« さどの秋 | トップページ | LIFE-mag. »

2012年10月27日 (土)

 12月の「修学旅行」について

例年なら、とっくに開催の告知をしている時期になっています。

今年(から)は、これまでのように鼓童メンバーが大勢参加してファンと交流する形の修学旅行を実施するのは難しいかもしれません。どんな形でできるのか、検討しています。

もちろん、12月の東京公演に足を運んだファン同士が終演後に鼓童トークを楽しむ場としての「修学旅行」は、続けたいと思います。千秋楽の24日はある程度の規模になるでしょうから、会場を押さえる必要もあります。

できるだけ早く、具体的な内容を決めますので、いましばらくお待ちください。

|

« さどの秋 | トップページ | LIFE-mag. »

コメント

はじめまして

いつも、ブログを楽しみに拝見させていただいております。

もちろん 鼓童のファンですが、田舎に住んでいるので、なかなか公演に行く事が出来ないので、このブログでいろいろな地域の方々の公演の感想をお聞きする事が出来て とても嬉しいです。
また 鼓童メンバーの舞台上以外の様子や、スタッフの方を知る事が出来るのも魅力です。

しかし、今日のブログで 今年からはメンバーとファンの交流が出来ないとの事。

毎年、もちろん自分は参加出来なくても、楽しそうな様子やファンを大切に思って下さっている様子を拝見して、舞台だけではなく 暖かな気持ちにさせていただいていたのですが、とても残念です。
どんなご事情なのでしょうか?

投稿: | 2012年10月27日 (土) 14時50分

芸術監督氏の意向が強いのだと思います。
主催する委員会にも同じことが。。。

集う中からファンや巷の評価を拾い上げることも大切な時間とも思えるのですが???直接の意見交換の場(酔っ払いの本音)ってなかなか貴重と思いますよね。


投稿: mukki | 2012年10月28日 (日) 01時20分

坂東玉三郎さんは、舞台を第一に考える方なのです。責任を持つ立場としては当然のことです。

ファンに満足してもらえる舞台を務めるために、プレイヤーは常にコンディションをベストに保たなければならないーーそういう視点から、体調管理に関するいくつかの方針が示された、と聞いています。併せて、プレイヤーたちの負担を軽減するためにさまざまな手助けや工夫を持ち込んでくれたという情報も伝わってきました。

「修学旅行」に関しては、鼓童としての何らかの態度が示されたわけではありません。基本は個人の意思での参加なわけですし。それでも、いろいろな変化を感じる中で、昨年までと同じにはできないかな、と主宰者が個人的に判断している段階です。

オフ会や打ち上げなどへの参加に舞台人の自覚と一定の節度を求めているのだろう、とわたしは受け止めています。ファンとの交流を否定しているわけではないはずですから、そこは誤解のないようにお願いします。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2012年10月28日 (日) 12時00分

はーい楽しみに待ってまーす

投稿: 鶴子 | 2012年10月28日 (日) 14時38分

私も待ってます! きっと、他の日にもプチがあることでしょう(^O^)

投稿: はっぱ | 2012年10月28日 (日) 17時54分

私も楽しみにしてますよー!
生徒だけになっても、もちろん参加します!!!

投稿: h-coco | 2012年11月 1日 (木) 16時46分

副委員長さんとは
・24日(月・祝)午後6時から
・たかの家
の線で準備を進めようということになりました。

鼓童塾の忘年会は22日(土)のようです。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2012年11月 1日 (木) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  12月の「修学旅行」について:

« さどの秋 | トップページ | LIFE-mag. »