« クラシックスはお好き? | トップページ | ECに富田さんも »

2015年3月24日 (火)

楽曲の力

特別公演「道」(横浜芸術劇場)を観てきました。1990年代によく演奏した曲を、でも現在の中堅と若手が叩く。伝える、継承する、というテーマが掲げらたステージでした。

わたしが強烈に感じたのは、一つ一つの楽曲が持っている力でした。例えば、「モノクローム」1曲だけでもここに来た価値がある、と思いました。曲の意図や背景を奏者が正面から受け止め、音として表現して行く。とてもオーソドックスなことですが、多くの曲を取り上げる舞台では、尋常ではないエネルギーが必要です。

山口幹文さんの演出は、すべての曲を大事に、丁寧に扱っていたように感じました。曲の持っている世界が浮き彫りになり、わたしたちは集中し、その世界にぐいぐい引き込まれてしまうのです。

鼓童のパフォーマンスとしては、これまでで最高だったとは言えません。でも、カーテンコールで笑顔を浮かべ客席に手を振るプレイヤーを見ていて、鼓童のファンであることの喜びをわたしが味わったのは確かです。

|

« クラシックスはお好き? | トップページ | ECに富田さんも »

コメント

>Sysopさん
>皆さま

「道」公演のご来場ありがとうございました。

舞台のことはさておき、会場のロビーがあまり広くなかったせいもあって、沢山の人に出会うことができました。
中には十数年ぶりの懐かしい顔や、元メンバー&元研修生等々。
「まるで同窓会だ」というお客様の声もありました。
鼓童の舞台で人々が繋がるということは、私たちが大切にしていることでもあります。
嬉しい光景でした。

しかし今回は、海外のお客様があまりいらっしゃませんでしたねえ。
外国語での宣伝が少なかったのかもしれません。

ともあれ、皆々さま本当にありがとうございましたm(_ _)m

投稿: 横浜で風邪を貰った@もとふみ | 2015年3月25日 (水) 23時54分

>せんせい

実はわたしも横浜で風邪を貰ってきたようです。同じ感染元でしょうか?

「鼓童の舞台で人々が繋がるということは、私たちが大切にしていることでもあります。」

三軒茶屋での最初の「修学旅行」でも、そう仰っていたことを覚えています。鼓童のお陰で、わたしたちもたくさんの出会いと繋がりをいただきました。「道」公演のKAATロビーは、まさに懐かしい再会の連続でした。

こちらこそありがとうございました。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年3月26日 (木) 06時40分

>せんせい

仲間たちのほとんどが、アンコールは「彩」だと思っていました。なので、、、なるほど、そう来たか、とある意味で納得。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年3月26日 (木) 06時55分

楽曲の力。。。そのとおりと思います。

鼓童での出会いと繋がりは私の10年を大きく変えました。そして、あの日から私の頭の中はなごりまくってます。

投稿: Konちゃん | 2015年3月27日 (金) 01時24分

浅野太鼓ブログから

横浜で「鼓童」の舞台。「道」と名づけられた公演では「千里馬」や「モノクローム」「三宅」「大太鼓」など、過去の名曲が次々に登場。一心に打ち込む姿、楽器に向かう姿勢など、芸を追い求めるプロのすごさを感じさせられ、芯の通った骨太の音にほれぼれと聴き入ったひと時でした。
 そのステージに鎮座していたのは、私が83年に手がけた3尺8寸の大太鼓。
「太鼓」という物体に、打ち手の技をもって命を吹き込んでくれた鼓童に「感謝」!です。

投稿: 応援隊 | 2015年3月27日 (金) 17時59分

>Konちゃん

なごりまくってますか(笑)

>応援隊さん

浅野専務らしい感想ですよね。わたしも大太鼓を聴いている時に、太鼓が「喜んでるな」と感じることがあります。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年3月28日 (土) 10時29分

あの大太鼓はそんなにも年月を経てきたのですね。巴が消え味わい深さを増し、エネルギーの重さを感じました。

この「道」にふさわしい大太鼓だなぁ~と思って見惚れてました。演出の思いもしっかりと伝わってきました。命の響きだったんですね。

投稿: Konちゃん | 2015年3月28日 (土) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽曲の力:

« クラシックスはお好き? | トップページ | ECに富田さんも »