« 春佐渡2016私的報告(3) | トップページ | 狭き門 »

2016年5月16日 (月)

春佐渡2016私的報告(4・完)

春佐渡2016の最終日。まず、長者ケ橋の少し先にある深浦の駐車場に向かいました。ふだん誰もいないことが多いこの場所で海を眺め、波と風の音を聞くーー今ではわたしの佐渡滞在に欠かせない時間になっています。

次いで、宿根木へ。気になっていることがありました。「はんぎり」です。別名たらい舟」。木製の新造船で、集落前の湾をぐるりと回ってくれるサービス(有料)が前月末に登場しました。はんぎりを作る技術を絶やしてはいけない、と考えた地元の人たちが始めたと聞き、ぜひ乗ってみたいと思ったのでした。船頭さん(?)と話をしながら20分弱。海底まで見える透き通った湾内の岩場を、小回りのきくはんぎりはスイスイ進みます。楽しい体験でした。次は少し湾の外に出るコースを試してみようかな。

最後は、畑野でタケノコ掘り。昨年に続き干菜さんのお宅を訪ねました。佐渡の人たちにとって、竹林にニョキニョキ現れるタケノコは珍しくもなんともないどころか、春先に余計なエネルギーを割かれてしまう迷惑なヤツなのかもしれません。でも、「タケノコ掘りを楽しむ」ことができる旅のもんにとっては、ここは楽園。何しろ、タダです。というわけで、わたしは10本ほど(うち5本は、このあと両津で会うことになっていたはっぱさん、3ともさんの分)掘らせてもらいました。前日には舞い王さん&舞い姫さんもやってきて数十本を段ボール箱に詰めて持ち帰ったとか。

汗を流した後、遅めの昼食はすぐ近くにある和食の店「伝」で。ランチメニューに出て来たてんぷらのタケノコは、店の常連である干菜さん提供でしたdelicious

2泊3日の春佐渡でした。佐渡の人たちと別れるとき、みんなが「次はアースだね」と言ってくれました。そうです。アース・セレブレーション(EC)。新しい形に生まれ変わる今年のECに向けて、準備を始めています。

|

« 春佐渡2016私的報告(3) | トップページ | 狭き門 »

コメント

内容の濃い春佐渡スケジュールお疲れさま。宿根木郵便局駐車場での再会ビックリポンでした。

投稿: naka | 2016年5月17日 (火) 13時46分

nakaさん、わたしは会えそうな予感がしていたんですよ。

投稿: Sysop(シスオペ) | 2016年5月17日 (火) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164718/63639133

この記事へのトラックバック一覧です: 春佐渡2016私的報告(4・完):

« 春佐渡2016私的報告(3) | トップページ | 狭き門 »