« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

芸術は爆発だっ!

きょうのGoogleホームページをご覧ください。

というわけで、きょうが岡本太郎生誕100年。「TARO 100 祭」@六本木ヒルズアリーナの日です。

3番手で登場する「サルガヴォ」のステージが17:00〜17:30。鼓童はその後、ステージ上でリハもやると聞いています。本番は19:00〜19:30。わたしは、遅くともサルガヴォの時間には行ってようと思います。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

ニュージーランド地震

メラニー(まだNZにいました)と家族は無事です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

大人の流儀

新潟・六日町の「龍言」で行われた小編成公演について、泊まり参加のkonちゃんが掲示板に詳しいリポートを載せてくれました。よだれが出そうなひとときだったようです。

画面右下のリンクから見に行けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

4.7星

北米班のバンクーバー公演に対するお客さんからの評価です。

英語ですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

六本木ふたたび

仕事の見通しがついたので、「TARO 100祭」(26日)に行けそうです。

鼓童の出番は午後7時からですが、その時間に行ったら超満員だったりするんでしょうかね? 昼ごろに東京に着く新幹線にしようと思っています。

あ、終わってからは「プチ」、やりましょうね。「一管風月」のときは、中華屋さんでしたが、今度は?

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

今度はオリヴィエ賞

砂畑好江さんの「Gnosis」での太鼓と踊りと唄。今度は、ローレンス・オリヴィエ卿の名を冠したOlivier AwardsのOutstanding Achievement in Danceにノミネートされました。

競い合う3人の中に、「Babel」出演の男性ダンサー関係者(コメント参照)の名前も。盛悟くんは、どっちを応援するんでしょうか?

発表は3月13日とのことです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

北米ツアー

バークレー在住の杉本さんから、今回も公演の情報をいただきました。

演目は次の通りです。

PROGRAM

Sakaki
 Choreography by Kenzo Abe
Stride
Chonlima
Miyake
Monochrome

INTERMISSION

Jang-Gwara
Sora
Kumo no Namiji
O-daiko
Yatai-bayashi

「三宅」のセンターは阿部研三さん/前田剛史さんだったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

八千代座ドキュメント

さっき終わったBS−TBS「関口宏のベスト・セレクション」。一度は廃墟同然になった熊本県山鹿市の八千代座を復活させた地元の人たちと坂東玉三郎さんとの20年間の足跡を追ったドキュメントでした。で、なんと八千代座での「DADAN」公演(2010年7月)の様子も紹介されました。

八千代座に興味があったので、番組を見始めたのですが、程なく松浦充長さんが映ってびっくり。これはもしや、と期待したら、期待通りだったのです。短時間ではありましたが、リハーサルや本番の舞台の映像が流れました。出演メンバーはもちろん、土橋さんや拓郎さんの姿も。

鼓童のサイトなどには何の告知もなかったので、とっても得をした気分です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

月刊「鼓童」’11新年号

充実してますねぇ〜。それもそのはず、結成30周年の年の第1号は通算300号でもあるのだそうです。ついでに、、、吉井盛悟くんは今年30歳。なので、宮崎正美さんは連載「サミーちゃん」が81話と中途半端であることを嘆いています。

4、5ページに公演日程。9〜11月はやはり西日本です。静岡、兵庫、岡山はそれぞれ2カ所ありますね。四国はまだ確定していないのでしょう、空白です。

12、13ページはカラー見開きの集合写真。大井良明さんの赤いパーカーが目立ちますが、わたしはど真ん中の石塚充さんの笑顔に思わず笑い返してしまいました。

23ページにあの感謝還暦枡が10名の読者に当たるプレゼント応募要領が載っていますよ〜。

そうそう、月刊「鼓童」とは別に、英文のKodo eNews2月号も公開されています。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »