« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月21日 (月)

修学旅行、ちょっと企みも

「混沌」文京シビックホール公演のさ中、わたしたちの年末反省会(?)である「修学旅行」を20日午後6時半から、いつもの「たかの家 水道橋店」で開催しました。北は北海道、南は九州・福岡からも駆けつけた、鼓童を愛する顔ぶれが20人。鼓童からは、バナナおぢさん、用務員さん、メラニー・テイラーさんをはじめ、最終的に6人の若手プレイヤーも参加してくれて、楽しく賑やかに、食べ、飲み、語り合いました。※写真は後日、掲載予定です

秘密裏に準備を進めていたのが、鼓童苫小牧公演実行委員会を長い間支え、このブログやオフ会もサポートしてくださっている道産子親父さんの還暦祝い。藤本吉利さんに書いていただいた色紙と、ラベルに大きく名前が入った特注の日本酒を贈呈しました。吉利さんは、道産子親父さんにとって、永遠のアイドル。とても喜んでもらえたようでした。

この日、佐渡で演奏の仕事が入っていたもとふみせんせいには、昨年に続いてiPhoneのFaceTimeというテレビ電話で参加してもらいました。ほぼ全員と言葉を交わしたので、さすがのせんせいも大変な思いを味わったかもしれません。

オークションは、苫小牧公演の映像(DVD)に高値が付いたほか、書籍やTシャツにも札が入り、総額35,111円が集まりました。全額を鼓童文化財団に寄付します。

実は、年末の修学旅行は10回を数えました。初回から幹事役を引き受けてくれている舞い王さん、舞い姫さんには今年もお世話になりました。お二人には本当に感謝しています。そして参加してくれたすべてのみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

オークション出品リストです

現段階で以下のようなものを出品するつもりです。

雑誌「たいころじい」 第10巻(特集:鬼太鼓座の時代)
雑誌「たいころじい」 第10巻(特集:鬼太鼓座の時代)
雑誌「たいころじい」 第14巻(特集:鼓童が語る)
雑誌「たいころじい」 第14巻(特集:鼓童が語る)
 この10巻と14巻は鬼太鼓座の結成と解体、そして鼓童誕生
 についての証言を集めた、鼓童の原点に迫る重要文献です。

フォトドキュメンタリー「佐渡の鼓童」 ※帯なし
 カバーは若き齊藤栄一さんが締太鼓を打つ姿。

星野小麿写真集「鼓童」 ※カバーなし、ポートレートあり
 文句なしの傑作。草創期の熱気が伝わってきます。 

イヤーブック1997※蔵書印あり
イヤーブック1998※蔵書印あり
イヤーブック1999※蔵書印あり
KODO{01}
 この時期のイヤーブックがわたしは大好きです。

鼓童30年史「いのちもやして、たたけよ。」
 数冊あります。
Tシャツ「いのちもやして、たたけよ。」

「修学旅行」会場で状態などを見てもらい、値付け、入札をしていただきます。あくまでも、売上金全額を鼓童文化財団に寄付するのが目的ですので、それぞれ1,000円を最低価格とします。

【更新情報】コメントに重要情報を載せました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »