« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月29日 (火)

四条あたりの長い夜

「アマテラス」大千秋楽。何度も繰り返されたカーテンコールの後、京都・南座を出ると既に夕暮れ時でした。四条通沿いのお店を覗きつつ、花見小路に折れて建仁寺前から一筋西の小路に入ってすぐのところに京都オフ会の会場「きたざと」の灯りが見えました。

Kitazatofront

参加者は予定通り18人。仙台、新潟・弥彦、新潟・佐渡、埼玉、東京、兵庫、広島、福岡からと、全員が地元ではない遠征組でした。年齢のレンジは3世代に渡っていたでしょうか。マツさん、さやかさん、さやか母さん、teruさん、naoさん、こびんさん、osaruさんの7人が初参加してくれたことが、わたしとしてはとても嬉しかったです。
乾杯の後は、料理とお酒を味わいながら、舞台の感想、鼓童の活動の話、そして自分が鼓童を好きになったきっかけなど、いつものようにワイワイと盛り上がりました。
この日のうちに帰る人もいたので、集合写真を撮って1次会はおひらき。有志は先斗町/木屋町方向に流れて2次会、そして3次会まで続いたようです。わたしは2次会で失礼しました。
楽しいひとときでした。みなさん、ありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

今までと違う(?)12月公演

公式サイトが更新されました。月刊「鼓童」もまもなく手元に届くでしょう。

12月公演「神秘」のメンバーが発表されました。辻勝さん、阿部研三さんの中堅2人に加えて、坂本雅幸さんをはじめ若手の名前が並んでいます。

一方で同じ12月中旬には、交流公演スタイルのステージが3カ所(愛知・小牧、岩手・前沢、東京・国立)で予定されています。こちらは、船橋裕一郎さん、石塚充さんと中込健太さんら若手4人での編成です。

12月公演に対してはこれまで、演目もメンバーも1年間の集大成というイメージを持っていました。東京での千秋楽を自分に対する1年間のご褒美として、「鼓童」を丸ごと楽しむ年中行事に位置づけているお客様も多かったように思います。

今年のスタイルは今年だけなのか、それとも来年以降も続くのか。とても気になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

京都オフ、やりましょう。

10月27日(日)の京都・南座「AMATERASU」大千秋楽を観に行った人を中心に、終演後に食事会をしましょう。

わたしは京都は不案内です。四条河原町の近辺でいい店があれば、教えてください。それと、参加できる人は名乗りを上げてください。スタートは午後6時ごろの予定です。

| | コメント (47) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

鬼澤綾子さん二人会

鼓童を離れ、琉球舞踊の道で着実に歩みを進めている鬼澤綾子さんが来月、「国立劇場おきなわ」(小劇場)で二人会のリサイタルを開きます。

Ayako1

第2部の創作舞踊では、綾ちゃんが作舞した「蝶々喃々」も踊るようです。出演者の中には、元鼓童プレイヤーの南条明さん(太鼓)の名前があります。

がんばれっ、綾ちゃん!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »