« 出航祭に大満足 | トップページ | 黄金週間スタート »

2013年4月15日 (月)

財団の新しい方針

友の会会員には鼓童文化財団の年次報告が届いていると思います。

2013年度の新たな取り組みとして、研修制度の見直しと研修所の整備が掲げられました。閉校になった深浦小学校校舎を活用した「地域づくり」スタッフ研修制度開設に向けた準備が始まるとのことです。「プロの和太鼓演奏家グループ」というだけであるなら、鼓童が佐渡にいる意味はありません。創設の原点を思い返しながら、いまの役割を見極め、担っていく。財団の活動はその軸となります。

このブログでは、一昨年、昨年と年末にオークションを実施し、売り上げ金全額を「ウェブログ修学旅行」として財団に寄付してきました(昨年分は入金が今年始めになったため、2012年分報告に記載されていません)。これからも、舞台の応援と併せて、財団の活動をできる限り支援していきたいと思います。

|

« 出航祭に大満足 | トップページ | 黄金週間スタート »

コメント

研修所の太鼓が直せないと知ってしまったら、見て見ぬふりは出来ません(笑)

少しだけ…(^o^)v

投稿: 鶴子 | 2013年4月19日 (金) 05時47分

>Sysopさん
いつも当財団を応援して下さってありがとうございます。
新体制のもと、これまで以上に広く深く実のある活動を進めて行く所存です。
年末オークション、今年は何か出品するつもりです。
高値を付けて下さい。

>鶴子さん
うあぁ、エラいことを知られてしまった。
研修生の育成にもちゃんと力を入れていきますからね。
寄付の多寡に関わらず、そのお気持ちが嬉しいです。
ありがとうございます。

投稿: もとふみ@佐渡は花冷え | 2013年4月19日 (金) 23時28分

>せんせい

私がドキドキしちゃう様なプレイヤーの発掘・育成を、どうか宜しくお願い致します!

投稿: 鶴子 | 2013年4月20日 (土) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財団の新しい方針:

« 出航祭に大満足 | トップページ | 黄金週間スタート »