« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

奮って参加表明を(締め切りました)

年末恒例の修学旅行まで1カ月を切ってしまいました。参加表明をコメントでお願いします。収容定員に達したので締め切りました。

日時:2009年12月20日(日)午後7時30分から3時間
会場:水道橋「BRO’S」
会費:5,000円

これまでに参加を表明している人は次の通りです。

学校側:
 山口幹文せんせい、齊藤栄一バナナおぢさん、洲崎拓郎用務員さん
 小島千絵子さん、船橋P.P.C.レッド裕一郎さん
 メラニー・テイラーさん
生徒側:
 舞い王さん、舞い姫さん、かいちょ〜さん、ねねさん
 道産子親父さん、文(fumi)さん、局さん、3人目のともこさん
 鶴子さん、うっちぃさん、へたへたさん、おがわさん
 sumikoさん、元締めさん、メグさん、はっぱさん
 よしえさん、おっちゃんさん、マスオ☆彡さん、yulalaさん
 りゅういちさん、しじみさん、yamato、Sysop

(記載漏れがあったら、ご指摘願います)

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

太鼓の里

石川県白山市にある浅野太鼓を20日午後に訪ねてきました。ご存じのように鼓童が使っている太鼓は、前身である「佐渡の國 鬼太鼓座」のころから、浅野太鼓さんが作っています。鼓童だけでなく、全国の多くのプレイヤー、グループに頼られていると言えるでしょう。

訪ねたきっかけは、金沢出張中にブログ「太鼓の里 あさの通信」をのぞいたことでした。白山市は金沢市の隣町です。ブログに「行くかもしれません」とコメントを書いたら、「ぜひに」とお誘いがありました。

400nennshi2 JR北陸線に乗って10分ちょっと、松任(まっとう)駅で降りて、駅前からタクシーでさらに10分ほど。浅野太鼓はバイパス沿いにありました。

事務所・ショールーム、工場、資料館などが敷地内に建っています。ブログ担当の浅野すみよさん、代表取締役専務の浅野昭利さん(浅野太鼓文化研究所理事長)が、気まぐれな来訪者の相手をしてくださいました。

鬼太鼓座のころを知っている昭利さんからは、面白い、興味深い話をたくさん聞くことができました。藤本吉利さんが来年、還暦になるので、祝う会をやりたいと思ってる、とも。英○さん、津○さん、菊○さん、○福さんにも声をかけたいとか。すごい会になりそうです。

工場の中を見せてもらいました。テレビや写真で知っている光景です。資料館では、大太鼓を打たせてもらったほか、「たいころじい」のバックナンバーを読むことができました。

浅野昭利さん、すみよさん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「事業仕分け」でどうなる?

こんな報道があります。

これは、鼓童の学校交流公演にも影響があるのでしょうか。気になります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

またも言い訳

金沢にいます。仕事です。本当です。ときどき、twitterしてますけど。みなさまもtwitterを研究中の用務員さんに協力してくださいませ。

明日の夜、戻りますが、短い空き時間を利用して、お隣の白山市に足を延ばして、午後に浅野太鼓さんを訪ねようかと思っています。迷わないで行けるといいのですが。

そんなわけで、本格的なブログ更新は明後日以降になります。スミマセン。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

「うぶすな」再演

月刊「鼓童」と公式サイトで発表になったように、「うぶすな」が来年3月に再演されます。これまで長い間、鼓童の公演を支えてきた地域、舞台の演目を通して強い繋がりを保っている地域が中心になっているようです。

公式サイトでは、今年の舞台の一部を映像で観ることもできます。ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

言い訳

山口幹文せんせいの初ソロアルバムのことをはじめとして書きたいことはあるのですが、いろいろ忙しくて更新遅滞に陥っています。もうしばし、お許しを。

「一管風月」については、何よりもフルバージョンを聴いてみなくては。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

おべんとうの時間

Ana ANA機内誌「翼の王国」の人気連載が「おべんとうの時間」。11月号に砂畑好江さんが登場しています。はっぱさんがイメージファイルを送ってくれたので、紹介します。

記事には、おべんとうの写真だけでなく、阿部研三さんとのツーショットも。そして家庭の話や研修生時代の思い出など、あまり知られていない(?)エピソードが盛り込まれています。わたしは今月中旬にANAに乗る機会があるので、ぜひ実物を手に入れるつもりです。

好江さんといえば、もうすぐイギリスでの「Gnosis」ですね。ヨーロッパでの現代舞踊作品公演に鼓童から参加するのは、「輝夜姫」という前例があります。「Gnosis」も映像化されたり、日本で再演されたりするといいのですが。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

秋ツアーは千秋楽

きょうの狛江が最終公演です。初日の石巻から1カ月。きょうもいい演奏をして、打ち上げではおいしいお酒を飲んでくださいね。

その狛江では明日、バナナおぢさんこと齊藤栄一さんのワークショップがあります。笑門(わらかど)さんの主催で、このブログに登場する人たちも参加したり、協力したりするようです。盛り上がるだろうなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

「リベンジします」

あの方がそう言ってくれました。今年の12月「修学旅行」への参加表明です。
昨年も出席の予定だったのですが、ギリギリになって体調を崩し、メッセージだけの参加となってしまいました。今回は既にスケジュール表に書き留めてくれたそうです。

扇子はご本人が持参するはず。わたしたちは紙吹雪を準備しましょう。

きょうは「ゆきあひ」大津(滋賀)公演。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

ということは、来月が12月

12月修学旅行の打ち合わせで西東京市の「なごみ」を訪ね、舞い王副委員長と今年の実施要領などを決めてきました。

20日(日)の終演後、という既定方針はそのままです。開始時間は、決定ではありませんが、昨年同様午後7時30分ごろになると思われます。会場も昨年と同じ水道橋「Bro’s」を3時間貸し切りでお願いすることにしました。参加費は5,000円です。

カレンダーへの書き込み、そして公演のチケット代と修学旅行参加費の確保をお忘れなく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月のバースデー

佐渡のたたこう館では霜月まつり。11月です。

  4日 小見 麻梨子さん
  7日 山口 幹文さん
 22日 堀 つばささん

山口せんせいは関西方面でお仕事中ですね。つばささんはみおんちゃんに太鼓を聞かせているでしょうか?

おめでとうございま〜す。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »