« もちろん不完全燃焼(長文) | トップページ | 小木祭りも終わって、気がつけば9月 »

2011年8月28日 (日)

愛おしい時間

個人的、断片的なEC報告の後編です。

「ダンスナイト」の幹文せんせいとは、挨拶程度に話しただけでした。でも、考えてみれば6月、7月にも会ってるしね。横にいた盛悟くんに、「明日帰って、復興頑張るよ」と言ったら、急に神妙な顔つきしてました。

みなと公園から宿に戻り、1年ぶりの「シスの部屋」開設です。同宿の4人がわたしの部屋に来て、鼓童トーク、佐渡トーク。止まるわけがありません。白状しますが、、、、、「何時だと思っているんですかっ!!」と別室のお客さんにおこられました。解散時刻は2時半でした。

きのう書き忘れましたが、19日は、中央大学のジャズバンド「スウィング・スイカーズ」のフリンジを観にいきました。小島千絵子さんが特別出演するからです。実は、このバンドのドラムス担当が千絵子さんのお嬢さんの「なっちゃん」。お父さんの出身大学に行って、和太鼓じゃなくて洋太鼓(?)をたたいているなんて、面白い。もっと面白いのは、鼓童の菅野敦司さんが小木体育館の観客席でデジカメのシャッターを押しまくっていたことでした。「アースセレブレーション総進行」の仕事、じゃありませんよね。直裁な言葉を使えば「親バカ」、でしょうか。千絵子さんはキャリーバッグを引いてステージに現れ「どんな曲にも対応できるよう七つ道具を持ってきました」。もう爆笑です。踊りまくってバンドの若者たちを煽っていました。

さて、20日です。ゆっくり木崎神社に行ってみたら、みなさん既に色別カード(入場整理券)の列の前方にしっかり位置を確保していました。ちびくまさん発見。相変わらず早いなぁ。後で知りましたが、yoshikoさんは3日間連続して「赤」「001」という驚異的な成果を挙げたとのこと。ふぇ〜〜っ。

体育館のフリンジ一番手は午前10時の「侍チョップ!!」たくさんの楽器を使う2人組ですが、その1人は齋藤菜月ちゃんのお兄さん。英語でのMCを交えたパフォーマンスで独自の世界を表現していました。

体育館では、またバナナおぢさんと遭遇。激励やサインがたくさん書き込まれた足の装具に、わたしもひとこと書かせてもらいました。

フリンジで次に登場したのは、三宅島神着神輿太鼓。Ustreamの動画を見た人も多いでしょうね。その終了を待って、木崎神社を「鼓童パレード」が出発しました。昨年とは逆コースです。拍子木を打ちながら先導する藤本吉利さんの姿もUstreamがしっかりとらえていました。

パレードのゴールは木崎神社。一足先に着いたわたしの目に、社殿の前に佇む坂東玉三郎さんの姿が映りました。パレードと群衆が到着するころには見えなくなりましたが。

この後、木崎神社で上演された文弥人形「源氏烏帽子折」もフリンジの一つ。演じるのは昨年も参加した虫紋座の面々。人形の遣い手や太夫が知っている人たちなので、ドキドキしながら楽しみました。

同じころ(従って、わたし自身は観に行けなかったのですが)、みなと公園のハプニング・ステージには、岡山県真庭市から駆けつけた早川太鼓が登場していました。西の平田屋さんが所属しているグループです。2007年に埠頭セッションで一緒に演奏したこともある舞い王さんが今回、飛び入り参加しました。これもECならではの醍醐味&楽しさに違いありません。

そろそろ時間です。ハーバーにいた何人かに見送られて、わたしは小木を後にしました。途中、真野の「とんとん坂」という手打ち蕎麦の店で、ぶっかけそばの昼食。両津には午後2時すぎに着いて、ジェットフォイルで佐渡を離れました。

2日目途中で終わったわたしのEC。Ustream動画配信で、2日目、3日目の城山コンサートの様子を知ることができたのは、ありがたいことでした。でもねぇ、、、やっぱり、あそこにいることが大事なんです、ECは。演奏を観たり聴いたりするだけじゃないんです。風や空気、音、におい、景色、食べ物、そして再会した友人たちとのおしゃべり。帰ってきてしまうと、どれもが愛おしいのです。また戻りたくなるのです。

だから、未体験の方は来年、25回目のECに行ってみませんか?

|

« もちろん不完全燃焼(長文) | トップページ | 小木祭りも終わって、気がつけば9月 »

コメント

どのシーンも愛おしい。
うん、すごくわかります!
ステージではない、なんでもないシーンが、
頭に中で走馬灯のように、
ゆるりゆるりと回り続けています。

さっきもそんな一こまを、落描きして、
掲示板の方にはっちゃったとこです。

「スウィング・スイカーズ」に「侍チョップ」、
自分が見れなかったフリンジの事をあとで聞くと
ああ、しまったー!って思いますね。
どなたか写真アップして下さいーーー。

投稿: h-coco | 2011年8月28日 (日) 12時56分

今まで、何人もの友人に「また、佐渡!?」と言われたことか。
1度行くと、また行きたくなる魅力をどう伝えたらいいんでしょうかね?
海外から毎年来ている方々がいると思うと、距離は関係ない!映像を見て、「ん!」と思ったら来年は予定に…。
まあ、正直、少人数で秘密にしたい気持ちもありますが。

投稿: はっぱ | 2011年8月28日 (日) 13時15分

あの空間は格別なもの。わたしも今回で三回目のECで回数を重ねるごとに、再会する人が増え、小木の町もひとりで徘徊出来るようになってきました(笑)

早川太鼓社中との久しぶりのセッションも相変わらず皆さんの乗せ方が上手で楽しませていただきました。

投稿: 舞い王 | 2011年8月28日 (日) 13時41分

今年は本当に無念だったと思いますが、来年からシスさんがどう動くのか楽しみです!注目しております。

投稿: 鶴子 | 2011年8月29日 (月) 00時28分

どーにかこーにか来年はEC参加してみたいなぁ。

みなさんの感動を私も味わえますように…。

投稿: 鱗(うろこ) | 2011年8月29日 (月) 00時59分

パレード出発前には体育館前から町方向に歩く坂東玉三郎さまの姿がありました。パレードの始まりは山車ではなく玉三郎さまだったのでしょうか??

最終日、城山では「侍チョップ!!」のお兄さんがマスオ☆彡さんの横に居られました。ご両親と思われる方々も…

投稿: konちゃん | 2011年8月29日 (月) 21時01分

>鱗(うろこ)さん

おいで、おいで。絶対に後悔はしません。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2011年8月29日 (月) 23時37分

>Sysop(シスオペ)さま

ECのこと全くわからなくて「色別カード??」って状態です(笑)

来年に向けていろいろ教えてくださいませ♪

投稿: 鱗(うろこ) | 2011年8月31日 (水) 00時12分

鱗しゃん

色別カードは、城山コンサート会場に入る際の整理券です。自由席なのでみんなが一斉に押し寄せたりしないように、5人ずつ順番に入れるんですね。赤の一番ってのはまさに一番なんです。一色で200番位あるのかな?赤の次の青だと一番でも201番って事になります。

少しでも前の番号を得る為に、熱心なファンは朝早くから(実際は夜中からです)整理券配布する木崎神社前に並ぶんですよ。

すべてがEC特別感に満ち溢れてます。
本当に楽しくって行って絶対に後悔しないイベントだと思いますよ。保証します!!!

是非来年は参加してみてください〜。


投稿: h-coco | 2011年8月31日 (水) 09時32分

多忙な委員長に代わって、私が回答させていただきました〜(^o^) へへへ

投稿: 暇じゃないけど遊んでるcoco | 2011年8月31日 (水) 09時37分

おぉ、cocoちゃん、ありがとう!

投稿: Sysop(シスオペ) | 2011年8月31日 (水) 21時11分

h-cocoさん

丁寧に教えてくださってありがとうございます(^-^)/

鼓童つながりのお友だちが少ないので、そーゆー場所に行くと心細さで挙動不審になりそうです(笑)
公演もほとんど一人で行っていますし。

でもいつか佐渡に行ってみせます

投稿: 鱗(うろこ) | 2011年9月 2日 (金) 19時21分

皆々さま

今年のECも楽しんでいただけたでしょうか。

しかしまあ、ECのお客様もゲストの面々もみんなタフでしたねえ。
雨に濡れながらも、誰一人動こうとしなかった城山会場前列辺りの皆さんの笑顔に、ずいぶん励まされたものです。

今回面白かったのは孤の会のシーン。
平胴のソロで、客席から元気な手拍子が沸き起こりましたね。
創作とはいえ、お客さんの手拍子で日舞というのは始めて目にしました。
国立劇場や新橋演舞場では、決して有り得ない光景です。
師匠たちもかなり張り切っておりました。

心に残ったのがラアーナイー・ファミリーのシューレイシュ(ご長男)。
打ち上げ終了時に、「日本住みたい。日本の女性と結婚したい」と、やや真顔で駄々をこねてました。
その時の、悲しそうな寂しそうなはにかんだような彼の目が忘れられません。

それにしても、シスさんのレポートはいつもながら緻密というかなんというか、凄いですねえ。
(特に今回は)行間から「執念」のようなものが滲み出ております。

とにかく皆さんお疲れさま。
そして、ありがとううございました。

投稿: 太鼓?ちょっとだけよ | 2011年9月 3日 (土) 01時22分

>ちょっとだけよ、でも歌は歌っちゃったおぢさん

城山、体育館、そして木崎神社でお会いできて嬉しかったです。わたしも悔しかったけど、おぢさんはもっと悔しかったことでしょう。秋ツアーで爆発させてくださいませ。

12月もよろしくお願いします。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2011年9月 3日 (土) 13時38分

i bet he is
笛が本業のおぢさんではないでしょか?

なんとなく、文体で・・・

シスさんが正しかったら、
次のECで藍ちゃんとこのかき氷おごります。
反対だったら、おごってね。

(^_-)-☆

鱗さん
大丈夫ですよぉ。
まずは12月修学旅行いかがですか?
友達沢山できますよ♡

投稿: h-coco | 2011年9月 3日 (土) 13時54分

そういやそうか。旅先で小さな画面で読み流してると、こういう間違いを起こすってことだね。ゴメンなさいませ、太鼓打ち姿をわたしは後ろからしか見られなかったちょっとだけ太鼓の笛吹きさま。一瞬でもお目にかかれたので、心おきなく佐渡を去ることができました。

というわけで、わたしはまだ信州•上田におります。

投稿: Sysop | 2011年9月 3日 (土) 14時09分

h-cocoさん

私…ハンパじゃない人見知りです(笑)

でも参加してみたいです!
お友だちになってください♪

投稿: 鱗(うろこ) | 2011年9月 3日 (土) 15時42分

シスさん

ふふ、
私も一瞬どちらだろ?って思ったんですけど、、、
文体もそうですが、
長男のくだりの視点が明らかに拾い物目線w 

鱗さん

人見知りさんですか。
でも12月の修学旅行て、
旦那様と来ても、お友達と来ても、
くじびきで席決めるんで、
同伴者とバラバラになっちゃうのですよ。
なので私も最初は泣きそうな位ビビったけど、
みんなほんとに優しいし楽しいし、
大丈夫。
勇気がいるのは最初の一歩だけです。
その一歩からいっぱいいっぱい広がっていきますよ。

投稿: h-coco | 2011年9月 4日 (日) 00時42分

>h-cocoさん

シスさんにおごってもらえますよ。


>鱗さん

ぼくも人見知りする方なので(本当です!!)、一回目の修学旅行などは多少の不安を覚えましたが、ほとんど瞬間解凍。
すぐに馴染めました。

大丈夫。

投稿: もとふみ | 2011年9月 4日 (日) 09時45分

>もとふみさん

反省して実名で出てきましたね。よろしい、許してあげましょう

せんせい、秋ツアーも参加と聞きました。体調管理にくれぐれもお気をつけください。

>鱗さん

人見知りのせんせいが「大丈夫」と言っているのですから、大丈夫です。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2011年9月 4日 (日) 11時14分

> シスさん

便乗して…私にもかき氷おごってください(笑)

> もとふみさん

私は今、モーレツに感動してます!(笑)

もとふみさんの笛の音に心が震えて…2ヶ月前から篠笛習い始めたんです♪
コメント嬉しかったです!

みなさんが大丈夫って言ってくださったので、ぜひ参加させてください。

投稿: 鱗(うろこ) | 2011年9月 5日 (月) 00時42分

>鱗さん

おお、篠笛を習い始めたのですか。
焦らず慌てず、ゆっくりと進めて下さい。

来年のECでも蘭情さんのワークショップ&展示会を行う予定です。
何とかナビゲーターを務めるようにしますので、ぜひご参加を。

投稿: もとふみ | 2011年9月 5日 (月) 10時21分

> もとふみさん

はい。
日々精進。

来年のECまで毎日練習します♪

せんせいにお聞きたいこと、お話ししたいこと…たくさんあります!!

投稿: 鱗(うろこ) | 2011年9月 5日 (月) 22時34分

h-cocoさんの

>長男のくだりの視点が明らかに拾い物目線w 

で、ハッと気づいて「世間のヒロイモノ」をチェックしたら、2月10日「小人閑所(東京)」以来、更新されていませんでした。以上、報告終わり。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2011年9月 5日 (月) 22時54分

あ、でもこれは、せんせいが悪いのではなく、管理人さんがサボっているのかもしれません。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2011年9月 5日 (月) 22時55分

>Sysopさん

三月のことで躊躇したり、ツアーにエネルギーを吸い取られたりと、何だかんだで書けませんでした。

もうすぐアップしますからね〜。

投稿: もとふみ | 2011年9月 6日 (火) 09時34分

>もとふみせんせい

そうだったんですか。お気遣いくださったんですね。ありがとうございます。

アップ、楽しみに待ちます。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2011年9月 6日 (火) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛おしい時間:

« もちろん不完全燃焼(長文) | トップページ | 小木祭りも終わって、気がつけば9月 »