後方からのんびりと観るのが好きという人も少なくありません(ロボ侍さん)