« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月25日 (金)

鼓童35周年

来年8月のサントリーホールでの3夜連続公演と2017年にかけての記念ツアーについて発表されました。

8月は連続公演の後、新しくなるEC、そして小木祭りと続くことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

オークション、やります

12月20日に開催予定の「修学旅行」で、わたしが持っている鼓童グッズを中心にしたオークションを実施します。売上金は全額、鼓童文化財団に寄付します。

出品確実なのは、「たいころじい」の10号と14号。特集は10号(1994年刊)が「鬼太鼓座の時代」、14号(1996年刊)が「『鼓童』が語る」です。佐渡に生まれた鬼太鼓座とは何だったのか、その鬼太鼓座から鼓童はどんな経緯で生まれたのか。いま何度目かの変革期を迎えている鼓童の原点を知るうえでは、とても重要なドキュメントです。

このほかの出品についても、今後紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

Kaz Kumagaiと同じステージに

今月26日(土)に東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで「リズムを体感!コンサート」があります。出演するのは、鼓童、熊谷和徳、押尾コータロー。

熊谷さんは仙台市出身でニューヨークに住むタップダンサーです。タップの一般的なイメージを覆すような、彼自身が打楽器そのものとなってしまうステージは非常に魅力的です。

今回は、鼓童と同じ曲をコラボするのかどうか不明ですが、同じ舞台に立つというだけで、わたしはかなりワクワク。これがきっかけとなって、本格的な共演につながればいいな、とも期待しています。

入場無料の招待制ながら、すでに締め切り済み。幸いわたしは権利を得ることができました。ワンアース班、交流公演班ともにツアー中のこの時期、鼓童メンバーはだれなのか、も含めて、幕が開くのが楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

レオさんの思い

EC2015で圧倒的な存在感を見せたレナード衛藤さんが、EC出演と演出の依頼を受けてから実際の城山コンサートまでの舞台裏を自分のブログで語り始めています。

とても興味深い内容。4回続きとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »