発つ側も、見送る側も親しい人の顔を探します(鶴子さん)