« 2011年後半入り | トップページ | 三陸沿岸 »

2011年7月 3日 (日)

Kodo Beat 最終号

Kodo eNews 最新号にKodo Beat が休刊になるという告知が載っていました。最終号は通巻96号目になります。

Kodo Beatを読む楽しみは、なんと言ってもClose Upです。編集長のジョニ・ウェルズさん(通称ジョンさん)が取材・執筆を担当した、このメンバー紹介コーナーは、取り上げたプレイヤーやスタッフの誕生日から生い立ち、鼓童との出会いなど、興味深いエピソードが満載の読み物でした。最終号にはジョンさん本人が登場しています。

幸い、このClose Up は、Kodo eNews に執筆者ともども引き継がれるようです。ジョンさん、ひとまずご苦労さまでした。そして、これからも Close Up 期待しています。

|

« 2011年後半入り | トップページ | 三陸沿岸 »

コメント

>kodo beat

バックイシューも、見れるんですね!
ドンドン深みにはまって、10年近く昔まで飛んで行ってしまいました。
危うく帰って来れなくなる所でした。危ない危ない。
おかげで、、、今日のノルマもほど遠い〜(-_-;)

でも、見がい&読みがいがありますね。
新参者の私には、いろいろ勉強になりました〜。

なぁるぅほぉどぉ〜。ふむふむふむ。

仕事一段楽ついたら、あの本も買わねば!(^^)

投稿: hcoco | 2011年7月 5日 (火) 23時25分

Kodo Beat 最終号の Close Up がオモシロイです。鬼太鼓座との出会い、入座の誘いを断った訳、海外ツアーでのハプニング、智恵子夫人との電撃結婚、といったエピソードをユーモアを交えて披露しています。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2011年7月 6日 (水) 06時45分

Thanks for reading enews too!
Next issue, we'll have a new Kodo Close-up, too.

まだ登録していない方、ぜひsubscribeしてください。
http://clicks.skem1.com/signup/?c=5201&lid=1

よろしくおねがいします!

投稿: mel | 2011年7月 6日 (水) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kodo Beat 最終号:

« 2011年後半入り | トップページ | 三陸沿岸 »