« 秋佐渡でも深浦学舎夕食会 | トップページ | EC準備は、、、 »

2015年6月29日 (月)

自然とのコラボ

週末は新潟・弥彦に遠征してきました。27日(土)にあった藤本吉利さんと容子さんの「二人行脚」。主催者の中心メンバーは、当ブログ発足当初からの仲間で弥彦在住の、konちゃんとプリシラさん。会場はJR弥彦駅から歩いて数分の「ヤホール」(写真は開演前)でした。

Photo

一番印象に残ったのは、終盤で吉利さんの大太鼓が始まろうとした時の出来ごとでした。ステージ奥の、ガラス戸を開け放った先には森の木立が迫っているのですが(ちょっと城山のステージを思わせます)、ちょうど強い風が吹き抜けて、木々の葉をざわざわと揺らしたのです。大自然が大太鼓をならせと促しているかのように。お近くのパワースポット「弥彦神社」のパワーが働いたのでしょうか。

公演中のMCで、吉利さんのお父さんが5月に亡くなったことを知りました。このお父さんが、京都・和知で地域の太鼓「和知太鼓」に吉利さんを導いたことが、今こうして、わたしたちに吉利さんの太鼓を聴く喜びをもたらしてくれたのです。吉利さんは、容子さんと交代で世話を続け、看取ることができたそうです。

吉利さんとは同じ宿でしたので、旅館の浴場で一緒に湯船につかるという得難い時間を持つことができました。もうこれから、わたしたちは裸の付き合いです。吉利さん個人所有の大太鼓「太陽くん」のバラシを手伝ったのも、貴重な体験でした。大太鼓の台を分解してケースに入れ、車の荷台に大太鼓と一緒にぴったり収める手際にも感心しました。

公演の翌朝は、弥彦神社の御日供祭(おにっくまつり)という本殿での行事にコンプリさんたちと参加。その後、神社の一の鳥居前にわざわざ立ち寄ってくれた藤本さんご夫妻が車で新潟港、そして佐渡に向かうのを見送りました。

初めて訪れた弥彦でしたが、端々まで気配りの行き届いたもてなしをしてくれたコンプリさんをはじめ関係者のみなさんに感謝します。ありがとうございました。

|

« 秋佐渡でも深浦学舎夕食会 | トップページ | EC準備は、、、 »

コメント

とても印象に残ったステージの様子がわかる写真が新発田実行委のブログに。
http://ubusuna-shibata.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-8d22.html

投稿: Sysop(シスオペ) | 2015年7月 8日 (水) 06時11分

Sysさま
遠路、お越しいただきありがとうございました。
片付けを手伝ってもらうなんて。。。あり得ないローカルな体験を楽しんでいただいたようす、安心しました。
みなさまのお陰で無事公演ができましたこと、感謝です。

新発田ブログ、公演の報告つづきます。今後も覗いてください。

投稿: mukki | 2015年7月 8日 (水) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然とのコラボ:

« 秋佐渡でも深浦学舎夕食会 | トップページ | EC準備は、、、 »