« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月28日 (水)

一管風月コンサート

わたしたちが敬意を込めて「せんせい」と呼んでいる山口幹文さんの「一管風月」コンサートが12月中旬、新潟県内の2カ所で行われます。16日(日)の燕市での公演は、大山治郎コレクション美術館という素晴らしい空間での開催で、弥彦村のkonちゃんやプリシラさんが協力しています。

2012_2

アルバムではギターとピアノと唄、この夏のECではキーボードを伴った「一管風月」でしたが、今回はチェンバロ(佐藤世子さん)との共演です。

開場は15:00、開演は15:30、チケットは3,500円です。問い合わせは、佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)=佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)Tel. 0259-86-2320、Fax. 0259-86-2385=まで。15日(土)の新潟市・砂丘館でのコンサートとワークショップについての問い合わせも、たたこう館へどうぞ。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

オークション2012

どれだけ出品できるか心許ないのですが、今年も修学旅行の際に鼓童グッズ・オークションを実施します。売り上げの全額を鼓童文化財団に寄付します。

いま、私の手元にあって、出せそうなものは、、、

「佐渡の鼓童」(太田順一・ブレーンセンター)
「鼓童 KODO」(星野小麿・日本芸術出版社)※2冊あります
VHSビデオ「鼓童」(ソニーレコーズ)
イヤーブック・パンフレット類

といったところです。もう少しあると思いますので、情報更新にご期待ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

容子さんの言葉

月刊「鼓童」11月号、藤本容子さんの「心の声の導くままに〜うたと鼓童と私のこと」に感動しました。ぜひ、多くの人にじっくりと読んでほしい。

編集後記でも4人が、容子さんに対する感謝と賞賛の言葉を連ねています。洲崎純子さんが触れている1993年4月号を引っ張りだしてみました。10ページに及ぶ「開かれた共同体を目指して」という特集は素晴らしい内容で、「鼓童」であることの意味を確認しながら前に進もうとしている真摯な姿勢が伝わってくるとともに、編集者としての容子さんの並々ならぬ力量を感じます。

太鼓・笛・踊りの技術レベルが「鼓童」なのではなく、「生き方」こそが「鼓童」なのだ、とあらためて思いました。これからも、「鼓童」を体現する一人としての容子さんの活動に期待しましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

修学旅行2012

次の通り開催します。コメントで出席表明お願いします。締め切りました。

日時:2012年12月24日(月・祝)午後6時〜
会場:いごこちDINING たかの家(水道橋)
   東京都文京区本郷1-15-2 三澤ビルB1
   http://r.gnavi.co.jp/g220006/
会費:5,000円を予定

会場は一昨年と同じです。開始時間は例年より早くなっています。

| | コメント (34) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

トーク齊富、終演後の報告

わたしは2日目と千秋楽、つまり11月10日(土)、11日(日)を観ました。富田和明さんが35年前、そして齊藤栄一さんが30年前に佐渡で「鬼太鼓座」の門を叩いてから、35年後の未来までの自分たちを演じながら、太鼓演奏もたっぷり聴かせてくれる舞台でした。途中、二人の掛け合いに爆笑の連続です。この二人にしかできない太鼓エンターテインメントと言えるでしょう。

2日目は、このブログのたくさんの仲間たちに会うことができました。北海道から道産子親父さん、新潟からはkonちゃん、プリシラさん、ありこさんも来ていました。終演後は地下鉄「住吉」駅に近い秋田郷土料理の店「男鹿半島」でプチ修。残念なことにkonプリのお二人は、帰りの新幹線に乗り遅れてはならないという固い意思と賢明な判断に基づき、参加できませんでしたが、14人が参加しました。テーブルにはもちろん、鰰(はたはた)ときりたんぽ鍋も登場。秋田出身のyoshikoさんがうれしそうでした。

千秋楽に会ったのは、3人目のともこさん、yoshikoさん&tatanさん、cocoさん、元締めさん。終演後、SIMEJIさんに声を掛けていただきました。「これから、あるんですか?」とプチ修の有無を聞かれたのですが、この日はトーク齊富の出演者とスタッフとの打ち上げがあり、わたしはそちらに参加させていただくことになっていたので、SIMEJIさんと杯を交わす楽しみは12月までお預けということになりました。

打ち上げですが、最後は参加者全員が手をつないで、栄一さんが6年前に作曲し、富田さんが今回の公演のために作詞した「あかね雲」栄一さんが6年前に作詞・作曲し、今回の公演のために富田さんと二人で新バージョンにした「茜雲」を歌ってお開きでした。

さて、次回の「トーク齊富」は何年後に実現するのでしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

忙中お見舞い

バナナおぢさんです。
オーストラリア、カナダの旅を終えたと思ったら、直ちに鼓童塾に突入。それも明日までですが、今度はトーク齊富(9〜11日・東京ティアラこうとう小ホール)が待っています。
バナナおぢさんの大好きな寒さも到来です。
元気なおぢさんを観に、わたしも来週末は上京します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »