« 先行予約はじまりました | トップページ | 30周年前夜祭だっ! »

2010年9月16日 (木)

師走を前に、せんせい走る?

このブログを始めるきっかけを与えてくれた一人でもある、あおのよしこさんが、掲示板に10月9日(土)に越後出雲崎「天領の里」で行うコンサートの告知を書いてくれました。山口幹文せんせい(竹笛)とよしこさん(竹筆)のコラボ。「結 〜出雲崎と佐渡を結ぶ 想いの竹〜」というタイトルを聞いただけでもイメージが膨らみますね。

月刊「鼓童」9月号や公式サイトを見ると、10月から11月にかけて、せんせいは西へ東へと駆け回るようです。そのほかにも「一管風月コンサート」や篠笛ワークショップがあると聞いています。充実の秋、ですね。

|

« 先行予約はじまりました | トップページ | 30周年前夜祭だっ! »

コメント

シスオペさん、インフォメーションありがとうございます
楽しみながら 頑張ります

自作の竹筆です


「想いの竹」は、幹文せんせいらしいネーミングですね!

投稿: よしこ | 2010年9月16日 (木) 14時32分

「風光明媚とはこのことか」のコルシカでどたばたと動き回り、規模は小さいながらも、その慌ただしさはほとんどECのような様相を呈しております。
しかしこのフェスティバルのスタッフは、みな明るく気さくな人ばかり。
心尽くしの対応に畏れ入っております。

昨夜は地元の教会でアフィレッタのコンサートでした。
繊細で崇高な響きに、一曲目で目の中うるるるるるるるるるる。
いやもう、恥ずかしながら抗う術も無し。
祭壇の前に並ぶ彼らが、あたかも聖人のように映りました。

が、一旦舞台を降りて下界なさると、気さくで元気(過ぎ)な人たちに早変わり。
「もっと食えもっと飲め。がははうひゃひゃ」といった世俗的な雰囲気の中、「はたらけ、めしあがれ」という日本語も飛び交って大騒ぎ。
この落差がたまりません。
ワインとチーズの大盤振る舞いの中で、独りちびちびと水を飲みながら、人間とは何とまあ面白くて素敵なの生き物なのだろうと、しみじみ思った次第です。

この秋は東奔西走いたします。
東京での一管風月や初の篠笛講座もあります。
不況の上お皆様におかれましてはご多忙のことと推察いたしますが、万端お繰り合わせの上ご参加下さればこの上ない喜びでございます。

長文失礼いたしました。

投稿: | 2010年9月17日 (金) 01時03分


せんせい、遠方からのメッセージ、ありがとうございます。乾いて澄んだ大気が伝わってくるコルシカの写真(by 用務員どの)をツイッターで楽しく拝見しています。

次はベルギー・ゲントですね。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2010年9月17日 (金) 06時05分

>ワインとチーズの大盤振る舞いの中で、独りちびちびと水を飲みながら

(^_^)
センセーが佐渡でゆっくり出来そうな頃に、おすすめの珈琲をお送りしますね。

投稿: coco | 2010年9月17日 (金) 11時24分

今日の新潟日報に 天領の里告知出ています。

コルシカ島に配達されないのが残念・・・☆

投稿: よしこ | 2010年9月18日 (土) 09時51分

いろんなイベント盛り盛りですね。
公演するほうは大いそがしですが、
見るほうは、いろいろあって楽しいですね。

あ、でも散財ぎみ…。

投稿: はっぱ | 2010年9月18日 (土) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走を前に、せんせい走る?:

« 先行予約はじまりました | トップページ | 30周年前夜祭だっ! »