2013年8月30日 (金)

ECの写真

今年のアルバム、どうしようかなと思案中です。

撮った方で、「これはみんなに見せたい」というのがありましたら、わたしに送ってください。

既に、フェイスブックにはかなりの数のショットがアップされています。EC公式アカウントの写真はさすがに多彩で面白いですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

アース・セレブレーション2013

ECがあるから訪れる夏の佐渡。短い滞在なのに、いつもたくさんの楽しみを見つけることができます。振り返ってみれば今年も、わたしにとってはそんなECでした。

このブログのお陰で知り合った鼓童ファンの仲間たち、気さくな鼓童のプレイヤー&スタッフのみなさん、ご縁ができた佐渡の方々と久しぶりに会って、語り合うことができました。城山コンサートやフリンジでは、それぞれにお客様に何かを届けようとしている一生懸命な姿を確かめました。新しい試みだったトーク&ライブとセミナーは、鼓童の足跡について知識を深める機会になりました。これらを経験しながら、あの美しい佐渡で過ごした時間は、やっぱり特別な喜びだと感じるのです。

印象的だったことをいくつか挙げます。まずは、初日の雨と風。午後4時半に決行という方針が示されたとき、正直に言えば、「無理せず中止した方がいいのでは」と思いました。その夜の城山は、残念ですが観客席の後方が埋まっていませんでした。でも、その日のコンサートのためだけに遠路やってきた人もいるのだからーーそんな主催者の判断だったのだと思います。

こういう事情もあって、城山のステージでわたしはどれを一番楽しめたか、と言えば、2日目でした。いかにもECらしいなぁ〜、と。バーニングが始まったと思ったら、齊藤栄一さん、辻勝さん、阿部研三さんの3人がLion(獅子躍)の衣装で登場してステージを跳ね回ったのには、特にワクワクしました。

10月で舞台を降りる宮崎正美さんにとっては、2日目が最後のEC城山でした。わたしたちの気持ちをいつも明るくさせてくれたSammyちゃんを、どんな形で送り出すのだろうかとアンコールを見守っていたら、、、何もありませんでした。すごくガッカリ。ただ、月曜日の送り太鼓の最後にSammyちゃんの胴上げがあって、救われました。

送り太鼓、と言えば、今回は名誉団員を含めて舞台メンバー全員が揃いました。わたしの記憶では初めてのことです。草洋介さんがフリップで次の演目を指示し、みんなが代わる代わる汗だくで太鼓を打っていました。「ECがこのまま終わらないでほしい」と、埠頭に集まった誰もが思っていたことでしょう。

わたしは送り太鼓の後、七衛門の蕎麦を食べてから、岩首の棚田を見て、両津から帰りの船に乗りました。今年も付き合ってくれたみなさん、そして初めて会ったみなさん、どうもお世話になりました。ありがとうございました。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

週末の佐渡は雨模様?

わたしは明日、佐渡に渡ります。週間天気予報は金・土と傘マークが出ていますね。

屋外コンサートの場合、雨具は傘ではなくレインコート(ポンチョ、雨がっぱ)が基本です。ぜひ、ご用意を。

フリンジのプログラムが決まって、期待が膨らみます。

では、小木でお会いしましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

Sammyちゃん、最後のECに

宮崎正美さんが10月の「芸能の宝島」を最後に、舞台から去るとのことです。

プレイヤーとして活動している唯一のcoconメンバーだったわけで、「北前船」のスタッフとして残る、という形ではありますが、ちょっと寂しいですね。

ECでは、サミーちゃんを目いっぱい応援しましょう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

「こんぷり」さん

ECサイトにサポーターの名前が地区ごとに掲載されました。

「佐渡島外」には、当「鼓童ウェブログ修学旅行」をはじめ4団体が並んでいます。その一つが「こんぷり」さんです。

だれでしょうね、「こんぷり」って?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

次はEC

アマテラス東京公演が終わりました。観た人たちがフェイスブックやブログに書き残している感想のほとんどが称賛の言葉です。大成功と言っていいのでしょう。

気が付けば、あと3日で8月。わたしの地元は、まだ梅雨も明けず、肌寒い日が続いています。夏を実感できずにいますが、ECまで1カ月を切ってしまいました。わたしの準備状況はと言うと、越佐海峡をどうやって往復するか、だけが決まっていません。新日本航空の新潟ー佐渡便は運休のままのようなので、やっぱり船になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

研修所見学会、今年も実施

佐渡・柿野浦にある鼓童文化財団研修所の見学会が、昨年同様、アース・セレブレーション期間中の8月24日に実施されます。定員38人ですから、希望者は早めに申し込んでください。

以前のECでは、稽古場(鼓童村)見学会が実施されていました。ドキュメンタリーなどで紹介されることが多く、「鼓童の舞台が生まれる場所」として、「見てみたい」と考えるファンは現在も少なくないようですが、舞台作品の管理という意味は、なかなかオープンにしにくくなっているのかもしれません。

その分、「鼓童のプレイヤー(の卵)が育つ場所」である研修所の見学会は、貴重な機会だと言えるでしょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

トーク&ライブ、セミナーに注目!

ECです。これ、絶対に面白い。勝手にそう断言してしまいます。 

 ・千絵子におまかせ!
 ・太鼓人生どんどこどん!
 ・うたのびっくり箱
 ・宮本常一と鬼太鼓座の時代

ワークショップとはひと味違う。演奏のステージでもない。鼓童、芸能、そして佐渡の奥深さに触れる時間が待っているはずです。

申込はきょうから。先着順です。わたしは、吉利さんの「どんどこどん!」と「宮本常一」にエントリーしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

EC2013サイト公開

タイムテーブルによれば、特別フリンジは「鼓童」「一管風月」「小木おけさ流し」「宵のゆんづる」。WSもほぼ昨年と同じ構成ですね。

昨年好評だったEC関連イベントの「佐渡アウトドア体験」は、新登場の「トキ見学&里山散歩」を含む4コースが実施されます。琴浦のシーカヤック、今年もやろうかと思っています。

セミナーとして、「宮本常一と鬼太鼓座の時代」が実施されるのは注目ですね。昨年の「宿根木と宮本常一」の続編なのでしょう。詳細ページをのぞくと、昨年の受講風景写真に、わたしと道産子親父さんの姿が。もちろん、今年も申し込みます。

というわけで、わたしはこの夏も3日間、フルエントリーする予定です。宿は昨年同様、真野に確保しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)