« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月30日 (日)

やっと「朱鷺島」を観ました

きのう(29日)、仙台で上映会がありました。会場の「能BOX」は、ミニ能舞台(1辺が3間ではなく2間半)のあるイベントスペースで、スクリーンはその能舞台の上にセットされていました。

「朱鷺島」は2006年夏に佐渡・相川の春日神社能舞台で初演された創作能「トキ」の制作過程を追ったドキュメンタリーです。「トキ」を創作した観世流能楽師の津村禮次郎さん、舞台に参加した鼓童の藤本吉利さん、花結の藤本容子さん、小島千絵子さん、金城光枝さんらが登場します。

映像は演じる人たちや裏方の島民たちの姿を時系列に沿って淡々と映し出します。実は、春日神社の能舞台は明治初期に老朽化してなくなっていたのですが、地元住民らの努力によってこの年の4月に再建(羽茂から移設/改修)されたばかり。地域によみがえった能舞台と住民との新しい付き合いを、雨戸の開け閉めの様子を丁寧に映すことで象徴的に描いています。81分の作品ですが、あっという間に終わった感じでした。

監督の三宅流さんの最新作は「究竟の地」というタイトルで、岩崎鬼剣舞の1年間を追った内容とのこと。仙台では12月に上映会があります。岩崎鬼剣舞といえば、吉利さんの佐渡鬼剣舞の本家筋にあたります。「究竟の地」もぜひ観たいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

プチ修@浅草の「佐渡」

10月22日、浅草地下街の「だっちゃ」に集まったのは、sumiさん、yoshikoさん、tatanさん、はっぱさん、そしてわたし。途中、わたしの元同僚(佐渡・畑野出身)が加わり、さらに終宴間近の段階で、同窓会に出席していた鶴子さんが駆けつけました。

さて、その「だっちゃ」。広いとは決して言えないお店は、カウンターに椅子が3つ。ここは店主の喜多村さやかさんとおしゃべりできる特等席なのでしょう。通路側にドラム缶のテーブルが3つ。わたしたちには、このうちの2つが用意されていました。

店を一人で切り盛りしている喜多村さんは、両津出身の女性です。壁面は、佐渡の酒と肴を書いた紙がびっしり。お酒は佐渡の全蔵元の多彩な銘柄がそろっています。とにかく、佐渡出身者や佐渡好きにはたまりません。この日は、佐渡から上京していたという喜多村さんの小学校の恩師まで来店していました。

わたしたちの料理はお任せで頼んでいました。いごねり、あらめの煮つけ、鯖刺身、そうだ鰹、イカ刺身、「へんじんもっこ」サラミ(?)etc.、旬のものが出てくる、出てくる。当然、お酒も進みます。そのうち、隣のテーブルとも交流が始まったり、だんだん何だか分からなくなってきました。

とはいえ、話題はもちろん、鼓童がメインです。そうそう、yoshikoさんが秋田竿燈の太鼓打ちとしてカミングアウトしましたね。鶴子さんが合流してから、さらにもう1軒ということになって、結局、夕方6時から3時近くまで、時間的にはまったくプチじゃない楽しい夜となったのでした。おしまい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

ぶんきょう交流公演

ツイッターに情報が一部流出していますが、、、bleah

わたしは、てっきり大ホールだと思っていたので、チケットは当日でも大丈夫だろうと考えていたら、これが大間違い。371席の小ホールでした。幸い前日にシビックセンターに立ち寄る時間があったので、残り少ないチケット(最後列)を買うことができました。

この小ホール、ステージが一番下にあります。プレイヤーから見れば、目の高さの遥か上まで観客席です。千里馬を演奏している時、わたしは4人(真弥、一樹、麻梨子、剛史)の目線を観察していました(笑)。

演目は「Vanguard」「千里馬」「豊田音頭(佐渡民謡)」「Jang-Gwara」「三宅」「楽器紹介&デモンストレーション」「鬼剣舞」「大太鼓」「太鼓体験コーナー」「屋台囃子」「空 SORA「アンコール)」。

ツアーとの大きな違いの一つは、プレイヤーがたくさん、しゃべること。交流が目的ですから、親しみを感じてもらえるような演出になっています。太鼓体験コーナーでは、希望者から選ばれた16人の中に、ありえすさんがいて、ステージ真ん中で力強いばちさばきを見せてくれました。筋肉痛が心配です。ばちと言えば盛悟くん、三宅のセンターでばちをクルクル回していました。あんなの初めて見ました。

たっぷり2時間。客席には小さなお子さんが目立った公演でしたが、親子で楽しんでもらえたのではないでしょうか。

実は、この前日に浅草で強烈なプチ修があったために体調が完全とは言えなかったわたしは終演後、早い時間の新幹線で仙台に戻ってきました。「夜の部」を期待していたみなさん、ゴメンナサイ。プチ修報告はあす以降に。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

今泉さん

「一管風月」のギタリスト、今泉孝文さんです。

研ぎ師に加えて、最近では庭師もやっています。

今年のECでは、狩野泰一さんと共演したライブで聴衆に強い印象を与えましたね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

岩田守弘さん

モスクワのボリショイ・バレェで唯一人の日本人ソリストである岩田さんが、今シーズンで退団する、と報道されました。岩田さんは、自ら振付を担当している「侍」という作品で鼓童の音楽を使っています。

岩田さんのブログによると、41歳ながら既に年金があるというのです。国立劇場のソリスト/アーティストとして15〜20年勤務すると受給資格ができるとのこと。舞台芸術を保護するロシアらしい伝統なのでしょうか。あるいは、育てた優秀なアーティストが亡命してしまうのを恐れたソ連時代の政策の名残なのでしょうか。

それはともかく、フリーになる(?)岩田さんをゲストとしてECに呼ぶなんてどうだろう、と空想しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

12月18日に「修学旅行」

お待たせしてスミマセンでした。恒例の12月「修学旅行」は東京公演最終日の終演後に決行します。

ただし、時間、会場など詳細はこれから決めます。鼓童メンバーは翌日が移動日なので、プレイヤーやスタッフの何人かが顔を出してくれたとしても、早めに切り上げることになると思われます。そのことはご理解ください。

現段階でのわたしのイメージでは、「修学旅行」本番は午後8時から10時までの2時間とし、有志は7時ごろから会場で予行演習と準備を始めている、という感じかな。時間は前倒しになる可能性もあります。

さて、青山近辺で会場を押さえなければっ! 副委員長殿、(青山には詳しくなさそうだけどbleah)ことしもお力添えを頼みます。みなさんからの会場推薦や進め方のアイデアも歓迎します。

人数を把握したいので、年末の予定が決まったら早めにコメントで参加表明をお願いします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

邦楽ジャーナル10月号

特集が「対談 老舗プロ集団の今と昔:日本音楽集団(宮田耕八朗)×鼓童(山口幹文)」です。

わたしは、せんせいの言葉にとても共感を覚えます。「邦楽ジャーナル」は書店や和楽器の店にあるので、ぜひご覧ください。

また、この特集のサイド記事で、芸術監督と新代表の就任を紹介しているのですが、その中で船橋裕一郎さんが副代表になったとも書かれています。知ってた?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

好江さん、おめでとう!

阿部(砂畑)好江さんがきょう、女の子を無事出産しました。
好江さん、研三さん、おめでとうございます!!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »