« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

12月公演のチケットが届いた

仙台(14日)は3列目の真ん中。カミさん、義母と行きます。

東京は18日が5列目、19日は23列目でした。どちらも、舞台に向かって左側。

明日はもう11月ですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

一管風月コンサート報告

開演前。「シスオペさんですね」と声をかけてくださったのは、幹文せんせいのお母さん。「ブログ、楽しく読んでいます」とも。歌集を読んで勝手に抱いていたイメージをすっかり覆す愉快で素敵なお母さんでした。

会場に入ってすぐの右手のカウンターには、ファンからのお祝いの生花が、、、、じゃないな、サボテン? え、器が変だ、、、、あ、あ、あお、青いバケツだっ! 贈り主は「こんプリ」。そう来ましたか。二人が新潟から派遣した化身だそうです。青いバケツの写真を見たい人は「掲示板」をご覧ください。

ステージのスペースには、アルバム「一管風月」のジャケット写真のオブジェと同じオブジェが立体的に配置されていました。オブジェをデザインした加藤祐子さん、アルバム全体のデザインを担当した紀ハルナさんとも会場でお会いすることが出来ました。

温かいというか優しいというか緩いというか、そんな空気の中で、「黄色い村の門」からコンサートは始まり、アンコールの「蘇州夜曲」で幕を閉じました。アルバム以外からも、「道」(山口幹文さん)「オワイヤレ」「もりっこ」(藤本容子さん)。演奏は、二野明さん(ピアノ)今泉孝文さん(ギター)が加わっているので、インタープレイの醍醐味もあって、それぞれの「音楽」が聴こえたり、溶け合ったり。ライブの魅力をあらためて感じた2時間でした。

二野さんに「ハナシ長過ぎっ!」と怒られたせんせいですが、MCの中では約束通り、この修学旅行のことを紹介してくれました。いわく「わたしを呼び捨てにする人たち」「わたしたち(鼓童のこと)をだしにしてお酒を飲む集まり」云々。はい、その通りです。

修学旅行に顔を出している人たちで今回、このコンサートに足を運んだのは舞い王さん&舞姫さん、はっぱさん、よしえさん、cocoさん、鶴子さん、元締めさん、ざっきーさん。

会場を出てから5人ほどでプチ修に。人気があるらしい中国料理屋さんで、最終的にはコンサートの出演者4人全員(!)や洲崎拓郎用務員さん、みつさんこと松浦充長さん、ダニやんことダニエル・ローゼンさんらも合流して、六本木の夜は更けていったのでした。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

おけさ柿

さっき段ボール箱が届きました。ボケボケ写真ですが、開封指定は「11月2日頃」になっているのがお分かりでしょうか?

鼓童の後援会会員特典の一つです。年に一度、カレンダーかおけさ柿を選んで送ってもらいます。カレンダーは公演会場やオンラインストアでも買えますが、柿の入手はこの特典で選択することが唯一の方法です。

鼓童は発足当初から支援者に柿を送ることで感謝の気持ちを表してきました。古い機関誌「鼓童」には、柿を受け取った人たちが知らせてきた味の感想などが載っています。柿を受け取った人たちが、季節を感じ、鼓童を思い、12月の公演に足を運ぶ。秋から冬にかけての「年中行事」だったのでしょう。

おけさ柿は佐渡の名産品のひとつ。本来は渋柿ですが、脱渋処理をして発送します。9月に佐渡を訪れた際、今年は夏の猛暑の影響で柿の出来が良くないという話を聞きました。出来、不出来は自然からのメッセージです。そのことも含めた鼓童村のみなさんからのメッセージとして、開封日に味わいたいと思っています。Okesagaki

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

12月公演@東京が大人気

Facebookに、特に土曜日と日曜日は「超人気!(super popular!)」という公式発言(?)が出ています。楽日(日曜日)は当然ですし、土曜日には吉利さんの還暦祝いの会がありますから、そうだとしても不思議はありません。

まだチケットを予約していない人は、急いだほうがいいですよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

実験放送局復活!!!

とにかく、本家ブログに行って聞いてください。

これがあったから、修学旅行があったんだ、と本当に感謝しました。

ありがとう、もとふみせんせい、容子さん、(た)こと拓郎さん!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

鼓童塾・研修所・箸

佐渡では鼓童塾がきょうは3日目。柿野浦の研修所にはどんな人たちが集まっているのでしょうか。

最新のKodo eNew11号は、カバーストーリーが研修所。1ページの左下には、竹の束の写真が載っていました。キャプションには「レッッスン1」とあります。自分たちが使う箸づくりから研修生の第一歩が始まるのですよね。

わが家にも研修生が作ってくれた竹の箸があります。2003年の鼓童塾に参加したyamatoが持ち帰った、大切な記念品。もちろん、使ったりせず、なぜかラップで包んで保管してありますcoldsweats01。箸袋の裏側には作者の署名が、、、、「盛悟」と。この年の鼓童塾受講者をお世話してくれたのが研修所22期生でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

ECギャラリー2010

アース・セレブレーションのサイトに写真がアップされました。

宮川舞子さんの写真はステージも(いつもながら)いいけれど、商店街のショットも好きです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »