« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月17日 (月)

テレカ

久しぶりに3枚セットで入手しました。いずれも未使用です。今さら使う機会はないかもしれませんが。

Telec

近藤克次さんの三宅(左下)は、以前に1枚持っていたのですが、ある方に譲って以来、ここしばらく手元にありませんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

次は「アマテラス」

博多座の会員向け機関誌「喝采」です。

Photo

坂東玉三郎さんへのインタビューで、「お!」と思った部分があります。

「前回はパイプを組み合わせた縦構造のメタリックな装置であったが、今度は布を主体にした平舞台を作る。」

なかなか想像できません。わたしが自分の目で確認できるのは、10月になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

「伝説」は語り継がれるか

エラそうなことを言う気はありません。とにかく、ワン・アース・ツアー国内公演としての「伝説」は満員の浅草公会堂でフィナーレを迎え、ユーストリーム配信を世界中のファンが見届けました。

若手の技術がレベルアップしたのは間違いありません。その自信なり確信が、作品に力を与えていたようにわたしは感じました。演奏を聴いていて、わたしの胸に響くものが確かにありました。今回の舞台に立ったプレイヤーの最年長で、メンバーになったのが一番古いのは辻勝さんです。いろいろな重圧の中で真摯に取り組んできた彼らに、わたしは心から拍手を送りました。

公会堂では、藤本容子さんや小島千絵子さん、山野實さんらにお会いできて、今回のツアーの話、昔の浅草公演の話などをうかがったのも、有意義でした。

終演後は、道産子親父さん、3ともさん、鶴子さん、yoshikoさん、tatanさんと国際通の「デニーズ」でプレ修(?)。鶴子さんが鳥越祭に駆けつけるために抜けて間もなく、四川料理「福楽」に移動したプチ修には、SIMEJIさんとtomatoも合流しました。当初、参加予定だった舞い王さん、舞い姫さん、かいちょーさん、h-cocoさんは、来れない事情が発生して欠席でした。

かなり強烈な辛さの四川料理をたっぷり味わいながら、この夏、ECデビューするSIMEJIさんのために、ECのあれこれを助言したのですが、城山コンサートの色別カード(整理券)確保をめぐる実態に、SIMEJIさんはビックリしていました。わたしは、会場のお店のコストパフォーマンスの高さにビックリでした(笑)。幹事役を引き受けてくれた3ともさんに感謝です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

トーク&ライブ、セミナーに注目!

ECです。これ、絶対に面白い。勝手にそう断言してしまいます。 

 ・千絵子におまかせ!
 ・太鼓人生どんどこどん!
 ・うたのびっくり箱
 ・宮本常一と鬼太鼓座の時代

ワークショップとはひと味違う。演奏のステージでもない。鼓童、芸能、そして佐渡の奥深さに触れる時間が待っているはずです。

申込はきょうから。先着順です。わたしは、吉利さんの「どんどこどん!」と「宮本常一」にエントリーしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »