« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月26日 (水)

いろいろあったね、2012!

2次会のお開きは25日午前3時30分ごろだったでしょうか。今年の修学旅行も、楽しい時間が長〜〜く続いたのでした。おぼろげな記憶をたどると、、、

仔細あって(これ、「日本橋」に何度も出てくる台詞です。笑)、開始時刻は24日の午後6時30分に繰り下げました。仔細あって、お店にはその他にも、3時間への時間延長、オークションの出品物展示スペース確保などをお願いしました。この辺の融通が利くのが、「たかの家」さんを利用するメリットです。

世間はクリスマス・イブ。かいちょ〜さんがスパークリングワインを差し入れてくれたので、わたしたちも、だれかが到着するたびに、「メリー・コドー!」という意味不明の乾杯を繰り返しました。苫小牧の道産子親父さんからは、北海道のお菓子が届けられました。かいちょ〜さん、道産子親父さん、ありがとうございました。

今回の初参加者はSIMEJIさん。積極的に多くの参加者と言葉を交わしていました。楽しんでいただけたでしょうか? 会場から「え〜っ」と声が上がったのは、サトコさんが来春から佐渡に住むことが分かったときでした。

オークションは、落札価格の総額が32,510円でした。Tシャツや写真集など一番多く落札したのはyoshikoさんでした。参加できなかったkikuさん提供の日本酒「空」は、かいちょ〜さんがゲットしました。kikuさん、ありがとうございました。キリのいい35,000円にして、「鼓童ウェブログ修学旅行」の名前で近日中に鼓童文化財団に寄付します。

オーストラリア留学を前に忙しい日々を送っているメラニー・テイラーさんが出席してくれたことを報告しなければなりませんね。わたしたちから、感謝の気持ちを込めて、ささやかな記念品を贈りました。

昨年に比べると規模は小さくなりましたが、いつも以上に熱い鼓童トークが炸裂した修学旅行でした。参加者のみなさん、ありがとうございました。そして、いろいろな事情の中で、ひょっこり顔を出してくれた鼓童の方たちにも、心から感謝します。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

オークション2012・リスト

売上金全額を鼓童文化財団に寄付するオークションの出品物リストです。現物は「修学旅行」当日、会場に展示しますので、状態などをご確認ください。
■スタート価格=500円
(1)TシャツA 黒/半袖/2000年海外ツアー用?
(2)TシャツB 黒/長袖/2004年海外ツアー用?
(3)TシャツC オレンジ/半袖/鼓童ギャザリング用
(4)イヤーブック2004
(5)イヤーブック2007
(6)イヤーブック2008
■スタート価格=700円
(7)イヤーブック1988
(8)イヤーブック1996 
(9)イヤーブック1997 ※書き込みあり
(10)年間活動報告2011
   (サイン入り=幹文さん、栄一さん、武志さんほか)
(11)「うぶすな」2009年公演プログラムA  ※有料販売品
(12)「うぶすな」2009年公演プログラムB  ※有料販売品
■スタート価格=1,000円
(13)写真集「佐渡の鼓童」(太田順一・ブレーンセンター)1989年
(14)写真集「鼓童 KODO」A(星野小麿・日本芸術出版社)1985年
(15)写真集「鼓童 KODO」B(星野小麿・日本芸術出版社)1985年
(16)鼓童叢書1「佐渡のたらい舟」(鼓童文化財団)2003年
(17)「いのちもやして、たたけよ」A(鼓童文化財団)
(18)「いのちもやして、たたけよ」B(鼓童文化財団)
(19)VHSビデオ「鼓童」(ソニーレコーズ)
■スタート価格=1,500円
(20)日本酒「空」

高額落札者には、過去のパンフレットなどの「おまけ」を用意しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

来年前半も盛りだくさん

月刊「鼓童」12月号が届きました。特集は年末恒例の研修所。1年生は男性だけなんですね。卒業発表会が近づいている2年生が思いを綴っています。
更新された公式サイトにも出ていますが、2013年は元日のテレビ出演(NHKと新潟総合テレビ)に始まって、アメリカ・ツアー、パリ・オペラ座「輝夜姫」の他に、熊本・宇土の特別公演や岡山・倉敷の和太鼓コンサート、新潟・聖籠町の太鼓フェスティバル、そして文京シビックでの交流公演など、3月までのスケジュールがぎっしり。
4月以降も、ARTE Y SOLERAとの再共演、ワン・アース・ツアー「伝説」を締めくくる浅草公演と充実しています。

月刊「鼓童」と一緒に届いた「年間活動報告2012」。プレイヤーのプロフィールが、なかなか興味深いですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

メラニー、ありがとう!

スタッフのメラニー・テイラーさんが来年早々、日本を離れます。Kodo eNewsを読み進めていたら、「in brief」の欄に書いてありました。
翻訳/通訳の勉強をするために、オーストラリアの大学に留学するとのことです。
メラニーは、わたしたちファンとの交流を本当に大切に考えてくれて、メンバーとの架け橋にもなってくれました。Kodo eNewsの仕事はメルボルンで続けるそうですが、公演会場や佐渡で、あの笑顔を見ることはできなくなります。寂しいですが、メラニーのキャリア・アップを応援したいと思います。
メラニー、これまでいろいろありがとう!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

おいらせ町和太鼓フェスティバル(12月9日)

急に思い立って、おいらせ町まで足を運びました。東北新幹線八戸駅で青い森鉄道に乗り換え、2つ目の下田駅が最寄り駅。会場の体育館までは歩いて15分ほどでした。
被災地から2団体=山木屋太鼓「山猿」(福島・川俣)、氷上太鼓(岩手・陸前高田)=、次いで地元・おいらせ町の2団体=王将太鼓、胡蝶蘭舞=の演奏があり、休憩の後が鼓童(山口幹文、船橋裕一郎、小田洋介、内田依利、箕輪真弥)のステージでした。
演目は次の通り。
1.祈り(山口、船橋)
2.明けの明星(内田、箕輪)
3.三宅(船橋、小田)
4.雷光(内田、箕輪)
5.ミリャンアリラン(山口、船橋)
6.はなあかり(内田、箕輪、小田)
7.hotaru(山口、船橋)
8.大太鼓(小田)
9.屋台囃子(全員)
初めて聴く曲、初めて見る組み合わせばかりで、最初から最後までたっぷり楽しみました。少人数編成での苦労があったと思われますが、鼓童らしさを失わずに、見せ方、聴かせ方の幅を広げた見事な演出(小田洋介)だと思いました。洋介くんは歌(「木遣り」じゃありません)も披露したんですよ。
アンコールには、久々の「彩」。出演した全団体の演奏で幕を閉じました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

さぁ、12月!!

きょうは坂東玉三郎特別公演「日本橋」(東京・日生劇場)の初日です。
「ワン・アース・ツアー2012〜伝説」の12月公演は5日にアミューズメント佐渡で幕を開けます。その後、新潟、愛知、広島、兵庫、神奈川、そしてクリスマスの東京へ。「修学旅行」への参加表明はお早めにどうぞ。
9日には青森・おいらせ町で行われる震災復興祈念の和太鼓フェスティバルに、5人のユニットが出演します。
同じ9日の夜23:30からは、MBS毎日放送の「情熱大陸」(TBS系)が必見です。坂東玉三郎さんを密着取材したドキュメンタリー。佐渡や鼓童もたっぷり。「日本橋」に抜擢された齋藤菜月さんも登場します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »