« 列島梅雨明け | トップページ | 阿部研三さん »

2014年8月 4日 (月)

鬼剣舞おそるべし。

みちのく芸能まつり(北上市)の2日目(8月2日)に行ってきました。夕方からおまつり広場と化す駅前通りでの、「獅子踊り(鹿躍り)」と鬼剣舞の大群舞がお目当てです。藤本吉利さんが率いる岩崎伝佐渡鬼剣舞も毎年参加しています。

お昼すぎに着いたので、まずは北上駅の西口広場で行われていた芸能公演を鑑賞することに。神楽、鹿躍り、虎舞2団体、鬼剣舞などが次々に登場しました。この中では、大槌町の虎舞が印象に残りました。跳ねる虎の動きの切れ、囃子方の気迫が、わたしがこれまでに見たことがある虎舞のイメージを超えていました。

そして、さらに強烈だったのが鬼剣舞。演舞も見応えがあったのですが、見ている地元の人たちの反応に「ナルホド」と思わせられました。まず、観客席で小さな子どもたちが演舞に合わせて踊り始めました。さらに、わたしの近くの席で「お、三人加護だな」とか「あれ、○○を抜いてるな」とかささやく声がするのです。そういう土地なんですね。鬼剣舞に関しては、後継者の心配がない、とも聞きました。北上では幼稚園の頃から教えるのだそうです。

鬼剣舞おそるべし!

夜の大群舞はもちろん、壮観でした。佐渡鬼剣舞も堂々の舞いを披露しました。

わたしは、終盤に駆けつけた準地元のみかさんと超ミニ修で岩手のお酒を味わってから帰路に就きました。

|

« 列島梅雨明け | トップページ | 阿部研三さん »

コメント

先日はお誘いいただきありがとうございました!(。^ω・)ノ゙♪
Sysさんも鬼剣舞の皆さんも炎天下の中お疲れ様でした。こちらはまさかの列車トラブルで会えないんじゃないかとヒヤヒヤものでしたが。
>鬼剣舞に関しては、後継者の心配がない
北上キッズの目にはヒーロー戦隊モノに見えてるのでしょうかねぇ。公演ではMy扇子&面持参(たまにフル装備も居る)で見てる子もたまに見かけます。
>見ている地元の人たちの反応
鹿踊りも鬼剣舞も、あれだけ変身(?)しても「今日はあの人出てないねぇ」と囁いてる時も。どんだけコアなギャラリーなんでしょうねぇ(謎)、不思議です・・・。
何はともあれまたいらしてくださいね♪

投稿: みか | 2014年8月 5日 (火) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼剣舞おそるべし。:

« 列島梅雨明け | トップページ | 阿部研三さん »