« 心を残して | トップページ | 愛おしい時間 »

2011年8月27日 (土)

もちろん不完全燃焼(長文)

くどいようですが、2日目のお昼に帰る無念さ。これはね、ユーストリームの動画を見ても解消されないのです。それなのに、「えっ、シスさん、帰るんですかっ!?」と、わざとらしい突っ込みを入れてくるみなさま。あ〜、このブログのお陰でいい友達がたくさん

というわけで、すっかり遅くなりましたが、EC2011序盤だけの個人的な報告=前編=です。

18日。高速バスに乗ったら乗客が13人。例年と同じ木曜日の朝の便で、いつもは満席なのに。どうしてかな、という疑問を横っちょに置いて、4時間後に着いた新潟の万代シティバスセンターでは、昼食に名物の立ち食いカレー。初めて味わった「本物」は、食べたことがある「レトルト」より辛く、タマネギの形が残っていて、ずっとおいしかったです。

フェリーターミナルでは、「波の高さは2メートル」のアナウンス。ま、そのぐらいなら問題ないや、とジェットフォイルに乗り込みました。幸い、波による揺れはほとんどなし。順調に両津に着船しました。

佐渡のレンタカー佐渡はこれまで、トヨタ、佐渡汽船、オリックス、マツダを利用したことがありますが、今回は初めての駅レンタカー(JR)。Sサイズの禁煙車を頼んでおいたら、PASSOでした。確か、CMに加藤ローサが出ていたはず。

まずは真野へ。両津からの県道65号には真野の手前に両側が水田で道路がまっすぐな区間があります。わたしはそこにさしかかるといつも、「あ〜、佐渡に来たなぁ」とうれしくなります。新穂、畑野の街並もいいのですが、視界がぱっと開けて、開放感に満たされるのかもしれません。

この日の宿、伊藤屋旅館にチェックインして、すぐに車を小木へ走らせました。とりあえず、マーケット作りが始まっているみなと公園の前に駐車(あ、前を狩野泰一さんの運転する車が横切った。やっぱりここは佐渡だなぁ)。マリンプラザでは、ありこさんをはじめ旧知の人たちとおしゃべりし、HeartbeatProjectのこどうくんうちわを購入しました。外へ出て町をぶらついていると、城山からはリハーサルの音が。さあ、いよいよです。

この日の夕食は旅館でいただきました。声をかけたら、ロボ侍さんとsumiちゃん(設営のお手伝いで早々と佐渡入り)が付き合ってくれました。ありがとうございました。わたしひとりで佐渡のお酒を楽しんでしまったかもしれません。二人を見送ろうとしたら、なんと雨が、、、

翌19日はEC初日。早めに小木へ出発したいところですが、そうはいきませんでした。早朝に両津入りするkonちゃん、プリシラさん、この二人を畑野で拾う干菜さんと合流する約束だったからです。真野での待ち合わせ場所は、かつて金子竜太郎さんの奥様が経営していた「佐渡ペンション」の駐車場。旧「佐渡ペ」は、朽ちるとまでは言いませんが、廃墟の趣です。予定時刻に関しては伝説のコンビ、コンプリさんですから、じ〜〜〜〜っと待ちました。

小木に着いてからは、めまぐるしい展開。既に来ているはずの人たちと携帯で連絡し合いました(余談ですが、SoftBankの電波状況が大幅に改善されたという印象を持ちました)。日中に会ったのは順不同で、はっぱさん、ありえすさん、舞い王&舞姫さんファミリー、西の平田屋さん&早川太鼓のみなさん、cocoさん、鶴子さん、3人目のともこさん、メグさん。

城山では、あさじーさん、yoshikoさん&たたんさんとも再会です。そうそう、再会と言えば、開演前に客席部分の後方にいたバナナおぢさんを発見。最初の診断が肉離れだけで、アキレス腱断裂が見つからなかったことを嘆いていました。てっきり観客としてステージを観るんだと思っていたら、コンサートの最後に法被姿で登場してきたので大笑いしてしまいました。

城山コンサートの後は特別フリンジ「ダンスナイト」です。でも、その前にハーバーの藍ちゃんの店でお酒を飲みながら休憩。昨年から佐渡の人になったSさんら、店にいるのは仲良しばかりです。「ダンスナイト」はステージの後ろからのぞきました。若いメンバーに交じって幹文せんせいが存在感を発揮していましたね。
(続く)

|

« 心を残して | トップページ | 愛おしい時間 »

コメント

干菜です
こんにちは

Sysさん,そりゃ~時間守って到着なんて無茶です。

私の家と待ち合わせ場所の間にあるお店に,立ち寄りたいとkonちゃんの御希望です。
2~3年前に,裂き織の店にバッグの改造を依頼して預けたそうです。今年ついでだから,それを引き取りに寄りたいとの事でした。

Sysさんと会える前に,コンサートが始まらなくて良かった。

投稿: 干菜 | 2011年8月27日 (土) 15時28分

コンプリさんも、宇宙時間で暮らしてはるのねw
>2~3年前に
というのもスケールの大きさを感じます〜。

それにしても一週間経つのの早い事。。。

この調子だと、すぐに、12月公演で皆さんに再会することになりますね。

投稿: | 2011年8月27日 (土) 16時11分

すみません、名前書くのわすれました。

投稿: ↑あ、cocoでした | 2011年8月27日 (土) 16時14分

毎々お世話になっております。

あ~早く到着しないと鼓童パレードに間に合わない!!
と大きな勘違いをしておりまして。。。そこからが始まりです。
真野でお泊りのSysさん「誰でも乗せて行ってあげるよ!」って優しいお言葉をブログで発見!!!いち早く、バスの乗り換え場所で拾って欲しいとおねだりしました。勿論、桶の返事をもらい一安心。この日は慌てて行かなくても良いと知ったのは随分後のこと。桶をもらったので、Sysさんとドライブもいいかなぁ~とそのまま甘えることに。

出発の幾日か前にSysさんの使えの人から連絡をいただき、真野の前の畑野で拾ってくださるとのことです。
『畑野??確か…』車を積んで行かないと途中寄ることは不可能と思っていたお店です(バスの本数少ないから)が、そのお店のある三宮は通り道だからと桶をもらいました。あ~なんていう幸運でしょう。

待たせてはいけない!!と出発前には朝早くに寄りたいこと。立ち寄るだけの時間しかないことをお店に承諾してもらっていました。のに。。。「美味しいコーヒーが入っているわよ。」の甘い誘惑!!「でも…連れの者が…」思わず使者さんに「時間大丈夫ですか~?」「いいよ!」とあっさり桶です。確かに使者さん1人では入りにくいお店です。使者さん初体験のこのお店は鼓童や研修生のみなさんとも縁のあるお店で、最初に伺った時には写真など見せてもらいました。

Sysさんをどのくらい待たせたのか。。。
ごめんなさいです。
超特急で時間を進めたはずなのですが。。。

これが初スタート伝説!!
お陰さまで数年越しの願いが叶いました。
ありがとうございました。

投稿: konちゃん | 2011年8月29日 (月) 20時29分

遅れ遅れ馳せながら、18日夜の会席にご一緒させていただいたsumiです^^;
その節は、こちらこそありがとうございましたm(_ _)m

さて今回は、Sys様同様、途中退陣を泣く泣く決行した私ですが、この会席を初め、設営で一緒になった島内の方等に案内していただき、例年の設営期間内の行動範囲より、広く佐渡を楽しませていただきました(^-^)
こうやって、鼓童とSys様のご縁で、年々佐渡行きが面白くなるのがありがたいです。感謝感謝。木崎神社や幸福地蔵のぉ陰もあるのかな~

…でもやっぱり本祭半ばで帰るのって、辛いですょね~

投稿: sumi | 2011年9月11日 (日) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もちろん不完全燃焼(長文):

« 心を残して | トップページ | 愛おしい時間 »