« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月20日 (水)

佐渡プレミアム宿泊券のこと

ホテル/旅館代を自治体が補助するプレミアム宿泊券の佐渡バージョンは明日、第2弾が全国のコンビニで購入できるようになります。明日買うと、有効期間が3カ月なので、8月20日までの宿泊が補助対象になります。
残念ながらEC期間の3日間は対象外なのですが、わたしはいつも前日に佐渡入りするので(今年は8月20日)、1泊目は恩恵に預かれます。さらに、きょう佐渡汽船に確かめたところでは、ジェットフォイルの往復割引は「往路起点」とのこと。つまり、8月20日に佐渡に渡るのであれば、復路の日が宿泊券の有効期限以降でも割引は適用になるのです。ヤッホー。
というわけで明日は午前中に、コンビニに行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

公式サイトの更新情報

毎月10日が鼓童公式サイトの定期更新日です。ワン・アース・ツアー「永遠」の9月以降の日程など新しい情報がたくさんアップされています。

わたしの一番の関心は、やはり8月のアースセレブレーション(EC)。その全容がほぼ(フリンジはこれから)明らかになりました。3日間の城山、2回のECシアターのほかに、佐渡体験プログラム2つ(AとI)にエントリーしようと思います。

新着情報には、名誉団員たちの多彩な活動も並んでいますね。カナダ・モントリオールでのバレエ「輝夜姫」公演への参加も公式に発表されました。これまで大役を担ってきた齊藤栄一さんは、今回は出演していません。

メンバー短信には、小見麻梨子さんと花岡哲海さんの若手2人が来年3月で「舞台をおりる」お知らせも。どんな新しい道に進むのか、続報を待ちましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

春佐渡はいつも楽しい

佐渡・宿根木公会堂での特別公演と鼓童文化財団深浦学舎での夕食会&宿泊体験に行ってきました。春の特別公演に出かけたのはこれで4回目、深浦学舎は昨年秋に続いての参加でした。このブログの仲間である舞い王さん、舞い姫さんとほぼ行動をともにしたこともあって、楽しい旅を満喫しました。

公演は3日の午前(大太鼓:齊藤栄一さん)と午後(同:見留知弘さん)を観ました。いつものように本番前には物販促進委員長のバナナおぢさんによるPRタイムがあり、前座(?)は小島千絵子さんと準メンバー3人(北林玲央さん、三浦友恵さん、米山水木さん)による南京玉すだれの佐渡紹介。本番演目は「神祇の太鼓」「ON FIRE」「水々」「屋台囃子」「三味線〜伝〜」「花八丈」「山唄」「大太鼓」と中身の濃い1時間のステージでした。準メンバーが長胴を叩く「屋台」は出演者全員での演奏。山口幹文せんせいによる鉦を聴く貴重な機会となりました。

深浦学舎は、閉校になった小・中学校の校舎を昨年から鼓童文化財団が研修施設として再利用しています。さまざまな宿泊研修に利用されるほか、財団の地域づくりコース実習生の拠点となっています。鼓童友の会の会員を対象にした夕食会は昨秋に初の試みとして実施され、財団&公演出演者とファンの懇親・意見交換の場として有意義だっただけでなく、宿泊者は早朝ウォーキングや学舎内清掃などで、ほんの少し研修生気分を味わえることもあって好評でした。

今回も会員約20人が参加。北海道から道産子親父さんも駆けつけました。夕食でいただいたのは実習生たちが佐渡の食材を使って調理したメニューです。席次をくじ引きで決めたテーブルでは、隣や向かい側にプレイヤーも。わたしと同じテーブルは見留知弘さんと水木さんでしたが、宴が進むにつれて席の移動も始まり、わたしは財団の島崎信理事長、菅野敦司専務理事ともかなりじっくり話ができました。水木さんに「シスオペさん、ですよね?」と言われたり、玲央くんが来てくれて話ができたりしたことも嬉しいサプライズでした。藤本吉利さんの熱唱で一応、締めた交流の時間は、プレイヤーが帰った後も別室での2次会(しんちゃん先生こと十河伸一さんがここから参加)で続きました。

今回の旅では、すれ違い気味ながら3人目のともこさん、佐渡在住のさやかさん、干菜さんとも時間を共有できました。干菜さんのご自宅を訪ねた際には、裏の竹林でタケノコを掘って(掘ったのは舞い王さん)、抱えきれないほどお土産にいただくというアリガタイ体験もできました。いろいろお世話になった財団スタッフの上之山博文さん、真崎滉大さん、実習生の赤澤京さん、中村美沙希さんにも感謝します。

春の宿根木公演は終わりましたが、座長を務めた千絵子さんの写真集「襲(かさね)の清姫物語り」の出版を記念した写真展「佐渡の清姫物語」は今月 30日まで、佐渡・真野新町のLa Barque de Dionysosで開催中です。千絵子さんにしか生み出せない表現を、ECなどの舞台写真でおなじみのフォトグラファー宮川舞子さんが切り出した濃密な世 界を、機会があれば写真集/写真展でぜひ体験してください。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »