« 修学旅行2012 | トップページ | オークション2012 »

2012年11月14日 (水)

容子さんの言葉

月刊「鼓童」11月号、藤本容子さんの「心の声の導くままに〜うたと鼓童と私のこと」に感動しました。ぜひ、多くの人にじっくりと読んでほしい。

編集後記でも4人が、容子さんに対する感謝と賞賛の言葉を連ねています。洲崎純子さんが触れている1993年4月号を引っ張りだしてみました。10ページに及ぶ「開かれた共同体を目指して」という特集は素晴らしい内容で、「鼓童」であることの意味を確認しながら前に進もうとしている真摯な姿勢が伝わってくるとともに、編集者としての容子さんの並々ならぬ力量を感じます。

太鼓・笛・踊りの技術レベルが「鼓童」なのではなく、「生き方」こそが「鼓童」なのだ、とあらためて思いました。これからも、「鼓童」を体現する一人としての容子さんの活動に期待しましょう。

|

« 修学旅行2012 | トップページ | オークション2012 »

コメント

FBの癖でついつい「いいね!」ボタンを探してしまします・・・

「生き方」こそが鼓童!
そうですね。
生き方=スピリット ですね。

でその核がしっかりしてたら、
何やっててもこちらはと〜っても安心して見られます。


(^_^)

投稿: coco | 2012年11月15日 (木) 12時13分

今年の新生鼓童に心配や不安、怒り、といった自分で悶々と抱えていた感情も、容子さんと純子さんのお陰でス〜っと楽になりました。
本当に有り難い存在!
千絵子さんにも癒されっぱなしだし、女性の愛の力ってとてつもないなぁ…

投稿: 鶴子 | 2012年11月15日 (木) 17時29分

いいねボタン…いいねボタン…凸

投稿: す | 2012年11月26日 (月) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 容子さんの言葉:

« 修学旅行2012 | トップページ | オークション2012 »