« モード切り替え | トップページ | 堀つばささん、鼓童を去る »

2010年1月30日 (土)

一管風月コンサート

これって、現時点でまだ公式サイトには載っていないようです。

佐渡島内でしかチケットは手に入らないので、遠慮したのかな?

みつさんの速報に感謝。

|

« モード切り替え | トップページ | 堀つばささん、鼓童を去る »

コメント

干菜です
こんにちは

確かに,島外の人は参加が大変そう。
どなたかやってきますか?

投稿: 干菜 | 2010年1月30日 (土) 10時13分

やだぁっ、すごいっ、佐渡の方羨ましすぎるっ。
この企画は、今後他の土地でやられる予定はないのでしょうか?
(>_<)


投稿: へたへた | 2010年1月30日 (土) 10時30分

ただいま~
2月に佐渡に渡るリスクはタップリ
せんせいも「危険はいっぱい」とおっしゃってました。
今年はホントに佐渡汽船欠航が多いです。

春になったら。。。
どこかでありそうです

投稿: konちゃん | 2010年1月31日 (日) 21時08分

そぅか2月の日本海もまだまだ荒れるのですね。流石サド君は色々な試練をしかけてきますね。
ですよねぇー。渡れませんよね、泳いでじゃっ!
Y子さんったらね、新潟まで自転車で、そこから先は泳げって言うんですよぉー。そんなにライバルを葬りたいのかしらねぇ〜((笑))
私、待ちます!春が来るのを!

投稿: へたへた | 2010年1月31日 (日) 22時56分

2月は、リスクたっぷりみたいですね。。
でも、最近 天気いいなぁ。。

へたへたさん、仲間ですよ^^
バイトの時給300円台だし、
ありえないですよね!「400円、すごいね@@」って
言ってた高校生の頃(><)

投稿: よしこ | 2010年2月 1日 (月) 00時07分

あら、よしこさん、私は日本育ちじゃないのですよ。
あれはベトナムの田んぼでもバイトです(* ̄ω ̄)ふ~ん
だから私はまだ二十歳!
(やばいですね、なんかバナナおぢさんみたいな事になってきました;)

投稿: へたへた | 2010年2月 1日 (月) 00時13分

ベトナムの田んぼで・・・

バナナおぢさんみたいな不思議な写真、
稲が へたへたさん?みたいな@@写真を想像してしまいました

ベトナム料理、食べたいなぁ。。

投稿: よしこ | 2010年2月 1日 (月) 00時28分

あれれ、話題がベトナムの食べ物になっている。

この時期に、島外の人には申し訳ありません。
新潟や東京でも行うつもりですので、どうぞ楽しみにしていて下さいね。

しかし何でまたベトナムに・・・・・。

投稿: もとふみ | 2010年2月 2日 (火) 23時08分

フォ〜☆

東京公演の予定もあるのですね。
それを聞いてしごく安心しました。

楽しみにしています。

投稿: ベトナムのダーちゃん☆ | 2010年2月 3日 (水) 09時10分

私も行きたい!!!
が、youtubeでとりあえず我慢してます。
先生の声、久しぶりに聴けてよかったです。
映像も綺麗でした★

投稿: 西の平田屋 | 2010年2月 3日 (水) 09時15分


通りすがりのものです。一緒に盛り上がらせてください。

わーいわーい。東京でのコンサート、楽しみにしています!!

投稿: ツクヨミ | 2010年2月 3日 (水) 12時00分

>フォ〜☆

ははは。丸の内の「サイゴン」には時々、行きます。

>西の平田屋さん

11日は、おぢさんをよろしく。

>ツクヨミさん

大歓迎です。どうぞ一緒に盛り上がってください。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2010年2月 3日 (水) 20時17分

>フォ〜☆

むか〜し昔、ミス・サイゴンをロンドンで観ました。
うはは。


>西の平田屋さん

今度は内子でお会いいたしましょうね。
うぶすなは全員生です。


>通りすがったツクヨミさん

はじめまして。
ついでに、その辺の人も連れて来て下さい。


投稿: もとふみ | 2010年2月 3日 (水) 23時52分

>シスさま
はーい!!おぢさまのことはお任せください★
太鼓はほぼ初心者の勢いですが、教わっちゃいます♪

>センセイ
そうですがな!内子では全員生!!
ひゃっほーい♪
マヨイガもあるのかな??
マヨイガって、私の嫌いな蛾が迷ってるみたいで、ちょっと怖い。。。ガァアアアアア!

投稿: 西の平田屋 | 2010年2月 4日 (木) 00時08分

蛾が迷ってる・・・


想像してしまいました(><)
マンガの世界みたい^^

投稿: よしこ | 2010年2月 4日 (木) 00時22分

>迷い蛾

ぼくもとっさにこの言葉が浮かびました。

暗い森の中で迷った村人が、妖しい蛾に導かれて辿り着いたその先には・・・・・。

1、お菓子の家
2、コンビニ
3、黄色い村の門
4、ドンチャン騒ぎの修学旅行

はははは、下らなくてすみません。

「遠野物語」は、想像力をかき立てられる素晴らしい一冊。
お奨めです。

投稿: もとふみ | 2010年2月 4日 (木) 10時56分

暗い森の中で迷った村人が、妖しい蛾に導かれて辿り着いたその先には・・・・・。

う〜ん、妖しく幻想的な色が浮かんできました。

ところで曲は完成しましたでしょうか?
現実的にば四番にはかなり行きたいところですが、
曲の最後に二番や四番が来たらちょっと嫌です(?)


投稿: へたへた | 2010年2月 4日 (木) 13時39分

>西の平田家さん
蛾ではなく家ですよぅ。
短編ばかりなので、WCで読むには好適です☆

投稿: みか | 2010年2月 4日 (木) 14時07分

入会してから2号目の 鼓童が参りました!
ワンアースツアーの申し込みもそろそろなんですねぇ。続々と続きますね。

>はーい!!おぢさまのことはお任せください★
太鼓はほぼ初心者の勢いですが、教わっちゃいます♪

平田屋さん

いいなぁ、羨ましいですなぁ。(西の方を見つめる遠い目)
私なんか、未経験者以下ですもんねぇ。
それこそ蛾にでもなって、こっそり覗きたいどす。
もし、珍客がいたら、気づかないふりしてくださいね。まちがっても殺さないでください。

みかさん、センセイ、
迷い家、私も是非、読んでみます!

投稿: へたへた | 2010年2月 4日 (木) 14時47分

http://www.kodo.or.jp/news/20100212ikkanfugetsu_en.html

載りましたよ

私はいきます!
両津のフェリーの迎えが必要なら 声をかけてください。スノータイヤで参ります。

投稿: mel | 2010年2月 4日 (木) 18時04分

>よしこさん
もう、わたしには恐怖の風景にしか思えません。

>センセイ
うーん。幻想的ですね。
たしか、鼓童のCDジャケットにも蛾が載っていましたね。ゾゾゾ。
お菓子の家じゃなくて、乙女の池にでも迷い込みたいです。

>へたへたさん
大丈夫、珍客が客になっていたら、私はなりふり構わず泣き叫び、退治してもらいますから(笑)

>みかさま
いやん!
やっぱり蛾じゃないの?
だってWCでしょう★

投稿: 西の平田屋 | 2010年2月 4日 (木) 22時54分

平田屋さん、退治だなんてぇ〜。しどいわしどいわ。

戸川純の歌にそういや、と思って歌詞を検索してみました。すごい世界ですよね。軽井沢とか行くと本当に蛾が鳥みたいででかいんですよね。佐渡の蛾も大きいですか?

憂悶の戯画

鳥のような蛾が飛ぶ
黄金の鱗粉をまき散らし ほら
ジンダ ロンド マズルカと

私の肩にとまって 黄金のお声でさえずる蛾 ほら
コールユーブンゲン コンコーネ

蛾のお国の言葉は 黄金のお眼で交わすのよ ほら
いろは ひふみ さようなら

投稿: へたへた | 2010年2月 4日 (木) 23時11分

干菜です
こんにちは

2/12日の黄門さまのコンサートチケット買いました。

舞台の進行は,2009ECの鼓童村コンサートのようになるのでしょうか?

投稿: 干菜 | 2010年2月 5日 (金) 12時05分

>干菜さん

チケットありがとうございます。
200のキャパですが、この時期にいったいどれほど来ていただけるのか・・・・・。

進行はぼくのすることですから、そりゃもう出たとこ勝負。
収拾がつかなくなったら「え〜い頭が高い&この門とバケツが目に入らぬか」とやるつもりです。

投稿: 徘徊御老公@佐渡 | 2010年2月 5日 (金) 14時26分

青いバケツは、気がつかないくらい映像と一体化していますね。
友達に話したら、

「青いバケツ・・・どこどこ?」とメールがきたので

せんせいの後姿と一緒にど真ん中に!

「あった!あったわ!」と喜びの?連絡がきました。

黄門さまのコンサート

春が待ち遠しいです。

投稿: よしこ | 2010年2月 5日 (金) 22時24分

>melさん

ありがとうございます。

この大雪もそろそろ終わるかと思いますが、気を付けてお越し下さい。

越佐海峡が荒れませんように。

投稿: もとふみ | 2010年2月 6日 (土) 01時28分

>よしこさん

もう「幸福の青いバケツ探し」みたいになってきましたね。

ちなみに、
ぼく→玄関の傘
ウチの管理人→プリンター
にそれぞれ反応し、二人揃って「○升瓶」で笑います。

小ネタ満載の「変化に富んだ世界」です。


投稿: もとふみ | 2010年2月 6日 (土) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一管風月コンサート:

« モード切り替え | トップページ | 堀つばささん、鼓童を去る »