« 財団に寄付しました | トップページ | プチ修(12/18) »

2010年12月21日 (火)

「還暦を祝う会」箇条書きリポート

こんな展開でした(記憶をたどりながら)ーーー

正面のスクリーンでスライドショー
 藤本吉利さん若き日の写真や言葉など
 バックに流れる「一管風月」
進行役は阿部研三さんと宮崎正美さん
吉利さん登場
 ステージ上方からするするとミラーボール
 音楽とともに客席の通路に吉利さんの姿が
 真っ赤な鉢巻、真っ赤な法被、手にはマイク
 唄いだしたのは「太鼓馬鹿」
  (鼓童ウェブログ2009年11月9日参照)
今福優さんとの交友を互いに語る
 「神祇」の演奏も
ゲストの祝辞
 浅野昭利さん(浅野太鼓専務)
 富田和明さん(鼓童創設メンバー)
 菊池隆さん(八丈太鼓の会)
 San Jose 太鼓メンバー
鼓童1・2期生紹介
 大井良明さん、大井キヨ子さん、小島千絵子さん、
 藤本容子さん、風間正文さん、山口幹文さん、青木孝夫さん、
 十河伸一さん、齊藤栄一さん、菅野敦司さん
 「うぶすな」の5人による「貝殻節」
大井良明さんの「屋台囃子」、若手の「屋台囃子」
記念品抽選会、「こいっちゃおぎ」群舞

ロビーでお見送り&記念品配布
 研修所米の入った特製升=写真は「掲示板」

とても温かい雰囲気に満ちた1時間の会でした。

|

« 財団に寄付しました | トップページ | プチ修(12/18) »

コメント

うぶすなメンバー5人の「貝殻節」は本当に感動しました。
あの音色が自分の中の琴線を揺さぶり、両方の頬を涙が伝っていくのがわかりました

もちろん、大井さんの屋台囃子も大感動でした。


ps.ステージ上には、名前を忘れられていた鼓童代表の青木さんもいましたね(^_^;)

投稿: マスオ☆彡 | 2010年12月22日 (水) 00時05分

容子さんにうかがった話、
大井さん、自然と三番で打ってた、って、
やっぱり自分の場所だったところに行くのねぇって。

それを今日、太鼓の教室で富田さんに話したら、
「そりゃーそうでしょう、当然です」

マスオさん、私も今思い出して、またドキドキしています。

投稿: coco | 2010年12月22日 (水) 00時27分

>大井さん、自然と三番で...

そりゃーそうでしょう、当たり前でしょーっ。

投稿: バナナおぢさん | 2010年12月22日 (水) 00時43分

錚々たるお顔がお揃いで豪華ですね。
大井さんの屋台囃子だなんて!!!
何番でもかまわないけど、もうそんな機会ないですよね。
「こいっちゃおぎ」なら一緒に踊れた!?のに。。。
柿を切ったら柿太郎!も一つ切ったら柿姫!~~

投稿: konちゃん | 2010年12月22日 (水) 01時49分

ホントに吉利さんたら、社長の名前を忘れちゃいけませんよっ。

え、わたし? はい、スミマセン。陰でしっかり鼓童を支えているのが青木さんということで、、、

社長、見ていたらゴメンなさい。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2010年12月22日 (水) 06時27分

帰りのロビーでお土産の研修所米をメンバーが配っておりましたが、私は誰から頂くか真剣に悩んで今海一樹ちゃまから受け取りました

投稿: 鶴子 | 2010年12月22日 (水) 13時08分

今福さんが初めて吉利さんと会ったときの話を紹介していましたが、少し解説が必要かもしれません。

今福さんは、佐渡を離れた田耕さんが新たにつくった鬼太鼓座に入座した人です。2期生という言い方をしていましたね。で、田さんが佐渡に残してきた太鼓を取りに行ってこい、という任務が与えられたわけです。いろいろ経緯があって別れた田さんと鼓童ですから、田さんの名代として佐渡へ赴く今福さんも緊張していたんじゃないでしょうか。で、佐渡についてみたら、吉利さんをはじめ初対面の鼓童メンバーが太鼓の運び出しを手伝ってくれた、というエピソードです。

不思議な縁、ですよね。わたしは、吉利さんと今福さんが宮城・大河原のえずこホールで公演したときに初めて今福さんの太鼓を聞いたのですが、二人がつくりだすあの楽しい空気にとても魅力を感じました。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2010年12月25日 (土) 10時40分

シスさん、解説ありがとうございました。今福さんのお話はそういう事だったんですね!w
お二人の作る世界、ほんとに魅力的でした。

投稿: coco | 2010年12月25日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「還暦を祝う会」箇条書きリポート:

« 財団に寄付しました | トップページ | プチ修(12/18) »