« 二人行脚 in 新潟・弥彦 | トップページ | 公式サイトの更新情報 »

2015年5月 6日 (水)

春佐渡はいつも楽しい

佐渡・宿根木公会堂での特別公演と鼓童文化財団深浦学舎での夕食会&宿泊体験に行ってきました。春の特別公演に出かけたのはこれで4回目、深浦学舎は昨年秋に続いての参加でした。このブログの仲間である舞い王さん、舞い姫さんとほぼ行動をともにしたこともあって、楽しい旅を満喫しました。

公演は3日の午前(大太鼓:齊藤栄一さん)と午後(同:見留知弘さん)を観ました。いつものように本番前には物販促進委員長のバナナおぢさんによるPRタイムがあり、前座(?)は小島千絵子さんと準メンバー3人(北林玲央さん、三浦友恵さん、米山水木さん)による南京玉すだれの佐渡紹介。本番演目は「神祇の太鼓」「ON FIRE」「水々」「屋台囃子」「三味線〜伝〜」「花八丈」「山唄」「大太鼓」と中身の濃い1時間のステージでした。準メンバーが長胴を叩く「屋台」は出演者全員での演奏。山口幹文せんせいによる鉦を聴く貴重な機会となりました。

深浦学舎は、閉校になった小・中学校の校舎を昨年から鼓童文化財団が研修施設として再利用しています。さまざまな宿泊研修に利用されるほか、財団の地域づくりコース実習生の拠点となっています。鼓童友の会の会員を対象にした夕食会は昨秋に初の試みとして実施され、財団&公演出演者とファンの懇親・意見交換の場として有意義だっただけでなく、宿泊者は早朝ウォーキングや学舎内清掃などで、ほんの少し研修生気分を味わえることもあって好評でした。

今回も会員約20人が参加。北海道から道産子親父さんも駆けつけました。夕食でいただいたのは実習生たちが佐渡の食材を使って調理したメニューです。席次をくじ引きで決めたテーブルでは、隣や向かい側にプレイヤーも。わたしと同じテーブルは見留知弘さんと水木さんでしたが、宴が進むにつれて席の移動も始まり、わたしは財団の島崎信理事長、菅野敦司専務理事ともかなりじっくり話ができました。水木さんに「シスオペさん、ですよね?」と言われたり、玲央くんが来てくれて話ができたりしたことも嬉しいサプライズでした。藤本吉利さんの熱唱で一応、締めた交流の時間は、プレイヤーが帰った後も別室での2次会(しんちゃん先生こと十河伸一さんがここから参加)で続きました。

今回の旅では、すれ違い気味ながら3人目のともこさん、佐渡在住のさやかさん、干菜さんとも時間を共有できました。干菜さんのご自宅を訪ねた際には、裏の竹林でタケノコを掘って(掘ったのは舞い王さん)、抱えきれないほどお土産にいただくというアリガタイ体験もできました。いろいろお世話になった財団スタッフの上之山博文さん、真崎滉大さん、実習生の赤澤京さん、中村美沙希さんにも感謝します。

春の宿根木公演は終わりましたが、座長を務めた千絵子さんの写真集「襲(かさね)の清姫物語り」の出版を記念した写真展「佐渡の清姫物語」は今月 30日まで、佐渡・真野新町のLa Barque de Dionysosで開催中です。千絵子さんにしか生み出せない表現を、ECなどの舞台写真でおなじみのフォトグラファー宮川舞子さんが切り出した濃密な世 界を、機会があれば写真集/写真展でぜひ体験してください。

|

« 二人行脚 in 新潟・弥彦 | トップページ | 公式サイトの更新情報 »

コメント

レオ君と喋ったんですね!
羨ましい〜❤️

投稿: 鶴子 | 2015年5月 6日 (水) 21時43分

>鶴子さん

旅先のフランスとイタリアでイケメンにいっぱい会えたみたいじゃありませんか。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年5月 6日 (水) 22時56分

春の佐渡公演は、季節のいい佐渡と鼓童が楽しめて、一度行くとまた行きたくなります。
レポを読んでいると今年は、行かれなかったことがくやまれます。
夏とは、また、違ったいい空気!味わいたかったなあ。

投稿: はっぱ | 2015年5月 7日 (木) 23時14分

わたしの場合、佐渡を離れる直前に岩首の棚田を見に行った4日のお昼前後から雨に遭いましたが、それ以外は好天に恵まれました。
城山公園はすっかり緑一色でウグイスが盛んに鳴いていました。海は穏やかで透明度も相変わらず。素浜海岸では、ラブラドール2匹が嬉しそうに泳ぎ、沢崎灯台から見下ろした磯では、釣り人のほかに、漁をするたらい舟も見かけました。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年5月 8日 (金) 06時46分

春佐渡初体験
ECでは観光をしてなかったので
たくさん佐渡のいい所を見れてよかったです。深浦では鶴ちゃんには申し訳ないですがクジでレオ君と千絵子さんと同じ席になり
日本酒をたくさんお酌してもらい
お話しできて楽しかったなー
朝のウォーキングは、お酒が残っていて
辛かった∑(゚Д゚)
この感動が忘れきれず、夏にまた佐渡に
行く決心をし宿を予約してしまった^ ^
シスさんには、大変お世話になり
ありがとうございました。

またEC佐渡で…

投稿: 舞い姫 | 2015年5月 8日 (金) 16時55分

2日間共に城山を貸切しました🌳
ウグイスの合唱、筍の背比べ、とても、気持ち良かったです。
宿根木公演は、鱗法被姿の準メンの3人の姿にウルっと来てしまいました。
去年は紺色の法被だったんだよなぁ•••って😢
頑張ってる姿、本当に素敵でした。

今回は皆さんとは別行動が多かったですが、そんな中でも道産子親父さん、舞い王&舞い姫さんにはドライバーになって頂きまして、とても感謝しています✨
またECで、皆さんにお会い出来る日を楽しみにしています。

投稿: 3とも | 2015年5月 9日 (土) 07時52分

>舞い姫さん

EC貯金を始めましょう。

>3ともさん

研修生時代を知ってる準メンバーの舞台姿を見るのは本当に嬉しいですよね。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年5月 9日 (土) 09時41分

>皆々様

毎度(ではない人も)、遠路はるばる(ではない人も)ご来場本当にありがとうございました。
お天気にもほぼ恵まれ、何だか明るい宿根木公演となりました。
いやお天気だけではなく、やはり皆さんの笑顔が明るくほのぼのとした雰囲気を作ってくれたのだと思います。

しかし皆さん、それぞれに佐渡を楽しんでいたようですね。
この秋に私の両親が佐渡(赤泊)に移住する予定です。
じーさんばーさんの二人組で面白くも何ともありませんが、場合によっては素朴な接待(草むしり、蛇退治、農作業後の湯茶など)を受けられるかもしれません。
暇と勇気のある方はお出かけ下さい。

投稿: 鉦に懲りて笛を吹く | 2015年5月10日 (日) 00時50分

>幹文せんせい

舞台と客席の間に通い合うあの空気こそが宿根木公演の価値/意味ですよね。

ご両親のお住まいは赤泊ですか。ぜひお邪魔したいと思っています。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年5月10日 (日) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春佐渡はいつも楽しい:

« 二人行脚 in 新潟・弥彦 | トップページ | 公式サイトの更新情報 »