内の奥でゲリラの登場を待ち構えていたわたしは、神社下の道路から上がってきた用務員さんとばったり。カメラをぶら下げていたので、「撮った写真は、すぐ載せてくださいな」とお願いしたら、ちゃんと実現してくれました。後で聞いたのですが、城山の音響テント内で作業したそうです。これまた、お忙しい最中にありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

「赤001」という偉業(EC報告その4)

これもコメント速報でお知らせしましたね。城山コンサート2日目(17日)の色別カード(入場整理券)確保大作戦で、ちびくまさんが栄えある赤色カードの「001」番をゲットしました。城山コンサートは持っているカードの色ごとにグループで入場するシステムになっています。そして、赤こそは城山に上る最初の集団。つまり、ちびくまさんは正真正銘の先頭入場資格を得たのです。

カードを入手するには、配布場所である木崎神社の札所前に並ばなければなりません。配布開始は午前9時ですが、城山で良い席に座りたい人たちが並び始めるのは、いつも深夜ないし未明から。ちびくまさんは午前3時に宿を出て木崎神社に赴き、列の先頭位置を占めたのです。ちびくまさんと宿で同室のkonちゃんとプリシラさんは、出陣まで睡眠をとるちびくまさんを邪魔しないようにと、午前3時まで代わりにわたしの睡眠を妨げてくれたのですわたしの部屋で待機していたのですhappy02

Redcard01 並んだ人はチケットと引き換えにカードをもらえます。1人につきチケット5枚の権利があります。ちびくまさんは、わたしを含む4人分のチケットを預かってくれたのでした。お陰でわたしは、これまで見たこともない「赤005」というカードを手にすることができました。闇夜の境内で朝を待ち続けてくれたちびくまさんに感謝、感謝です。

実はこの日、鼓ウ修仲間は「赤001」から「赤010」までを入手。このほかの早朝行列組も含めて、城山の客席の中央部最前列は、わたしたちの知り合いがほぼ埋め尽くしてしまいました。ステージ上のプレイヤーは、この異様な光景にも動じることなく、いつもの素晴らしいステージを務めきりました。当然ですが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

みんな余韻に浸りたいんだねぇ

きのうから今朝にかけて、アクセスカウンターが過去最高を刻みました。

早速たくさんのコメントをありがとうございます。EC報告は、まだ続きます。佐渡モードのみなさまは週末にかけて、余韻に浸りつつ、リハビリに励んでくださいませ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

ほりまじょ工房&つばささん(EC報告その3)

Horimajyo コメント速報で伝えましたが、16日にはうれしい驚きが待っていました。ほりまじょさん(堀つばささんのお母さん)が3年ぶりにハーバーマーケットに帰ってきたのです。「ほりまじょ工房」の復帰を歓迎する大勢の人に囲まれて、あの懐かしい笑顔がありました。ただ、ご主人のプーさんは京都で留守番をしているとのこと。ECの暑さは、プーさんには、ちょっと厳しすぎるのかもしれません。

そして、工房のテントの下には、つばささんがいました。その横には、旦那さんのクルトさん(ベルギー人)の姿も。つばささんは9月の出産を控えて、見事なお腹です。クルトさんが、しきりに気遣っているのが分かります。工房では、お母さんの作品だけでなく、自宅を整理して出てきた衣類や書物など、ベルギーに持って行けないさまざまな者を並べて売っているのでした。

そうです。つばささんはECの後、実家のある京都に戻って出産し、年末ごろには生活拠点をベルギーに移すというのです(プレイヤー引退ということではなさそうですが、正確な情報は鼓童サイドからのアナウンスを待ちましょう)。

この日の午後に再び工房を訪ねると、「お酒あるわよ。飲んで、飲んで」と例によって魔女のささやき。konプリの2人と一緒に、テント横で日本酒をいただきました。3年前のECで、わたしたちが午後はほりまじょ工房に入り浸って、お酒をあおっていた記憶がよみがえります。つばささんが「明日のcoconのフリンジには出ます」と明言したこともあって、また、楽しいECになりそうな期待が膨らんだのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

予定通りに行かなくても(EC報告その2)

佐渡入りした15日の夕方、羽茂ふるさと祭りに行ってみました。同行者はえびせんさんと、masakoさんら広島グループの6人で計8人。
羽茂本郷地区までは車で20分ほどですが、往路は会場を探すのに苦労、帰路は一方通行という想定外の交通規制に難渋しました。祭りでは「寺田太神楽つぶろさし」と地元の若衆鬼太鼓を見ることができました。どちらも、とても興味深かったです。
会場には、nakaさんご夫妻もお見えになっていました。

ふるさと祭りに次いで、羽茂のもっと奥にある「ちょぼくり庵」で開催中のジョニ・ウェルズ展を17日午後に見に行く予定でしたが、これは実現しませんでした。何しろ暑くて、ちょっと一休みしたかった、というのが理由です。

Mushiya その代わり、というわけではありませんが、16日午前に虫谷の澗を訪ねることができました。鼓童が出演しているSONYのBRAVIAプロモーション・ビデオに登場する、ひっそりとした入り江です。幹文せんせいお薦めのスポットでもあります。
佐渡の隅々まで詳しいあさじーさんが案内してくれたのです。こんさんちゃんが運転する車に、わたし、干菜さん、3人目のともこさんが乗り込みました。
本当に静か。小さな青い魚が群れになって泳いでいるのが見えます。
暑さを忘れたひとときでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年もたくさんの友に会いました(EC報告その1)

さて、何から書けばいいものやら。まだ考えがまとまりません。とりあえず、わたしが今回会った人たちを思い出してみました。本家ブログや当ブログにコメントしたことのある人、鼓ウ修(プチを含む)に参加・協力したことがある人で、面識があり、今回短くとも言葉を交わした人たちです。※記憶違いや漏れがあったら指摘してくださいね。

15日 えびせんさん masakoさん&広島グループ
    nakaさん夫妻
16日 干菜さん こんさんちゃん 3人目のともこさん
    konちゃん プリシラさん ちびくまさん
    あさじーさん はっぱさん 西の平田屋さん
    ありこさん みかさん 元締めさん やまかんさん
17日 さやかさん もみじさん よしえさん
18日 マスオ☆彡さん びわさん よこきちさん

このほか、最終日の城山では、鼓童塾08年組で昨年12月の修学旅行に参加してくれた、ざっきーさん、おっちゃん、マダイくんらの姿を確認しました。また、東京のめぐさんという未知の女性が声を掛けてくれて、「今後はコメント書き込みます」と約束してくれました。

oizumi8240さんには結局、会えませんでした。緑のアウトバックを探してみたのですが、残念です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

佐渡へ〜2009夏

ここにきて、空も空気もぐんと夏sunらしくなってきました。

わたしは明日早朝の高速バス(仙台ー新潟)でEC2009の旅に出ます。

ご承知のように、小木地区は観光客のためのネット環境が必ずしも十分ではありません。携帯電話を使ってコメントの形でEC速報を入れよう努めるるつもりですが、正式のリポートは帰宅後になることをご了解ください。EC参加者のコメントはもちろん、歓迎です。

今回、城山コンサートやフリンジ以外にこのブログの投稿仲間が声を掛け合って団体行動(もちろん参加は自由)する予定としては、次のようなものがあります。

 15日 羽茂ふるさと祭り
 17日 ジョニ・ウェルズ展
 18日 恒例の「祝祭」出陣式beerbottle
     (木崎神社にゆく直前に早め会食)

あの空間では、ばったり出会えば、何が起きるか分かりません。誘いbar、誘われwine、夜nightが更けて行くことでしょう。思いきり楽しみましょう。

では、行ってきますbusshipcar

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

「えーる」第3号

佐渡市が発行しているPR誌で、準市民にも送ってくれます。第3号は2009年の秋・冬号、つまり最新号です。

今回登場している鼓童関係者は洲崎純子さん。写真も出ています。アース・セレブレーションを2ページ使って紹介している「感じる佐渡 浪漫街道」という連載です。

首都圏のみなさんには、「佐渡物産展・秋の陣」情報が有益かも。

 10月17日(土)〜20日(火)
       日本橋・にいがた館NICOプラザ#2
 11月6日(金)〜9日(月)
       表参道・新潟館 ネスパス

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

ふるさとイベント大賞

アース・セレブレーション(EC)まで1週間。タイムリーなテレビ放映のお知らせです。

ECが「第12回ふるさとイベント大賞」(総務大臣表彰)で大賞を受賞したのはご存じと思います。その授賞式と受賞イベントの数々を紹介する番組があす9日、NHK−BS2で放送されます。ECの映像も流れるはずです。

「地域を活かせ! 〜第12回ふるさとイベント大賞〜」は午後4時30分から。お見逃し(録画予約忘れ)なく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

佐渡●市民になりました。

Sadocitizen1 そうです、佐渡準市民です。7月末に登録しました。

鼓童のお陰で大好きになった佐渡。そこから、新しい出会いと縁が次々に広がりました。

佐渡の風土と佐渡に生きる魅力的な人たちのことをもっと知りたい、知らせたい。佐渡を大切に思ってくれる人が増えてほしい。

さぁ、多くの人にこれまで以上に佐渡体験を勧めるぞっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

12月東京公演先行予約

文京シビックホール公演(12月17日〜20日)の先行予約が週明けに始まります。この公演に合わせて行う恒例の年末「修学旅行」は、現段階では20日(日)が最有力候補となっています。

そんなに早く予定を立てるのは無理、という人たちには一般前売りが10月17日からです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

8月のバースデー

多いです。同じ日生まれも2組。今年のEC期間中には、あの方が。

 1日 阿部 研三さん
    坂本 雅幸さん
 6日 石塚  充さん
12日 吉井 盛悟さん
17日 見留 知弘さん
28日 今海 一樹さん
    前田 剛史さん

おめでとうございま〜す。佐渡で会いましょう〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »